FC2ブログ

北條不可思・愚螺牛雑記《Le blog de Song & BowzuMan:心に慈慧の響きと平安を》

"Song & BowzuMan” since 1981 & ENBAN “縁絆・野聖物語” concert endlesstour since 1996

眞信山 蓮向寺2019年(平成31年) 法要・行事・音楽講演予定:神奈川県相模原市南区当麻九坊院 ♦♦♦♦♦♦♦蓮向寺:浄土真宗本願寺派 西本願寺(京都) 築地本願寺(東京) 東京教区神奈川組


修正会 

11日】

【元日の法要】

日時:午後130分より


NAMO-AMIDABUTSU





当麻九坊院 眞信山 蓮向寺

(AmitaHouseBuddhistChurch) 

浄土真宗本願寺派

西本願寺(京都築地本願寺(東京)

東京教区神奈川組

s-IMG_1584-2.jpg

【2019年「平成31年)法要・行事予定】


修正会 

11日】

【元日の法要】

日時:午後130分より

*

涅槃会

《拙寺特別行事》

春彼岸法要

(縁絆コンサート・野聖物語)

日時:3月24日 土曜日 午後130分より

会所&会場:当山本堂

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

*

灌仏会

(はなまつり)

日時:43 水曜日 午後130分より

会所&会場:当山本堂

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

宗祖 親鸞聖人降誕会 《休座》

*

蓮向寺唯信会学佛会

日時:629 土曜日 午後2時より

会所:サン・ライフ相模原会館(清新)

神奈川県相模原市中央区清新3丁目715

電話:042-758-6110

*

盂蘭盆会法要

日時:83 土曜日 午後2時より

御法話 講師;未定

(浄土真宗本願寺派布教使;西本願寺・築地本願寺)

会所:サン・ライフ相模原会館(清新)

神奈川県相模原市中央区清新3丁目715

電話:042-758-6110

*

秋彼岸法要

日時:923 月曜日祝日 午後2時より

会所&会場:当山本堂

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

 *

相模原開教記念音楽法要

《休座》

フォトドキュメント;
秋の法要(開教40周年記念 縁絆・野聖コンサート2018・野聖物語

ENBANYAHIJIRI concert endlesstour 2018

 *

宗祖 親鸞聖人報恩講

日時:11月17 曜日 午後130分より

会所:当山本堂

御法話 講師;熊原 博文師

(浄土真宗本願寺派布教使;西本願寺・築地本願寺)

 *

除夜会

日時:20191231日 

午後6時より


fukashi-20050901-m3titi2.jpg 

取材撮影・末本弘然師本願寺新報特集記事(1979年/昭和54年)

 {当山縁起}  
1978年(昭和53年)10月前住職 北條了介が、
 浄土真宗本願寺派
(本山・京都 西本願寺、 東京・築地本願寺内、首都圏都市開教対策本部)より命を受け、
西本願寺相模原布教所を橋本に開所。
****** 
 
 本願寺第24代即如宗主伝灯奉告法要以降  
 第1期 東京首都圏都市開教専従員として    相模原市着任。  
西本願寺相模原布教所を同市内・橋本に開設。  
本願寺派伝道布教活動の波頭に立つ。  
「ご門主さまが、ご発意なされた   
伝道布教の道によって    私は生かされた」と終生語る

 {名も無き念仏の僧侶の物語

******
以後大野台に移転 1993年(平成5年)縁熟し
土一握り、板一枚無い中、
有縁の方々と共に力をひとつにして 相模原市南区当麻九坊院の地に堂宇建立。
これを受け 広島・呉市天応;蓮向寺より ご遷佛、ご遷座、 ご遷山寺基移転《法的移転申請中》
 現在、唯今を頂いております。

NAMO-AMDABUTSU




謹みて

西方の願王 阿弥陀如来

乃至 一切の三宝の尊前に申してもうさく

倩 先師 教授の恩徳を思えば

真実に阿弥陀如来の慈悲に等しき者か

骨を粉にして 之これを報ずべし

身を摧きて 之これを謝すべし

唯今ここに 当山 報恩謝徳

御法縁深き御同行御同朋と共に

恭しく 尊前を荘厳し 懇ろに聖教を読誦し

広大の佛恩を謝し奉らん

眞信山蓮向寺 住職 北條不可思

法名釋難思

敬って申す

合掌称佛

南無阿彌陀佛

NAMO-AMIDABUTUSU


名も無き念仏の僧侶の物語


★★★★★★


 住職 北條不可思 法名:釋難思 

 
『BluesForBuddha』-大悲の詩- :namo-amidabutsu"Japan"(築地本願寺/2009)

Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS




 

『野球人~野球に燃える人々に捧ぐ~』(1980年作) 

《未編集;unedited version》©北條不可思"Japan" 

 高校野球に燃えた 弟 北條大慈に、そして全ての野球人に贈る。

BASS prologue&solo-Yoichi Fujisaki(藤崎羊一) 
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html
                                                                藤崎氏は かつて
読売巨人軍現監督(WBC日本代表前監督)
原辰徳氏とともに高校野球史の1ページを飾ったベーシスト。
国内外ミュージシャンの間ではMr.bassballと呼ばれている。

『野球人』(1980年作) ~高校野球に燃える人々に捧ぐ~
百八つの縫い目の中から 
湧いてくる 夢と力
それは男の力 それは男の夢
真白きユニフォーム 泥色に染められ
血の汗と涙は 勝ち負けを超えていた
それは男の力 それは男の夢
何度も立ち止まり 何度もやめかけた
それでも最後には グランドに立っていた
それは男の力 それは男の夢
それは男の力 それは男の夢
2011年2月4日 BasicRecording
Musician  北條不可思vocal&guitar-fukashiHojo
CANO BAND (カノ・バンド) http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html
Bass(wood:Upright&electric) -Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html
Drums&percussion-Shoichiro Aso (麻生祥一郎)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html
Keyboard (piano&organ)-Yusuke Nakagawa(中川雄介)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html

Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



2018年(平成30年)法要・行事予定  

除夜会 【12月31日】 午後6時より 


2019年(平成31年)法要・行事予定  

修正会 【1月1日】 【元日の法要】 午後1時30分より


涅槃会

拙寺特別法要

 


春彼岸法要 

法要後の法話として、 Song&BowzuMan

ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)住職を勤める自坊において

年に一度の弾き語りスタイルの法話を行っております。 

《Please click》 北條不可思/活動略歴

3月24日【土曜日】午後1時30分より

会所&会場 蓮向寺本堂

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

講師/当寺住職 北條不可思

(法話・メッセージコンサート)

フォトドキュメント;春彼岸法要/縁絆コンサート・野聖物語 

春の法要(春彼岸)

縁絆コンサート・野聖物語

3月24日【土曜日】午後1時30分法要後

体調は万全ではありませんが、深い謝意をむねに  無理せず歌い語りたいと存じます。


 

ENBAN“縁絆”コンサートエンドレスツアー2019

《春の野聖物語;恩徳讃歌》

placeRENKOJI AmitaHouseBuddhistChurch

会場;眞信山 蓮向寺 本堂

日時:3月24日【土曜日】午後1時30分より法要後、音楽法話





Copyright© Hideki Ishihara:石原秀樹 Tokyo JAPAN 

“Song & BowzuMan”  since 1981  

 ENBAN concert endlesstour since1996

http://fukashi.blog50.fc2.com/ 

北條不可思活動略歴


灌仏会

はなまつり

―お釈迦様のお誕生を讃える法要―

日時:4月(調整中)日 ○曜日 午後1時30分始め

会所:蓮向寺本堂 

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30


宗祖

親鸞聖人降誕会 

休座

NAMO-AMDABUTSU



蓮向寺

唯信会 学佛会  

―学佛大悲心―  

仏教の学は、佛様の大悲を聴聞(学ぶ)ことに極まります。

 南無阿彌陀佛 namo-amidabutsu

 

日時:6(調整中)日 ○曜日 午後1時30分始め

会所:サン・ライフ相模原会館(清新)

神奈川県相模原市中央区清新3丁目7−15

電話:042-758-6110




盂蘭盆法要


201512261619316cf.jpg



日時:8(調整中)日 ○曜日午後1時30分始め


会所:サン・ライフ相模原会館(清新)


講師

本願寺派布教使・未定


神奈川県相模原市中央区清新3丁目7−15

電話:042-758-6110


彼岸法要

 日時:9月(調整中)日 ○曜日 午後1時30分始め 

会所 当山本堂 

神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

講師:当寺副住職  北條大慈

DSC_3166alc-tc-s.jpg

Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 

「有縁のみなさま、お出かけ、お参りくださいませ」


 

『NEGAI/開教の詩』1978 Drawing By Fukashi Hojo

相模原開教記念音楽法要

休座

NAMO-AMDABUTSU

旧 西本願寺相模原布教所 東京首都圏都市開教/蓮向寺 

当山縁起

1978年(昭和53年)10月前住職 北條了介が、
浄土真宗本願寺派
(本山・京都 西本願寺、 東京・築地本願寺内、首都圏都市開教対策本部)より命を受け、
西本願寺相模原布教所を橋本に開所。以後大野台に移転、
1993年(平成5年)縁熟し有縁の方々と共に力をひとつにして、
相模原市南区当麻九坊院の地に堂宇建立。
これを受け、 広島;蓮向寺より ご遷佛、ご遷座、ご遷山寺基移転《法的移転申請中》、
 現在を頂いております。

「ENBAN concert endlesstour ;秋の野聖物語:恩徳讃歌」  


.

北條不可思活動略歴

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html



SAMDAM-NO-UTA;さんだんのうた/『仏説無量寿経』讃佛偈意訳》 

Song&BowzuMan;歌うお坊さん】35年を機縁に収録。 

2016512basic track RECORDING

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-19.html


宗祖 

親鸞聖人

報恩講

11月17日 日曜日 午後1時30分始め


御法話 講師;熊原 博文師

(浄土真宗本願寺派布教使;西本願寺・築地本願寺)

PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN

(写真:東京ボーズコレクション・/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15) 



写真:蓮向寺報恩講2017


宗祖親鸞聖人  報恩講 
「真実」…親鸞聖人 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200910050002/ 

《宗祖 親鸞聖人 夢告讃》
 
弥陀の本願信ずべし 本願信ずるひとはみな 摂取不捨の利益にて 無上覚をばさとるなり 
 
《宗祖 正像末浄土和讃より三首》

 如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし 師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし
   
無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ 

願力無窮にましませば 罪業深重もおもからず 仏智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず

 《宗祖語録:歎異抄第二条より》 
いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし

《宗祖語録:歎異抄第三条より》 
善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや 


「野聖物語-親鸞聖人-」


『遊牛の詩』
《「歎異抄」第三条を機縁に》

***「有縁のみなさま、万象繰り合わせのうえ、お出かけ、お参りくださいませ」***



除夜会

2019年12月31日

午後6時より

 



 

相模原市 相模原仏教会【公式】|相模原のお寺 

http://www.sagamihara-bukkyokai.net/


 

蓮向寺 寺旗 北条三つ鱗 北条三つ鱗

Copyright © RENKOJI

Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)

☆☆ 北條不可思は 毎法要の後 自作の歌、唱歌・童謡を歌い 今までどおり「命懸け」でメッセージする。 そして  参集の方々と共に 『恩徳讃』を歌い続けている。

 ・・・ ※ 2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活「おかげさまでありがとう」の中から、 

阿弥陀如来(namo-amidabutsu)本願他力の 深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ 許しを頂きながら 詩歌を書き 歌い、

そして語り続けている。


ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(北條不可思:緊急報告)

http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/201008230000/ 


ENBAN・縁絆 緊急報告《北條慈音(ほうじょうじおん)満16歳 緊急入院》

http://blog.goo.ne.jp/fukajion/e/c73d8a7a5f14d872998af148f14952d4


 

心の轍 (C)北條不可思(2009 ) http://www.youtube.com/watch?v=FqrHmC3oCfo 

響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: 響流和讃:こうるわさん 

【親鸞聖人750大遠忌記念】 (C)北條不可思/2010 

【Brief history-活動略歴】 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html 

相模原佛教會(蓮向寺)

http://www.sagamihara-bukkyokai.net/atcl/renkoji.html 

  撮影/当寺副住職:北條大慈

 

相模原・当麻九坊院眞信山蓮向寺公式ホームページhttp://renkoji.org/index.html

Silk Road

―敦煌―

撮影:北條大慈

PhotographyCopyright© DAIJI HOJO JAPON


  1. 2018/12/30(日) 00:09:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981

《縁絆&野聖物語》
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
concert endlesstour
 since 1996
 
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

★ Profile:プロフィール 詳細★

http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-34.html

リンク

このブログをリンクに追加する