北條不可思・愚螺牛雑記 2018~心に慈慧の響きと平安を~

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

フォトドキュメント;秋の法要(開教記念) 縁絆・野聖コンサート2017・野聖物語

フォトドキュメント
秋の法要(開教記念) 
 縁絆・野聖コンサート2017・野聖物語
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-405.html
PhotoDocumentaryList
フォトドキュメントリスト
 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html


眞信山 蓮向寺  秋の法要 (相模原開教記念)


法要導師:副住職 北條大慈



『航海の果てに/Walking to Pure Land』(NEW YORK version1994年作

FUKASHI HOJO VOW Leaves

https://www.youtube.com/watch?v=j2eZpQ83f-I&list=PLdZ_0wIcoUZPE-3wJMsiPu4SVhjQXvISH


法要講師 住職 北條不可思

 秋のひじり物語ものがたりおんどく讃歌さんか

『FUKASHI HOJO ENBAN”縁絆”Concert Endless Tour 2017』

 
『NEGAI/開教の詩』1978 Drawing By Fukashi Hojo




 当山縁起

相模原市南区に在する眞信山蓮向寺は、浄土真宗本願寺派[本山/西本願寺(京都)]首都圏都市開教対策本部[築地本願寺(東京)]より専従員の任命を受けた北條了介[広島県呉市蓮向寺住職(当時)]が、1978(昭和53)10月に相模原市橋本に『西本願寺相模原布教所』を開設して始まった。現住職北條不可思17歳、現副住職北條大慈は小学6年生。翌年、同市大野台へ移転。縁が熟し有縁の方々と共々に力をひとつに結集、現在の当麻九防院の地に堂宇建立を果たし、1993(平成5)10月に本堂落慶法要を勤修。この法要を機に広島の蓮向寺よりご遷佛、ご遷座、ご遷山寺基移転を成し、現在に至る。


-西本願寺第二十四代即如宗主の特別視察の際に撮影-

*************************************

☆初代専従員 北條了介☆

 浄土真宗本願寺派の東京首都圏における都市開教は、西本願寺第二十四代即如門主様の伝灯奉告法要ご満座後、新しい御門主様が発意された新たな事業であった。北條了介(平成17812日往生)は、その第1期東京首都圏都市開教専従員として相模原市への着任の任命を拝受。まったくの未知の土地・相模原を、ガリ版刷りした手書きのチラシを携え市中くまなく自転車で走り巡り、本願寺派伝道布教活動の波頭に立ち続けた。

 ただひたすらに報恩念佛に生きた一人の名も無き念仏の僧侶は、「ご門主さまが、ご発意なされた、伝道布教の道によって私は生かされた」と終生語った。

『愚かな坊主の繰言

何ともわけのわからん悲しさが 何とも得体の知れぬさみしさが 胸の奥から湧き出ます

坊主のくせに女房をもち 子供もうけて魚鳥を食す お許し下され ナンマンダ佛 

許されて 弥陀のご恩の中をゆく        浄土真宗本願寺布教所(愚僧 了介)』

                          ~数知れず作成したチラシの一枚~*************************************

【愚生が敬慕する先師、法兄は国の内外におられるが、型破りの迫力と異様なまでの静けさを感じさせてくれる僧侶として心に刻まれているのは、我が父である。父はいつも、汚泥の中にあって決して錆びることのない刃のような緊張感と不思議な暖かさを帯びていたのだ。60歳で住職を退任して以降人生の一息を終えるまで、その刃を抜く素振りすら見せることはなく、孫の慈音に自室の四畳庵や本堂で仏典やウルトラマンの絵本を子守歌を歌うように読み聞かせて、73年の念仏の日暮しを見事に終えた。また、血を分けた父と子の縁にありながら、常に敬意をもって息子である愚生と関わってくれたことは、感謝を超えて驚愕している。】

                         住職:北條不可思~ブログより抜粋~*************************************

【父が何をしたのか? 何か間違った事を言ったのか? それを確かめるために法衣を着ました。父は、真実に背かなかった。我が父ではありますが、その生き様を誇りたいと思います。】  

                副住職:北條大慈~北條了介通夜にて親族挨拶より抜粋~



fukashi-20050901-m3titi2.jpg
取材撮影・末本弘然師/本願寺新報特集記事(1979年 / 昭和54年 ) 
 《Please click》→名も無き念仏の僧侶(北條 了介略歴


親父に贈る詩
《名も無き念佛僧の物語:父 北條了介とすべての念仏者に捧ぐ》 


ENBAN concert endlesstour 2017  秋の野聖物語:恩徳讃歌」 

ENBAN“縁絆”コンサートエンドレスツアー2017

 《秋の野聖物語;恩徳讃歌》

placeRENKOJI AmitaHouseBuddhistChurch http://renkoji.org/

 

会場;眞信山 蓮向寺 本堂

 日時;10月28日【土曜日】午後1時30分より法要後、音楽法話

 CANO BAND;カノ・バンド

 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html

鍵盤;中川雄介氏

MUSICIAN

Vocals&Guitar(acoustic&electric)(北條不可思)

CANO BAND

Keyboard (piano&organ)


Yusuke pianissimo Nakagawa(中川雄介氏)

PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



公式写真撮影:石原秀樹


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


 秋の()(ひじり)物語(ものがたり)(おん)(どく)讃歌(さんか)

『FUKASHI HOJO ENBAN”縁絆”Concert Endless Tour 2017』

鍵盤楽器演奏/;中川(なかがわ)(ゆう)(すけ) 公式写真撮影;石原(いしはら)秀樹(ひでき)()

 

 ★ ☆彡 ☆


『弥陀の仏の白き道』2009年作



『響流和讃』【親鸞聖人750大遠忌記念】(2006年作)


『かなりや』(童謡) 作詩:西条八十 作曲:成田為三

「相模原障害者施設 殺傷事件」 そして・・・深く内省:2017  
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-393.html

『朧月夜と流れ雲』(2010年作)


BluesForBuddha-大悲の詩-』(2005年作)


『《SAMDAM-NO-UTA/讃佛偈意訳『仏説無量寿経』》

『心の轍』2008年作)


『おかげさまでありがとう』(2004年作)



『故郷』(唱歌) 作詩:高野辰之 作曲:岡野貞一

『シャボン玉』(唱歌)作詩:野口雨情 作曲:中山晋平



『航海の果てに/Walking to Pure Land』(NEW YORK version1994年作


『夕焼け小焼け』(童謡)作詩:中村雨紅 作曲:草川

@@@@@@@

『領解文』西本願寺第八代宗主 蓮如上人

{恩徳讃}:宗祖 親鸞聖人御作(新譜)



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN




PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN




PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN







REHEARSAL



photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017



photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


photographyCopyright © SATOKOBUKI 2017


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copyright©  Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 
Photo Copyright  © Amitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS  2013 JAPAN  
 
北條不可思:愚螺牛:華思依/法名:釋難思
 Fukashi"guragyu cassie"Hojo Shaku Nanshi
 


 


  1. 2016/08/06(土) 13:46:00|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI 
concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

★ Profile:プロフィール 詳細★

http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-34.html

リンク

このブログをリンクに追加する