FC2ブログ

北條不可思・愚螺牛雑記《Le blog de Song & BowzuMan:心に慈慧の響きと平安を》

"Song & BowzuMan” since 1981 & ENBAN “縁絆・野聖物語” concert endlesstour since 1996

縁絆コンサート イン 大阪/野聖物語2019 【18年ぶり:無事終演*Okagesama de Arigato】 ENBAN CONCERT IN OSAKA 野聖物語2019 

 FUKASHI HOJO 2019★ 
  Song&BowzuMan  
 Priest:Buddhism&singer-song writer》 


ENBANYAHIJIRI Photograph

ENBAN CONCERT2017

PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



縁絆コンサート イン 大阪/野聖物語2019

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-496.html

18年ぶり】

ENBAN CONCERT IN OSAKA野聖物語2019

2018年4月13日(土)PM200

入場無料

会場:正福寺・ナムのひろば文化会館

http://namosquare.org/

連絡先:浄土真宗本願寺派 正福寺内

563-0032

大阪府池田市石橋4-15-14

 (※ナムのひろば ℡072-761-5552)


縁絆コンサート イン 大阪/野聖物語2019 18年ぶり】

ENBAN CONCERT IN OSAKA 野聖物語2019

演奏予定曲

-Setlist-

メッセージテーマ:千載(せんざい)一遇(いちぐう)

:北條不可思:歌・ギター 鍵盤奏者:中川雄介

Opening Jion's bell (末本 弘然師)

『憾(うらみ)(1903年作):滝廉太郎(23歳没) 死の数ヶ月前のピアノ曲作品。



1.『弥陀の仏の白き道』 (2009年作)



2.『響流和讃』【親鸞聖人750大遠忌記念】(2006年作)

3.『王将』1661年発表(歌謡)詩:西条八十 



4.『かなりや』(童謡)詩:西条八十 1918年(大正7年)『赤い鳥』11月号発表



5.No More Auction Block" 【米国伝承歌】

6.Blowin' in the Wind /風に吹かれて』(ボブ ディラン1962年発表)



7.『シャボン玉』(童謡


8.『おかげさまでありがとう』(2004年作)


Intermission:小休憩

『鳥の歌』 (カタルーニャ民謡:パブロ・カザルスによるチェロ演奏で知られる。



9.『浮かぶ瀬もあれ』(2009年作)



10.BluesForBuddha-大悲の詩-』(2005年作)



11.『風が葉を揺らす』呈上:末本弘然師(2015年作)



12.『和国に生まれて』(1993年作



13.『遊牛の詩』(1996年作)

14.forever Young日本語詩』:ボブ ディラン~1



5.『航海の果てに』(1994年作)


16.『故郷/ふるさと』《唱歌》

17.『夕焼け小焼け』(童謡)

恩徳讃:宗祖親鸞聖人御作(新譜)



正福寺公式ホームページより


facebook

❝住職オンステージ❞;正福寺住職 末本 弘然師

http://namosquare.org/onstage/onstage.html


20192月号

時空を超えて今に届くいのちの歌を聞こう!

《北條不可思さん、4月に来寺し縁絆コンサート開催》

 

歌うお坊さん、こと北條不可思さんが18年ぶりに正福寺に来て、コンサートを開いてくださることになった。9年前に病に倒れられ、重篤状態からは持ち直されたものの、今も、後遺症に苦しみながら“いのち”の讃歌を発信し続けられている念仏者だ。

 

北條さんの活動拠点である神奈川県の蓮向寺が、相模原布教所として首都圏開教を始めてから40年となり、記念冊子が上梓されて私にも送って下さった。

 

そこには、昭和54年、私が取材で訪れた際に撮影した写真が載っていて、自転車に乗って、チラシを他家のポストに投函される不可思さんの父・了介ご住職(当時)のお姿が写っていた。

 

写真を見ると、改めて開教の難しさと、その目的に向かって揺るぎなく挑み続ける了介さんの信念が感じ取れて、今でも心が動かされる。なにしろ、隣近所に誰一人として知人はおらず、浄土真宗にご縁の薄い住民方ばかりの中で、他所から来た怪しげな格好の人物が繰り返し、郵便受けに意味不明?の法語や、集いの日時を手書きした紙切れを入れて回るのだから、不審感や苦情が絶えなかったのも無理はない。抗議の電話はかかるし、不可思さんの言葉を借りると「罵倒され、拒絶され、時には小石も飛んできた」という。

 

しかし、了介さんは投函を止めなかった。「それでも父は伝えたかったのです。…聞法の道場が生まれたことを。どんな所業にあっても、本願他力につき動かされ、腹の底から沸き起こる仏恩報謝のチラシ配りでした」と不可思さん。

 

了介さんの言葉から―「愚かなものです。またしても如来さまに背を向けて一人のたうっております 勿体ないことです 必ず必ず如来さまのおまことが 呼びもどして下さるんです ご恩の光りの中に なまんだ仏 なまんだ仏 …」

 

不可思さんには重い障害を持つ一人息子の慈音さんがいる。不可思さんが病に倒れ、絶望の淵に立たされた奥様(慈音さんの母)に対して、慈音さんが了介さんの言葉を文字盤で伝え、励ましてくれたという。―「心眼を開いたら一人じゃない」と。不可思さんは述懐する。「祖父が孫に伝えてくれた言葉がたった一つの揺るぎない確かな光明だった」と。時空を超えて今に届く真実信心のいのちの歌(言葉)を、ぜひ皆様と一緒に聞きたいものだ。コンサートは4月13日(土)午後2時から正福寺・ナムのひろば文化会館で催される予定。

fukashi-20050901-m3titi2.jpg

取材撮影・末本弘然師

(正福寺;大阪池田市) /本願寺新報特集記事(1979年/昭和54年) 

末本弘然師 著作作品一覧: 紀伊國屋書店




信山蓮向寺 関東開教40周年記念本『蓮に向かう』

記念CDアルバム『素描:Dessin』~報恩謝徳~ 2018年 

Documentation Series Special 

Offical track Web Thanks Release




『風が葉を揺らす』 (2015年作)

呈上:末本弘然師 浄土真宗本願寺派僧侶・文筆家《DEMO take#2》

《牧千恵子:ヴァイオリン》 © FUKASHI HOJO 北條不可思:JAPAN

『風が葉を揺らす』

~苦痛のただ中にいる人へ捧ぐ~

【Documentation Series memorial SONG】

☆guest musician (violin)-CHIEKO MAKI

(牧千恵子:ヴァイオリン)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-175.html


風が葉を揺らす 姿見えねど 命が揺れている 確かに揺れている

Ah-Ah-夢物語  切なく哀しい無常の物語

雨は降り続く  乳飲み子(ちのみご)は泣きやまず

それでも風は 葉を揺らす すべてを超えて 

風が葉を揺らす 姿見えねど  風が葉を揺らす 命が揺れている


どこかで鐘が鳴る 姿見えねど 命を呼び覚ます 産声をあげている

Ah-Ah-夢物語  切なく哀しい無常の物語

雨は降り続く 乳飲み子(ちのみご)は泣きやまず

それでも風は 葉を揺らす すべてを超えて 

風が葉を揺らす 姿見えねど 風が葉を揺らす 命が揺れている

Ah-Ah-夢物語  切なく哀しい嘆きの物語

雨は降り続く 乳飲み子(ちのみご)は泣きやまず

それでも風は 葉を揺らす すべてを超えて 

風が葉を揺らす 姿見えねど 風が葉を揺らす 命が揺れている


「・・・乳飲み子と呼ばれる頃に命を終えない限り、

すべての人が体験している。実際そうです」。


命を超えた命に出遇うことは、不可思議な事です。


 PhotographyCopyright ©HIDEKI ISHIHARA/石原秀樹2010JAPAN

北里大学北里研究所病院2010年7月

小脳・脳幹梗塞発症2010年から5年の後

『風が葉を揺らす』を作す。

NAMO-WAMIDABUCHI



 
Copyright©  Hideki Ishihara Tokyo JAPAN     
北條不可思:愚螺牛:華思依/法名:釋難思
 Fukashi"guragyu cassie"Hojo Shaku Nanshi
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html



❝眞實は深々と響いてる❞
1994発表

『真実はshin-shin;深々と響いてる』
lyrics&music -Fukashi Hojo
Copyright © FUKASHI HOJO /1994
on guitar【Slide】日倉士歳朗

瞳をとじて 耳を澄ませば
ノイズが消えて 聞こえて来るさ
アキラメないで 明らかに見て
苛立つ心 見つめ尽くして
出会えば別れるように 時の流れは
止まりはしない
幻の中 飛び出せば
眞實は何時もすべてを超えて
響いてるから

揺れる心 逃げ出さないで
君は君で いるしかない
勇気を出して 自分を見つめて
比べることに 決別しよう
掴めば離れるように 夢のカタチは
永遠じゃない
幻の中 飛び出せば
眞實は何時もすべてを超えて
響いてるから

幻の中 飛び出せば
眞實は何時もすべてを超えて
響いてるから

Messages of truth・・・

 NAMO-AMIDABUTSU

北條不可思/FUKASHI HOJO:プロフィール/Voir le profil  
  1. 2018/02/02(金) 22:38:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
❝Song & BowzuMan❞
 since 1981

 縁絆&野聖物語
メッセージコンサート~1996
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
concert endlesstour
 since 1996
 
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

★ Profile:プロフィール 詳細★

http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-34.html

◇****◇****◇
PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI
(落合由利子);JAPAN

リンク

このブログをリンクに追加する