☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆FUKASHIHOJO.COM:北條不可思公式ブログ・愚螺牛雑記《Blog officiel de Song & BowzuMan》

"Song & BowzuMan” since 1981 & ENBAN “縁絆・野聖物語” concert endlesstour since 1996

フォトドキュメント{眞信山蓮向寺 関東開教40周年記念CDアルバム} {素描:Dessin~報恩謝徳~} レコーディング 

:フォトドキュメント:

{眞信山蓮向寺 関東開教40周年記念CDアルバム}

  {素描:Dessin~報恩謝徳~} 

レコーディング




PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI (落合由利子)2018 JAPAN 



PhotographyCopyright© SATOKOTOBUKI2018



PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI (落合由利子)2018 JAPAN 





































DSC_0060-2R-2.jpg




       中川雄介氏           麻生祥一郎氏         






 Documentation Series Special 

【制作・録音開始;2018年4月より】

{素描~報恩謝徳}全9曲弾き語り

眞信山蓮向寺 相模原開教40周年記念CDアルバム

通算19作目






『素描:Dessin』

Documentation Series Special

 Web Thanks Release

★★★★★

Documentation Series Special 

♦officaltrack

Web Thanks Release​​

【制作・録音;2018年】

{素描:dessin~報恩謝徳}全9曲弾き語り

眞信山蓮向寺 相模原開教40周年記念CDアルバム

北條不可思 通算19作目


RECORDING LIST


(prologuebells JION RECORDING in 2007

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-229.html

1.『心の瞳』《里恵さんに捧ぐ》

詩:北條不可思・慈音 曲:北條不可思​ 2010年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH


心の瞳を開けば 孤独ではない

心の瞳を開けば 一人ぼっちじゃない

友よ歩いてゆこう 果てしなき道を

友よ歩いてゆこう 心の旅を

夢は幻とわかったとしても

夢が正夢に変わると信じて

心の瞳を開けば 孤独ではない

心の瞳を開けば 一人ぼっちじゃない

友よ歩いてゆこう 上りの坂を

友よ歩いてゆこう 下りの坂を

友よ歩いてゆこう 真坂まさかの坂を

友よ歩いてゆこう 終わりなき道を

友よ歩いてゆこう 真実の道を


2.『親父に贈る詩;本願念佛の詩響』

名も無き念佛僧:北條了介の物語

詩・曲:北條不可思 1980年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=244

 弥陀の教えを伝えて数十年 馬鹿にされる父を見た

「お前は本物の馬鹿野郎」 言われたままに手を合わす

父は親様に護られて 死ぬまで伝えてゆくだろう

流れて箱根を越えた時 本当は寂しかったのか

住み慣れた街を離れても 離れたままに手を合わす

父は親様に護られて 死ぬまで伝えてゆくだろう

ボロを着ては街なかを 自転車乗ってチラシ持って

凍えるような顔をして 凍えた声で「ようこそ」と

父は親様に護られて 死ぬまで伝えてゆくだろう

今では心も落ち着いて 都会の冷たさ身に感じ

命の限りに声にして 弥陀の本願ねがいを伝えます

父は親様に護られて 死ぬまで伝えてゆくだろう

夢追い人とののしられ 馬鹿にされようとも

君は独りじゃない 独りじゃない

大いなるお方とふたり連れ

夢追い人とののしられ 馬鹿にされようとも

君は独りじゃない 独りじゃない

大いなるお方とふたり連れ


3.『響流和讃 : 恩徳讃歌』

【親鸞聖人750大遠忌記念作品】

詩:親鸞聖人:献詩・曲:北條不可思2001年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=649

 如来にょらい大悲だいひおんどくは 身を粉にしても報ずべし

しゅ知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし

 

無明むみょう長夜じょうや燈炬とうこなり げんくらしとかなしむな

生死しょうじ大海だいかいせんばつなり 罪障ざいしょうおもしとなげかざれ

 

願力がんりき無窮むぐうにましませば 罪業ざいごう深重じんじゅうもおもからず

ぶっ無辺むへんにましませば 散乱さんらん放逸ほういつもすてられず

 

弥陀の願いをたづぬれば さまよう我らがためなりと

智慧ちえ慈悲じひきわ無き NAMO‐AMIDA

あやしき闇夜に 響きおる

 

如来にょらい大悲だいひおんどくは 身を粉にしても報ずべし

しゅ知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし

骨をくだきても謝すべし 骨をくだきても謝すべし


 4.『野球人』

~弟 北條大慈に、そして全ての野球人に捧ぐ~​

詩・曲:北條不可思 1980年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=992

百八つの縫い目の中から

湧いてくる 夢と力

それは男の力 それは男の夢

真白きユニフォーム 泥色に染められ

血の汗と涙は 勝ち負けを超えていた

それは男の力 それは男の夢

何度も立ち止まり 何度もやめかけた

それでも最後には グランドに立っていた

それは男の力 それは男の夢

それは男の力 それは男の夢

 

5.『通りゃんせ』

詩・曲:北條不可思2013年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=1225

いつかこの道を 通りゃんせ

いつかこの橋を 渡りゃんせ

どこまでも空は深く どこまでも海は広い

だけど けれど されど

砂ぼこりの道 デコボコの道 曲がりくねった道

Ah わたくしの道

いつまでもこの時を 心に刻み込んで

いつの日かこの悲しみが 解き放たれるように

どこまでも心は青く 悲しみは果てしない

だけど けれど されど

砂ぼこりの道 デコボコの道 曲がりくねった道

Ah わたくしの道

どこまでも心は青く 悲しみは果てしない

だけど けれど されど

砂ぼこりの道 デコボコの道 曲がりくねった道

Ah わたくしの道

砂ぼこりの道 デコボコの道 曲がりくねった道

Ah わたくしの道


6.『恥かき小僧の子守歌』

詩・曲:北條不可思 2006年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=1516

急げ急げ 最終便の船にまだ間に合うから

「力尽きた」と嘆く人よ 必ず、船はあなたを待っている

恥かき小僧の子守歌 恥かきながら泣きながら

歌え歌え その暗い海を歌いながら揺られながら

渡れ渡れ その暗い海を歌いながら渡りきれ

刹那せつなを生きる恥かき小僧

苦楽のすべてを その船に乗せてゆけ

人に生まれた意味に出遇えなくても 

必ず、確かに大丈夫だから

恥かき小僧の子守歌 恥かきながら泣きながら

歌え歌え その暗い海を歌いながら揺られながら

渡れ渡れ その暗い海を歌いながら渡りきれ

船はいつしか荒波を抜けて 静かに舳先へさきを進めている

疲れた心身からだを船底に沈め 胎児の如く その時を待つ

恥かき小僧の子守歌 恥かきながら泣きながら

歌え歌え その暗い海を歌いながら揺られながら

渡れ渡れ その暗い海を歌いながら渡りきれ

恥かき小僧の子守歌 恥かきながら泣きながら

歌え歌え その暗い海を歌いながら揺られながら

渡れ渡れ その暗い海を歌いながら渡りきれ

歌いながら渡りきれ 歌いながら渡りきれ

 

7.『和国に生まれて』

詩・曲:北條不可思 1993年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=1886

和国わこくという名の片州へんしゅうに生まれ 乳離るる頃にゃ 彌陀佛みだぶと語る

人が泣いとる 声押し殺し 銭と病に震えとる

泣けよ泣こうや わしらは自由 

わしらの自由が 彌陀佛の願いじゃけん

縁があるんなら ちょいと一緒に歩こうか

往くも行かんも あんた次第よのぅ

行くも往かんも あんた次第よのぅ

船を出そうや 日の落つるとこへ

乗るも乗らんも まごころひとつよのぅ

乗るも乗らんも まごころひとつよのぅ

和国という名の片州に生まれ 乳離るる頃にゃ 彌陀佛みだぶと語る

乳離るる頃にゃ 彌陀佛みだぶと語る

乳離るる頃にゃ 彌陀佛みだぶと語る


8. 『今日の日は永遠の今』

詩・曲:北條不可思 1981年作,2018年収録

呈上・恩師 林水月和上(故人)

浄土真宗本願寺派(西本願寺)勧学

【中国新聞社:広島】 論説委員

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=2143

 今日の日は永遠の今 目を閉じて おもいをせて

宇宙をめぐる願いの中 安らぎは真実の愛

この身をかけて 心を寄せて

宇宙を廻る願いの中

この道は永久とわの道 偽りや嘘はない

去るものは去り 居るものは今もここに

限りなく世界を超えて 今ここに

微笑み写し 宇宙を廻る願いの中

この道は永久の道 偽りや嘘はない

去るものは去り 居るものは今もここに

今日の日は永遠の今 目を閉じて

念いを馳せて 宇宙を廻る願いの中

願いの中 願いの中


9. 『夕日の詩:開教の詩』

詩・曲:北條不可思 1986年作,2018年収録

https://youtu.be/tG2pEEpraFE?list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH&t=2461

 幼い頃に見た夕日 思わず手を合わせ拝みます

お寺の鐘で家路を急ぐ 幼い頃が有りました

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

故郷ふるさと離れて今ここで 歩く歩道はアスファルト

涙も忘れたこの身にも 白い小径こみちがありました

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

罪の深さは地獄ゆき こんな我にもお慈悲ひとつ

乗せてもろたよ六字丸 乗せてもろたらお念佛

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

念佛となえてなんになる 馬鹿にする人笑う人

他人ひとが聞いたら可笑おかしかろ 親が聞いたら嬉しかろ

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

一息ひといき一息恵まれて 不思議なご縁を頂いた

今が最後の日か知れず 息が続けばまた歌う

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

ノンのノノさま 拝みましょう 親もと離れて 親おも

ノンのノノさま 拝みましょう ノンのノノさま阿彌陀さま


 

CREDITLINER NOTES


Vocals, Guitar, Harmonica - Fukashi Hojo

Bells-JIONRECORDING in 2007

All songs written by Fukashi Hojo

Recorded, Mixed, Mastered - Shoichiro Aso(麻生祥一郎)

Photography - YURIKO OCHIAI (落合由利子)

AssistSpecial support - Yusuke Nakagawa(中川雄介)

Produced by OdettaM

Recorded and mixedAmitahouse Main TenpleStudios

 

Copyright © Special JION Music 2018

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBANFUKASHI-NO-KAIOffice

AmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



CREDITLINER NOTES


うさぎのひとりごと(やっぱり出没編)

 

 北條不可思が少年だった頃、母に語った将来の夢は、①お坊さんになる ②音楽をする ③『アルプスの少女ハイジ』のハイジみたいなお嫁さんをもらって湖のほとりに別荘を持つ、でした。別荘所有は叶わず、お嫁さんがハイジみたいかどうかは別として、相模原での幾多のお出遇いが僧侶としてお育てくださいました。自作の楽曲も、「言葉が心にグッとくる」と聞いてくださる方がいて、おかげさまで〝歌うお坊さん〟として生きて来ることができました。だからこそ、「読経の時にギターを弾くんでしょ?」という誤解を笑顔で否定できました。「坊さんにあるまじき姿」と同門の僧侶から髪をつかまれ引っ張られた時も、キレずに踏み止(とど)まることができました。

でもやっぱり、僧侶として自作の楽曲を通してメッセージ活動をしていることと、〝歌の上手い僧侶〟は、見る人によっては同じことで、本質の違いを証明するのは難しいと思ってきました。そして、個的な思索の結実である作品を発表する以外に、どんな方法があるのだろうと思い至りました。

初めての作品は『眞信讃歌』というタイトルで、本堂庫裡落慶・住職継職慶讃法要を記念してカセットテープで制作しました。1993(平成5)年当時、誰もが音楽はカセットテープで聞いていました。それから25年で18枚のCDを制作しました。収録曲は100を越えました。本作『素描―報恩謝徳―』は、この作品群から9曲をよりぬき、原点回帰の弾き語りで収録しました。選曲は難行(なんぎょう)でしたが、〝歌うお坊さん〟を「私のお寺の住職さん」と迎えて下さる方々に勇気をいただき、北條不可思の根幹を素のままに描き出す楽曲を厳選しました。ですから結局いつも通りです。安心して聞いてください。五十も半ばの歳となり、大病の後遺症もありますが、信念は褪せることなく灯っています。楽曲をご存知ない方は試しに聞いてみてください。万が一、もっと聞きたい!という気分になられたら、ユーチューブで検索出来ます。

 相模原開教四十周年を機にCDアルバムを制作するにあたり、レコーディングとオーバーダビングのテクニカルを一手に引き受けて下さった麻生祥一郎氏と、北條不可思の傍らで一切合切を捌いて下さった中川雄介氏に、格段の感謝を申し上げます。お二人が不在なら『素描―報恩謝徳―』は実在せず、どんなプロデュースを試みても虚空を握るばかりでした。


Documentation Series Special Ver. Renkou Temple 40th anniversary ”dessin”

Fukashi Hojo-guitar,harmonica,vocals

Jion Hojo-bell

Shoichiro Aso-drums,percussion

Recorded and mixed and mastered by Sunchess Ashow,Assisted by Charlie You,

Photo by ©Yuriko Ochiai/ satokotobuki,Produced by Odetta M

All music by Fukashi Hojo

All lyrics by Fukashi Hojo

Except KOKORO NO HITOMI lyrics by Fukashi Hojo with JION,

KORU WASAN lyrics SHINRAN syonin with Fukashi Hojo

Copyright©1981-2018 Special JION Music,Fantasia Records de JION Music Factory,

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI,OFFICE AMITAHOUSE & VOW BREATH PRODUCTIONS











PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI (落合由利子)2018 JAPAN 



PhotographyCopyright© SATOKOTOBUKI2018




Photo

PhotographyCopyright ©  YASUAKI HATAYA; OSAKA  JAPAN

RECORDING 2008-/レコーディング:作品制作  2008-

Documentation:Music&Poetry lyric

Copyright © Special JION Music





FUKASHI HOJO VOW Leaves「詩の葉」

{詩曲集限定公開}

https://www.youtube.com/watch?v=zgz3mXGtRvs&list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH 




img3a528ec0zikczj.jpeg

 On the white road 

いつの日か帰る場所へと続く白き道(2001)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-23.html 





現代和讃を謡う吟遊詩人へ

メッセ-ジ フロム 三國 連太郎 (1994年)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-117.html

現代和讃を謡う吟遊詩人へ

メッセ-ジ フロム 三國 連太郎 (1994)

 

北條さんの声と歌に、

言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを

実感させられてしまった

これは、現代の和讃ではないか。

つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。

 新しい文化の誕生と言ってもいい。

ところで、文化というと古めかしいものと思われがちだが、

現在の古典が誕生した時には、

 

すこぶる新鮮でセンセ-ショナルなものだったのではないか。

それがいつの間にか形骸化して、真意が全然伝わってこないと感じてしまう。

とするなら、北條さんの歌、否、存在そのものが、

いまだかつてなかった稀有なものではなかろうか。

きっと<北條不可思>は、常に待たれていた存在だった。

だが、待っている側が待っている対象を明確に出来ないから、

 

結局自ら名乗りを挙げるしかなかったわけだ。

 俳優の僕は、演じる役を鏡に人間の、

しいては自分の愚かさや可愛さを見つめることを楽しんでいる。

 

己に忠実であるために降板するのはそのためだ。

北條さんは、そこを徹底したノンフィクションでやりこなす強靭な人でもある。

だから、伝統教団の中にあって、

 

迎合せず異端にならず自分の言葉で語るなんていう困難極まりないことができるのだ。

 

だいたいどんな組織でも、

体制の中でラクに生きることばかり考えているのだろうから。

 北條さんの存在は、言葉が言葉として魂を持っていることの、

 

命の通う言葉の存在の証のように思えてならない。

 私の大好きな渡辺えり子さん(作家、女優)は、

40を過ぎても6歳のごとき濾布を持っている。

まるで、生まれっぱなしの純粋さで社会の出来事を濾過させているようだ。

北條さんにも、今の濾布を持ち続けてほしい。

そうやっていかれたら素敵な宗教者になられるという期待がある。

まずは、吟遊詩人のように弾き語り、声をからして頂くのが一番ではなかろうか。

三國 連太郎

 ★ ☆彡 ☆

北條不可思:愚螺牛 Profile:プロフィール

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-34.html


北條不可思:活動略歴

 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html


RECORDING 2008-/レコーディング:作品制作

2008-DocumentationMusicPoetry lyric

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-248.html


Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



関連記事
  1. 2017/06/03(土) 23:56:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
《心に慈慧の響きと平安を》
  ❝Song & BowzuMan❞
    since 1981

縁絆&野聖物語
メッセージコンサート~1996
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
concert endlesstour
since 1996

縁絆・野聖 Endlesstour 
眞信讃歌 18minute
since 2019
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)
【Born】
October 14, 1961
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times
Song&BowzuMan
singer-song writer 
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
   HONGWANJI-HA
NISHIHONGWANJI:KYOTO
TSUKIJIHONGWANJI:TOKYO

SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)


◇****◇****◇****◇****◇
ENBAN&YAHIJIRI:
『素描:Dessin』RECORDING

PhotographyCopyright
© YURIKO OCHIAI
(落合由利子)2018 ;JAPAN

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事