北條不可思・愚螺牛雑記 2018~心に慈慧の響きと平安を~

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

Dear NET坊主sama From Song&BowzuMan(釋尊降誕を御法縁に)



PhotographCopyright©MASATO SHIMOZU 2010 YOKOHAMA Japan 

 

Dear NET坊主sama From Song&BowzuMan

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-194.html

★★★★★

謹みて

「NET坊主」という方々が、話題を世に提供しているそうです。

 

簡単にいうと、インターネット上の僧侶派遣会社

・・・どうしても
 "No More Auction Block"
を思い起こしてしまう。

に登録する僧侶が

 葬儀のみ読経して、現代風に言うと

その後の宗教的使命を放棄、もしくは逃避し

布施【金銭】を得るのみの僧侶のことを指すとのこと。

もちろんその内に、佛道を歩み、佛法を讃仰し
正法弘通に生き抜いておられる方が、
いらっしゃることは、よくよく存知しております。

 

「寺院を持つ僧侶は高飛車な言動で高額の布施などを要求する」と聞きます。

そういう方もいらっしゃるのでしょうが、愚生のことに関して言えば

年間に何軒か御布施袋に何も入ってないことがありますが

これまでに、どんなに日暮しに困窮しているときでも、

施主に金銭を請求したことはありません。
 
《聞いた話ですが、御布施を恫喝するように要求する僧侶?もいるそうです》

これも、尊い御布施です。「あーこんな時に、人はごまかせても

はっきり、眞、仮、疑の世界が分かれているんだな」と思案したものです。

また、現状をありのままに伝え、有縁の方々に加勢して頂いたことも

有り難く思いだします。

・・・

何年か前から、【マンション坊主】という方々のことが、

ニュースになったのも記憶にある。

いずれにしても、インターネット時代が生み出した

僧侶のひとつの形だと感じております。

 

愚生が帰属しております、浄土真宗本願寺派の

宗祖・親鸞聖人は、生涯寺院を持たれませんでした。

古い京都の地図には「親鸞聖人宅」とあるそうです。

実弟宅に間借しておられたともうかがっております。

また、日本を代表する佛教各宗旨の宗祖で

ただ独り肉食妻帯をされた方でもあり ます。
 
誤解をされかねないので、愚生の個的な味わいを記しますが

親鸞聖人は、戒律に真に向き合われた末の

阿弥陀如来の本願他力のはたらきに、帰依された。

そのうえの

往生成仏の旅の途中にあらわれた

在野の本願他力を生き抜く、念佛聖の体現と信じております。


・・・

だからこそ、きれいごとでは済まない

この世の現実ということも

よく理解できます。

僧侶が、アパートやマンションに暮らし

インターネットの僧侶派遣会社に登録することに

問題があるわけではないと信じます。

・・・ただ・・・

こい願わくば、どんな形《ライフスタイル》であれ、

どんな宗旨、宗派であれ

仏教の肝要

-佛陀の知慧と慈悲-

無縁の大慈・大悲の信仰、真実信心の聴聞・讃仰・相続の法縁を

心の底に据えて、葬儀・年回法要の読経し

尊い御法縁にして頂きたいのです。

金銭を得ることのみに

終始しない事を心より願います。



これまでに「葬式坊主」と、世間に揶揄されたことは、数え切れません。

お恥ずかしい事です。しかし、その葬儀が佛縁、法縁になり

佛法聴聞されておられる方も、少なからずいらっしゃるのも事実。


・・・

愚生が、NET坊主samaと共有したいものがらは

生活のかたちではなく、僧侶の信念:僧魂のことです。

心が向かわしめられる「ものがら:本質」のことです。

「坊主も食わねばならん」といわれる。

その通り。

人は誰であれ

縁がもよおせば鬼畜になる可能性は否定できません。

しかし、喰うても、喰わなくても、信仰を持っていても、いなくても

人が羨む生活をしている者も

人の尊厳を踏みにじられるような生活をよぎなくされている者も・・・

必ず死を迎えます。絶対論理です。

 

我らは何時、何処で、どんな形で

人生を終わらねばならぬかわかりません。

愚生のことで恐縮ですが

2010年に心原生の小脳と脳幹の梗塞という大病を得ました。

翌年には、重度の障害を持つ息子が、食事を詰まらせて

1時間以上の心肺停止でしたが、救急救命の処置のおかげで
 
一命を取り留めました。

在宅で一息一息、息子らしく、愚生は愚生で

どうやら九死に一生を頂き、旅は続くようです。
 

けして、楽々人生とは参りません。


混沌の真っ只中の我らです。

道徳や正義、同情や常識では間に合いません。

 

そこに、仏教と言わず

世界でユダヤ教、キリスト教、イスラム教等々

『心の拠りどころ』が

生まれたのではないでしょうか?

混沌を救う船です。

『命の尊厳』とは

「人間の尊厳」という限定されたものではありません。

現代の言の葉ですが

宗教は

人知を超えた、深く弘いはたらきです。

仏法では、『功徳』と聞き習いました。

遊牛の詩/北條不可思 1996年作《「歎異抄」第三章を機縁に》
http://www.youtube.com/watch?v=8tsjjWIXac4

・・・

愚生も小さな念佛道場:弥陀の舎/AmitaHouseの寺院を場に

佛法相続に愚身を尽くす所存です。

昨今、「NET坊主」ということを話題に

様々なところで、様々な話がのぼります。

・・・

自省もこめて、名も知れぬ「NET坊主」という方々へ

仏陀釋尊の教えの流れの

末席を汚す破れ坊主ではありますが、メッセージさせて頂きました。

 

(釋尊降誕を御法縁に)

南無阿弥陀佛

NAMO-AMIDABUTSU

2015年春

From Song&BowzuMan

北條不可思:愚螺牛・cassie(法名:釋難思)

 

 

 

 響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: (C)北條不可思/2010

http://www.youtube.com/watch?v=CrWPTWLW9rU

 

北條不可思活動略歴
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

北條不可思への質問/Question to FUKASHI HOJO
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-206.html

PRESS/MAGAZINE scrap(記事)★
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-252.html  

Amazonのお坊さん便 僧侶手配サービス」について理事長談話
全日本仏教会理事長談話(全日仏公式
HP)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-379.html

    

facebook.com/fukashi.hojo
  1. 2012/10/29(月) 23:28:33|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI 
concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

★ Profile:プロフィール 詳細★

http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-34.html

リンク

このブログをリンクに追加する