fc2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦北條不可思​​​"Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅠ・愚螺牛雑感記《Blog officiel de Singing monk》

"Song & BowzuMan”since 1981 & ENBAN “縁絆・野聖物語” concert endlesstour since 1996

"Song & BowzuMan”★December2021-#Ⅹ🔶北條不可思 ドキュメンテーション シリーズ 特別版 2021♦【限定公開】Documentation Series Special 2021 WEB ALBUM♦♦ ♦『果てしなき旅』 【1999年作】& ♦唯信:九坊院より言の葉だより♦ 2021(令和3年)12月号  西路を指授せしかども 自障障他せしほどに 曠劫以来もいたづらに むなしくこそはすぎにけれ 高僧和讃「善導大師讃」 🔶






Song & Bowzu Man

Profile & Links

​​Please click



❝Song & BowzuMan❞
還​暦記念撮影​
​2021​
​​Please click


PhotographyCopyright © Odetta・M

 November 2021-#

 

画像2




🎼1『ヨッコラセイ』(2011年作)
🎼2『人間の価値』(2001年作)
🎼3『『西路の船:sairo no fune』 (2021年作)
🎼4『SAMDAM-no-UTA/讃佛偈意訳》~心の轍(2008年作) 』  
🎼5『轍を見つめて』 (2015年作)
🎼6「影の影」【Shadow on shadow】:(2007年作)
🎼7「野聖物語-親鸞聖人-」(1987年作)
🎼8『曇り硝子の四行詩』(2021年作)
🎼9『枯れた葉っぱと蝸牛』 (2021年作)
🎼10『風は炎の如く』 (1998年作)
🎼11『悲しみを乗り越えて』 (2002年作)
🎼12『Beyond The LINE/境界線の向こう側』 (2007年作)
🎼13『恥かき小僧の子守歌』 (2006年作)
🎼14『果てしなき旅』 (1999年作)

PRODUCED BY GURAGYU

総指揮:愚螺牛


Recorded and mixed:Amitahouse Main Temple Studio
Photography&TextCopyright © 2018―2021 by Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory
in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

 



『果てしなき旅』

1999年作】

WRITTEN BY: FUKASHI HOJO


雨にうたれ 風に吹かれて ただひたすら今を見つめて

悲しいこと 嬉しい事 すべてを超えた旅に出たい

飾りのない言葉で詠い 澱みのない瞳で語る

川の流れも海へとたどり ひとつの味にやがてはかわる

二度とは来ない 今日の日を わたくしらしく歩いてゆく

果たしなき旅は続く ありのままの姿で

二度とないこの人生を 歩いてゆく わたくしらしく

些細なことで怒りをおぼえ 自分の外に答えを求め

彷徨いながらあなたを探し 救いの船を待ち侘びてる

二度とは来ない 今日の日を わたくしらしく歩いてゆく

果たしなき旅は続く ありのままの姿で

二度とないこの人生を 歩いてゆく わたくしらしく


Music&lyrics FUKASHI HOJO

Copyright © 1999 by Special JION Music

Fantasia Records de JION Music Factory

HOJO SONGSALBUMS:遊牛の詩「北條不可思 詩歌作品集」

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html

*Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

Produced by GURAGYU

(総指揮:愚螺牛)

画像6

Vocals ,Guitar(acoustic&electric)-Fukashi Hojo:北條不可思
https://note.com/dabuchi39180428/n/n34599bc4b758?magazine_key=ma335abc341cd
Harmonica-Shaku Nanshi(釋難思)

画像7


Drums‐Shoichiro Aso;麻生祥一郎

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html

画像8

piano&organ-Yusuke Nakagawa;中川雄
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html


唯信◆2021(令和3)年12月号

謹みて 有縁の皆さまにおかれましてはお念仏ご相続の事と拝察申し上げます。いよいよ師走、寒気と乾燥の季節を迎えました。あれこれ勘案するとマスクは頼もしい予防ツールだと思います。

   *

西路さいろ指授し じゅせしかども

自障じしょうしょうせしほどに

曠劫こうごう以来いらいもいたづらに

むなしくこそはすぎにけれ


【意訳】これまでも西方浄土への道を教え示されていたが、自他ともに信じることをさまたげてきたために、はかり知ることのできない遠い昔から、いたずらに迷いの世界でむなしく時をすごしてきたのである。

(出典『三帖和讃』浄土真宗本願寺派編)

 親鸞聖人さまは、自力の心が西路(西方浄土への道)をふさいでいることを深く内省されました。しかし同時に、御本願に導かれ、その真の救いに遇わせて頂く身、すなわち、真実信心を聞かせて頂く身とならせて頂いた瞬間に、すでに永い間阿弥陀如来さまのおはたらきが我が身に及んでいた証であることを深く信知されて、今の世を生きる私たちにまで本願念仏/南無阿弥陀仏を勧めて下さる一首です。

『自障障他』をどのように受け取られましたでしょうか。

語釈としては『自分にも他人にも障害となること』ですが、これは、障害となってしまう《何か》を示唆しているのではなく、親鸞さまは自力そのものを示されています。自力にとらわれると他人の妨げになるばかりでなく、自分自身が自らの妨げとなって御本願に遇うという千載一遇ののチャンスを逃していると知らなければなりません。もとから自力に執着する心が私にあったことをよくよく省みなければ受け止められない一首です。

 しかし、自力にがんじがらめになって我が心に重い鎖をかけていることを認めることは簡単ではありません。それはまた、「良かれと思ってやった事」がまったく思い通りの結果でないことを認め難い事に似ています。結果に左右されず、出来る事を精一杯にと心がけているつもりですが、時に入れ込み過ぎたり的外れだったりしてしまいます。そんな我が身を残念に思いもしますが、常に佛と等しく完璧であることなどあり得ません。阿弥陀如来さまは完璧であることを救いの条件にされていません。完璧でないままに六字の船に乗せて頂き西路へと向かわせて頂きましょう。

 ところで最近SNSで「利他主義」という言葉に出くわします。「利己主義」の対語として扱われているので、仏教用語として親しまれているのではないとは理解できるのですが、少し検索してみてびっくりしました。「自分よりも他人の幸せを自己犠牲の精神から願い、共感感情や連帯感の強さで人からの好意・感謝を得やすいのがメリット」…等々、乱暴な抜粋かもしれませんが、衝撃でした。

仏教においては、「利他」の対語は「自利」です。そして、浄土真宗におきましては、「自利」「利他」ともに阿弥陀如来さまのお心であります。(自利=自力 利他=他力の意味で表現すこともあります)


煩悩具足の私には末通る真実の自利はもちろん利他の行為など完成させようもありません。どうか、人(世間)の都合で使い分けられる言葉と眞實のみ教えを混同させられることなく、心を穏やかにお過ごし下さい。

 合掌称佛

 住職  北條不可思



❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

南无阿彌陀佛

NAMOWAMIDABUCHI

NAMOAMIDABUTSU

『心に慈慧の響きと平安を』

北條不可思

​❖​​❖​❖​❖​​❖​❖







♦唯信:九坊院より言の葉だより♦


Please click




IMAGINE&Blowinin the Wind With JION's bellby Fukashi Hojo# 2020

『イマジン』&『風に吹かれて』そして尊厳の鐘(北條慈音)


​​​​​​​IMAGINE&Blowin’in the Wind With JION's bell★by Fukashi Hojo# 2020
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-709.html



​​​❖​​❖​❖​❖​​❖​❖

​❖​​❖​❖​❖​​❖​❖


PhotographyCopyright©(石原秀樹)JAPAN

"Song & owzuMan”since 1981

&

ENBAN 縁絆・野聖物語 concert endlesstour since 1996

Footprints


 






​❖​​❖​❖​❖​​❖​❖




"Song & BowzuMan”39BOOK pecial CD

《歌嘆骨音:KATANKOTON

draft  



Please click


Please click


  1. 2021/12/26(日) 12:48:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
《心に慈慧の響きと平安を》
  ❝Song & BowzuMan❞
    since 1981

縁絆&野聖物語
メッセージコンサート~1996
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
concert endlesstour
since 1996

縁絆・野聖 Endlesstour 
眞信讃歌 18minute
since 2019
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身【三次生まれ呉育ち】

1961年10月14日生〔60歳〕

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

1981年10月15日〔20歳〕
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従主管
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

REV.FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)
【Born】
October 14, 1961
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times
Song&BowzuMan
singer-song writer 
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
   HONGWANJI-HA
NISHIHONGWANJI:KYOTO
http://www.hongwanji.or.jp
/english/teaching/

TSUKIJIHONGWANJI:TOKYO
(English Dharma Service)
https://tsukijihongwanji.jp
/lecture/saturday-english-service/

SHINRAN-SHONIN
( 1173 – 1263)
◇****◇****◇****◇


◇****◇****◇****◇
おかげさまは
  ありがとうの生みの親

この穢愚身
  唯今ここに
   帰命尽十方無碍光如来 
 
 NAMOWAMIDABUCHI
    
    北條不可思
    (釋難思)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

更新記事

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -