fc2ブログ

♦♦♦♦♦♦北條不可思​​​"Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅠ・愚螺牛雑感記♦♢♦

"Song & BowzuMan”since 1981 & ENBAN YAHIJIRIMONOGATARI  🔷♦🔶“縁絆・野聖物語” message concert endlesstour since 1996🔷♦🔶{道化の涙は彌陀の慈悲・物語の終わりに夜明けの詩を歌う}🔷♦🔶🔷♦🔶🔷♦🔶

相模原開教記念法要;ENBAN concert endlesstour ;秋の野聖物語:恩徳讃歌」

 
『NEGAI/開教の詩』1978 Drawing By Fukashi Hojo

相模原開教記念法要 
旧 西本願寺相模原布教所 
1978年10月浄土真宗本願寺派東京首都圏都市開教
西本願寺相模原布教所開設

東京首都圏都市開教/蓮向寺

ENBAN concert endlesstour 

秋の野聖物語:恩徳讃歌

講師/当寺住職 北條不可思(詩い語り法話)  

fukashi-20050901-m3titi2.jpg  

取材撮影・末本弘然師/本願寺新報特集記事(1979年 / 昭和54年 ) 

《Please click》→名も無き念仏の僧侶(北條 了介略歴)

北條了介は、法語と西本願寺布教所のお知らせ「伝道チラシ」をガリ版で刷り。 
相模原を配り続けました。15年は続けたと記憶しております。 
  
昭和54年「春彼岸」の頃、当時愚生は18歳、一度だけ手伝いました。 
3~4時間配りましたが・・・完全に打ちのめされました。 
以来、愚生は「伝道チラシ配り」はしておりません。 
 その時の父の言葉は「無理せんでええ。自分のやり方で生きんさい。わしは 
コレしかできんが、これが有り難いんじゃ。南無阿弥陀佛」でした。 

「どんなに提灯が立派でも、中に灯りがなければ道先案内はできない」 
と常々話しておりました。 

問題は体裁ではなく・・・本願他力の灯りが灯っておるかどうかです。 
実父でありますが、善き師であります。  
  
  
伝道だ、開教だと申しますが、形ばかりのことはできるかもしれません。 
 ・・・できません。身に沁みてまさに知りました。 
  
持戒修行僧は本当に厳しい世界だとは思いますし、敬意を表すべきことです。 
しかし、それにもまして、本願念仏の法義は有ること難しであります。  
  
父の通夜布教をお願いしました、当時築地本願寺都市開教の担当をされていた、     
  白川淳敬師 (正法寺住職;東京都世田谷)
http://www.sol.dti.ne.jp/~shiraka/index.htmlは、

ご法話の中で「都市開教の歴史であり、原点です」とお話しいただき、

親父に贈る詩http://www.youtube.com/watch?v=sL3Gi9DbmKYの歌詩を朗読してくださいました。

深く感謝致すとともに、日々思い起こし、歩みを進めております。 

namo-amidabutsu (北條不可思:法名 釋難思)  

  

東京首都圏都市開教開 

初めてのお盆(1980年)の伝道チラシ 



父に贈る詩(1980)/Copyright (C)Special JION Music/1980 

夕日の詩:開教の歌(1993 Recording) http://www.youtube.com/watch?v=PdaGerCvJfM 

Song&BowzuMan

ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)住職を勤める自坊において

春彼岸3月と秋開教記念10月に音楽會(コンサート)スタイルの法話を行っております。 

《Please click》カノ バンドも参加も。

《Please click》 【北條不可思/活動略歴】

講師/当寺住職 北條不可思(詩い語り法話) 
  
相模原開教記念法要

「ENBAN concert endlesstour ;秋の野聖物語:恩徳讃歌」


「秋の野聖物語:恩徳讃歌」 


「体調は万全ではありませんが、深い謝意をむねに、 
無理せず歌い語りたいと存じます。このたびは、 
強力なサポートをして頂いているカノ・バンドのメンバー、 
藤崎羊一氏
PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI 2015 JAPAN 
麻生祥一郎氏
PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI 2015 JAPAN 
中川雄介氏
PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI 2015 JAPAN 


三氏の加勢をお願いしております。

カノ・バンド タイムでは、「鳥の歌」パブロ・カザルス他が演奏されます。


「有縁のみなさま、お誘い合わせのうえ、お出かけ、お参りくださいませ」 



北條不可思とカノバンド 

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html
 

 
築地本願寺慈光院成人式音楽講演(2009年1月) 
Copyrigh C) YURIKO OCHIAI JAPAN 【撮影  由利子】 


響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: (C)北條不可思/2010 
http://www.youtube.com/watch?v=CrWPTWLW9rU 
蓮向寺の恒例法要行事ですが どなたでもお出かけください。 




野聖物語~我が心の親鸞聖人~ 20095月発表


Photography築地本願寺/Copyright © HIDEKI ISHIHARA  JAPAN http://hi-photo.jp/


DrawingCopyright © Cassie JAPAN http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-256.html


相模原開教記念法要 

ENBAN”縁絆”concert endless tour


ENBAN“縁絆”コンサートエンドレスツアー2015

《秋の野聖物語;恩徳讃歌》

placeRENKOJI AmitaHouseBuddhistChurch

会場;眞信山 蓮向寺 本堂

ウッドベース:藤崎羊一氏,ドラムス:麻生祥一郎氏,鍵盤;中川雄介氏

  
. 

カノ・バンド タイムでは、
「鳥の歌」パブロ・カザルス他が演奏されます。

「ご縁のみなさま、お誘い合わせのうえ、お出かけ、お参りくださいませ」




PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI 2015 JAPAN 

北條不可思活動略歴



  1. 2014/10/28(火) 10:25:10|
  2. 未分類

プロフィール

{}Song&BowzuMan:北條不可思{}

Author:{}Song&BowzuMan:北條不可思{}
     ♦♦♦♦♦

《心に慈慧の響きと平安を》
  ❝Song & BowzuMan❞
    since 1981

縁絆&野聖物語
メッセージコンサート~1996
ENBAN&YAHIJIRImonogatari 
message concert endlesstour
since 1996

縁絆・野聖 Endlesstour 
眞信讃歌 18minutes
since 2019
*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身【三次生まれ呉育ち】

1961年10月14日生

浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター

得度
1981年10月15日
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従主管
(1986~2005)
:西本願寺相模原布教所:
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************
{因縁生起の物語}
樹木が御因縁有って
御仏像となり御経本御念珠となり
新聞・マガジンともなる
箸とも橋ともバットとも
トイレットペーパーとも
等々
親しみのあるGUITARともなる
🔶

よくよく見つめてみれば、
我がはからいを超越した
わたくしにとりての御因縁の
物・事・はたらきが身心に染み入る
おかげさまでありがたいのです。
🔷

無縁の大悲
彌陀因縁法の恩徳
知恩報徳
これに過ぎたる御因縁無し
ライスワーク・ライフワークをこえた
不可思議の功徳が身に満ちる

ENBAN:縁絆 “彌陀の本願を縁じ、念佛を絆ず”
~この逆謗の穢愚身、唯今ここに帰命尽十方無碍光如来~

南无阿彌陀佛
NAMOWAMIDABUCHI

「本願を信じ
念仏を申さば仏になる」
親鸞聖人
🔷歎異抄第12章より🔷


♦1981年 得度を機縁に♦

親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗{愚禿}の精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動【生活】を基本とし
・・・

実際の日暮し【生活】において
つまる者となろうとする心を見限り
つまらん者となりて、
念佛を申すものとなる
親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗{愚禿}の
精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動【生活】を基本とし

・・・

実際の日暮し【生活】において
つまる者となろうとする心を見限り
つまらん者となりて、
念佛を申すものとなる

♢これ程難しい事は無い♢

転じせしめられれば

♢これ程易き事は無い♢


「本物」という独善的な偽物と
眞實との究極の対話かもしれない。
対決と言ってもいいのかもしれない。
他者は騙せても己は己から

逃げることは出来ない・・・
絶望的にごまかしは絶対にきかない。
・・・
・・・
1981年(昭和56年)得度を機縁に
あえて
"Song & BowzuMan
=歌うお坊さん"
Message Performing Artistとして、
真実の『縁』と『絆』
『命の尊厳』と『心の平安』を
キーワードに国内外で、
国境・人種・文化・信教・・・・
をも越えた
メッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と
作品制作(CD・BOOK・etc)
を中心に
独自の音楽表現活動(ライスワークでも
ライフワ-クでもない)を展開。

2010年7月

心原性・小脳と脳幹の梗塞となるが、
九死に一生を得る。

現在唯今
様々な援助を頂きつつ、
在宅で一息一息を頂いている。
けして穏やかな日々とは
参りませぬが、
この生活
「おかげさまでありがとう」の
中から
不可思議光如来の
深い深い智慧と慈悲の
はたらきを味わいつつ
ひそかにひそかにひっそりと
詩い歌い続けている。
阿…・・・我が業です。


❖♦△○▢🔷◆♦♦♦♦♦🔶🔶🔶∞

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)
【Born】
October 14, 1961
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times
Song&BowzuMan
singer-song writer 
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
   HONGWANJI-HA
NISHIHONGWANJI:KYOTO
https://www.hongwanji.or.jp
/english/activity/index.html

TSUKIJIHONGWANJI:TOKYO

💎SHINRAN-SHONIN💎
  (1173 – 1263)

◇****◇****◇****◇

{本願を信じ念仏申さば仏に成る}
      {歎異抄}第十二条

― 善人なほもつて往生をとぐ、
     いはんや悪人をや。―
       {歎異抄}第三条

    おかげさまは
  ありがとうの生みの親
  {信心正因 称名報恩}

   この逆謗の穢愚身
     唯今ここに
   帰命尽十方無碍光如来 
    
     合掌称佛
  NAMOWAMIDABUCHI
    
    北條不可思
    (釋難思)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -