☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆FUKASHIHOJO.COM:北條不可思公式ブログ・愚螺牛雑記《Blog officiel de Song & BowzuMan》

"Song & BowzuMan” since 1981 & ENBAN “縁絆・野聖物語” concert endlesstour since 1996

『みんなの法話』《❝わたくし❞とは何者?》本願寺新報 (西本願寺)2019年3月10日発行 PRESS/MAGAZINE scrap 【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介スクラップ】



『みんなの法話』《❝わたくし❞とは何者?》
本願寺新報 (西本願寺)2019年3月10日発行 



【Activity history/活動略歴;1961~】#2 
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html


〝わたくし〟とは何者?

  AIが発達しても解決できない問題

蓮向寺住職・シンガーソングライター

               北條不可思

 

想像をこえる進歩

 いよいよ東京オリンピックパラリンピック2020のカウントダウンが始まりましたが、大阪万博2025決定のニュースに49年前の興奮がよみがえり、心が躍ってしまいました。

 9歳の私が目を見張ったのは、人の多さです。とにかく人だらけ。広島を発つ時は月の石を見ようと張り切っていましたが、アメリカ館の行列にガックリ肩を落としました。ようやく隙間を見つけてイスに座れたのはスイス館の前だったでしょうか。

 現在は、はやぶさⅡの帰還が待ち望まれているように、科学技術が空想をどんどん現実にしています。そして時代の寵児はなんといってもAI(人工知能)です。すでに私たちの暮らしの中に、また社会の中に、娯楽にも、学習にも、経済にも、海も山も国境も大気圏すらも越えてAIは活躍の場を拡張しています。私も知らぬ間に、AIの恩恵に浴しているのだと思います。

 なにしろAIは、膨大なデータを蓄積して忘却しません。感情がなくても、感情の意味を理解させて運用することが出来ます。囲碁や将棋の世界にデビューしたばかりの頃は、ほほえましく敗退していましたが、すでに世界ナンバー1の実力者を顔面蒼白にして勝利を収めています。AIの実相など到底把握しようがありません。ましてや、来る大阪万博にいかなる人類の英知が集結するのか想像も出来ません。すでにもうついていけないのですから。

 先日、人生相談を受けるAIロボットを紹介するドキュメンタリー番組を見る機会がありました。

まず手始めに、ボディランゲージを熟知しているので、相談者相互のしぐさを解読して人間関係を推量します。的確な指摘に場の緊張がほぐれます。各人の言い分を聞きつつ許可されたアドレスにアクセスして検索履歴を取得すると、当人が語らない興味関心の対象やデリバリーの注文内容をズバズバ公表します。心理療法士のプロフェッショナルな話術を駆使し、必要に応じてはうそ発見器の機能まで発動させて、消せない疑いを一蹴します。人間と違って躊躇や偏見を持たずに核心に迫りますが、そのくせ夫婦問題に踏み込む前には子供たちに退席を促す上々の気配りまで。モニターとして参加した人は、「連れて帰りたい」と一様に言いました。在宅AIロボットに相談すれば、余計な争いを回避できるし、疑心暗鬼に心悩ませる必要もなくなります。なるほど、魅力的ですね。

 

得がたいご縁

 しかし、良いこと尽くしとは言えません。問題は、解決すべき問題が枯渇しないことそのものです。つまり、最も向き合うべきは、「際限なく『解決を望む問題』が湧き出てしまう『わたくし』とは何者か?」という問いではないでしょうか。

「わたくし」は、定時に必要な栄養を摂取すれば動き続けられるほど単純ではありません。年令や性別や環境などに応じて欲するものは変化するし、得られるものも異なります。どれだけの財産があっても、いかなる地位にあっても全てを思い通りにすることは叶いません。なぜなら、生老病死を逃れる事ができないからです。

 それゆえに私は、宗祖親鸞聖人さまのみ跡を慕わずにはおれません。

 親鸞さまは、阿弥陀如来さまの大慈悲の御心に出遇われ、我がはからいを捨て去りおまかせするほかないと深く信知された後(のち)に、生死出ずる道を示されました。まさしく本願念佛を慶ぶ道です。

「遇い難くして今遇うことを得たり、聞き難くしてすでに聞くことを得たり」(注釈版聖典132ページ)と、鮮やかに顕された通り、AIの登場に関わらず、すでに本願念佛は深々(しんしん)と響いているのです。

そして、この「わたくし」は、仏智の眼(まなこ)に見抜かれた煩悩具足の凡夫であったと、つくづく思い至るのです。無常の世を限りある命で生きる身ではあるけれど、不思議にも人として生まれるご縁がありました。だからこそ、親鸞聖人さまが出遇われたように本願念佛に出遇うご法縁にも恵まれます。

これより先は、阿弥陀如来さまの大慈悲心のはたらきに遇うことの不可思議さを賜る有り難き道を、縁ある方々と共に歩きたいと願います。悲しみも喜びもお浄土参りの道中と味わいながら真(しん)に実りある日々を生き抜きたいと願う時、親鸞聖人さまのご和讃が心に響きます。


生死の苦海ほとりなし

ひさしくしづめるわれらをば

弥陀弘誓のふねのみぞ

のせてかならずわたしける

(同579ページ)


『みんなの法話』《❝わたくし❞とは何者?》本願寺新報 (西本願寺)2019年3月10日発行 


PRESS/MAGAZINE scrap 

【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介スクラップ】

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-252.html


On The White Road

NAMO-WAMIDABUCHI

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-23.html

SongBowzuMan2019


北條不可思への質問
Question to FUKASHI HOJO
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-206.html
 北條不可思/FUKASHI HOJO:プロフィール/Voir le profil  
header750x100.jpg

関連記事
  1. 2018/02/20(火) 13:49:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
《心に慈慧の響きと平安を》
  ❝Song & BowzuMan❞
    since 1981

縁絆&野聖物語
メッセージコンサート~1996
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
concert endlesstour
since 1996

縁絆・野聖 Endlesstour 
眞信讃歌 18minute
since 2019
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)
【Born】
October 14, 1961
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times
Song&BowzuMan
singer-song writer 
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
   HONGWANJI-HA
NISHIHONGWANJI:KYOTO
TSUKIJIHONGWANJI:TOKYO

SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)


◇****◇****◇****◇****◇
ENBAN&YAHIJIRI:
『素描:Dessin』RECORDING

PhotographyCopyright
© YURIKO OCHIAI
(落合由利子)2018 ;JAPAN

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事