北條不可思・愚螺牛雑記~心に慈慧の響きと平安を~/"Song & BowzuMan since 1981”

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

FUKASHIHOJO.COM/☆小樽仏教会広報紙「あ」署名原稿2008年4月

☆小樽仏教会広報紙「あ」署名原稿2008年4月 



「おかげさまでありがとう」


北條不可思/ほうじょうふかし

「恩」について思いを巡らせた時、佛陀の教えに帰依する僧侶である愚生においては、つきつめれば「仏恩(ぶっとん)」のほかはありません。
 もちろん、人間関係をより深める要素として「恩」を捉えることも出来ます。親子、夫婦、兄弟姉妹、師弟、友人、知人という間柄が良好であればプラスの方向に作用するけれども、愚かなことに、その関係性にズレが生ずると、「恩知らず」「恩着せがましい」といった反発する感情の種になることもあります。縁に応じては、反発が対立になり、決裂へと発展してしまうことにもなります。それが国と国との間に起きれば戦争です。
 仮に相手の行為に不足不満があっても、お互いに敬いの気持ちを持って理解したいと願い、相手の言葉を注意深く聞く姿勢を保てれば、結果的に共感を共有できなくても憎しみ合うことは回避できるかもしれません。とはいえ、そうそう聖人君子のように誰とも等しく一貫した態度を堅持できるでしょうか。少なくとも、愚生には出来ません。だからこそ、自らの心を仏さまの言の葉の命を頼りに歩むほかはないのです。
 愚生は、島影に夕陽の沈む瀬戸内に臨む浄土真宗本願寺派の寺院の長男に生まれ育ちました。幼い頃、本願寺派布教使の父は年の三分の二は布教で全国を歩いていました。留守を任された母も僧侶でした。五歳下の弟が誕生するまでは、母とふたりの留守番だったので、帰ってきた父が座卓に落ち着くひとときがとても好きでした。両親は寸暇を惜しんでご法義話に熱中するので、布教先での土産話もいつの間にか御法義話になります。そんな時に、ここぞとばかりに父の膝の上に陣取り、頭上で交される会話に聞き入っていました。やがて弟が生まれる頃には物心もつき始め、両親の話の内容もおぼろげながらもわかってきます。それは、人間として生まれたことの喜びよりむしろ悲しみとの出遇いでありました。
 よく憶えているのは、母が誰彼となく話していた妊娠中のエピソードです。生まれ来る我が子の骨を丈夫にしようと、ジャコをたくさん食べていたそうです。『オギャァ』と産声をあげる前から大切に思われていた証ですが、それは、命として母の身体に宿った時からすでに他の命をいただかなければ生きられない身であったことを知らしめています。もちろん、生き物である人間の動物的な側面から見ればごくごく自然なことですが、その当たり前なことが当たり前ではないことを知ったのです。現実は厳しいというけれど、命そのものがつきつけてくる厳しさは、社会的、道徳的な罪ではなく、他の命を喰らうという罪なくして維持することが出来ないという厳しさなのです。それが、ごまかしのきかぬありのままの我が姿です。それをあるがままに見つめ、歪めることなく向き合うよりほかはありません。とするならば、生まれてきたからこそ死があるという道理を受け入れなければなりません。愚生もまた、苦悩の源が、人間として生まれてきたことだったのかと、思いつめた日々がありました。その絶望を、人は早熟すぎるとか、青臭いと笑うかもしれません。しかし、誠に不可思議なことに仏さまは、「心配ない、大丈夫。必ず救う」と呼びかけて、この「私」をめあてに悲願をかけてくださっているのです。罪を罪として思えない「私」を救いとって下さる大慈悲心をいただき、その仏恩を報ずる姿が合掌の本当の意味だと教えられました。そして愚生においては、『すべての命よ おかげさまでありがとう』の一心で手を合わせるほかに、出来ることはないのだと思い知るに至りました。猫の目のように変わる心模様に惑わされてしまう「私」だからこそ、仏さまの声を聞くよりほかはありません。
 それはやがて、愚生の心に届く真実の声に耳を澄ませて、生きる力尽きるまで自分なりの歩調、自分なりの歩幅で廻る日々を歩いていきたいという願いになりました。そして、13歳の頃から熱中してきた音楽や、見よう見まねで始めた自作の詩曲作りが、愚生が聞かせていただいたことや教えていただいたことを表現し、メッセージしていくひとつの方法になるのではないかと思うようになりました。恩師の言葉や、法兄の激励に背中を押されて『歌うお坊さん』としての活動を始めました。現在では、様々な差異を越えて語りかける場として、『縁絆(えんばん)コンサート』の自主プロデュースというスタイルになりました。もちろん、何もかも上手くいくことなどありません。予想外なことに心乱れ、挫折の繰り返しです。それでも尚、人が作り出す価値を超えた真の意味を仏さまにたずねながら歩いていくだけです。
 ところが懲りもせず、その意味に価値を見い出そうとするところが人間の悲しい習性です。食事一つをとってみても、味の濃淡を問わず、品の多少を問わずと教えられているのに、味の濃淡を問い、品の多少を問うてしまうのです。ありのままにあるがままの心になれないのです。一度お説教を聞いたからなどと油断している場合ではありません。お坊さんなら迷いも間違いもないなんて思い込んだら最後、闇に落ちていることにさえ気がつけません。波が引いては返すように、何度でも仏意を訪ねることに極まれると先達が遺言された言葉に間違いはないとつくづく思います。
 人様に助言ができるような愚生ではありませんが、ご法事をお勤めされることの意味は、そこにあると思います。そして同時に、自分自身の命とつながっている人への「おかげさまで ありがとう」の気持ちを表す尊いご縁になると思います。 
 だからといって、亡き方を偲ぶ気持ちに定められた条件はありません。今生での別れに際してどのような思いを抱くかは予測が出来ないのですから。悲しみに沈むこともあれば、やるせなく暮らすこともあるでしょう。怒りに似た感情を燻らせる人もいるし、まったく何も感じられない人もおられるかもしれません。親が、連れ合いが、我が手に抱くことさえ叶わなかった子が命を終えなければならない現実に直面した時、言葉に尽くせない思いと向き合わざるを得ないことでしょう。仏さまは、そのいずれの在り方も大智の眼差しですべてを見通し、大慈悲心で包んでくださっています。愚生は、ご縁の方々のご仏事をご一緒にお勤めさせていただく度に、出会いと別れを超えた大いなる願いのご恩徳に遇わせていただいていると信じています。
 この拙文を結ぶにあたって、改めて見つめ直してみても、「恩」といえば、「仏恩」のほかありません。すべての命に生かされて生きている我が身を省みつつ、「おかげさまで ありがとう」の念いで我が人生を歩き抜いて参りたいと願うばかりです。

(浄土真宗本願寺派僧侶,シンガー・ソングライター)


※2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活の中から、阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い続けている。


をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。
恥かき小僧の子守歌Copyright ©  Special JION Music
おかげさまでありがとう /Copyright (C)GURAGYU/2004FUKASHI HOJO&CanoBand

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

野聖物語「我が心の親鸞聖人」開催

2009年5月16日

会場/東京・築地本願寺ブディストホール 入場無料 全席自由

『野聖物語』開催にあたって(「野聖物語」実行委員会)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE Song&BowzuMan

スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 14:25:20|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)



★日本仏教;浄土門を代表する
伝統宗派の ひとつである
浄土真宗本願寺派

本山・龍谷山本願寺(西本願寺)○京都市下京区堀川通花屋町下る
宗祖廟所・大谷本廟(西大谷)○京都市東山区五条(東山五条)
東京首都圏・築地本願寺 東京都中央区築地


★2012年/平成24年に
宗祖親鸞聖人没後750年を迎えた
浄土真宗本願寺派に僧籍を頂く。
2009年大谷本廟における
親鸞聖人750回大遠忌記念
「恩徳讃歌献歌コンサート」を参加開催。
大谷本廟(西大谷)
http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/
******

親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗の精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動【生活:日暮らし】を基本とし、

1981年(昭和56年)得度を機に
"Song & BowzuMan=
  歌うお坊さん"
Message Performing Artist
として、
真実の『縁』と『絆』
『命の尊厳』と『心の平安』を
キーワードに国内外で、
国境・人種・文化・信教・・・・
をも越えた
メッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と
作品制作
(CD・BOOK・etc)を中心に
現在のテーマを
「真の誇り:驕りなき誇り」と定め
2017年のフックワード{転}とし
独自の音楽表現活動を展開。

★「愚生が帰属している
浄土真宗本願寺派の現在
(2015年:平成27年)
の中心メッセージに
『縁』『絆』がフックとして使用されている事に
この上ない深い報恩・慶びと謝徳の念いが
心の底から身心に沁み渡るようである」。
 namo-amidabutsu -f.hojo-

★ 布施によって生かされている者としての分限・分際の
自覚(ブディズムに根ざした真実の「縁」「絆」「命の尊厳」等を
表現メッセージする方法手段)から、
商業音楽・非商業音楽・商業芸術・非商業芸術・
商業講演・非商業講演・商業出版・非商業出版・
政治活動・社会運動・非政治活動・非社会運動等とは、
一定の距離を保ち
深く関心を持ち、敬意をはらいつつ、
日本国内外のさまざまな人々から
その立場を越えて、
様々な形の支援と協賛を得て
そのメッセージ活動を続けている。

★★★★★★★★★★★★★★★★

特に、重度障害を持つ、
息子慈音との
生活の中から始まった
「ENBAN・縁絆コンサート 
    エンドレスツアー」は、

*東京(1996年~)築地本願寺


*大阪(1999年~)トリイホール


*ニューヨーク(1999年~)
ニューヨーク本願寺


*ニュージャージー(2000年)
アトランティックシティ
シェラトンホテル
コンベンションホール
浄土真宗本願寺派
北米教区仏教者大会に招聘


*長野(2001年)
白馬シャガール美術館


*広島公演(2002年8月~)
原爆資料館メモリアルホ-ル


*京都公演
(2006年3月、2005年6月)
龍谷大学大宮学舎
本館講堂(重要文化財)


*Hometown/相模原
(1996年~
グリーンホール相模大野)


*国立療養所長島愛生園
(2006年10月21日・特別公演)
など、国内外で開催され、
   現在も続けている。




《今後の公演予定》

【国内】
北條不可思 縁絆コンサート2016
ENBAN "縁絆" concert endlesstour 201
日程

*******
《コンサート メッセージ テーマ》
『KEEP ON WALKING 』
( 混沌と真実:Chaos & ship )

【海外】
パリ  フランス 日程未定企画中
ローマ イタリア 日程未定企画中


毎年「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」
縁絆・野聖メッセージコンサートとして、春・秋開に開催。


2016年以降で、国内、
海外(パリ:フランス ローマ:イタリア)を計画中です。

なお、CD作品の制作は2010年11月より
北條不可思50歳記念 Wアルバム
通算12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」
『FUKASHI HOJO Past days song 1993-2001/
北條不可思・昔日歌』(発表日2012年3月9日)
2011年4通算13作目「Keep On Walkin' 真実一路」
2011年通算14作目『flower&rain』《NotForSale#Ⅱ》
2012年通算15作目『REAL FANNTASIA;本当の幻想曲』
2013年通算16作目『混沌と真実;Chaos and ship』の制作。
2014年通算17作目『listen and hear/無為の鐘』

2016年
Documentation Series No. 1 2010~2015
ドキュメンテーションシリーズ No.1 2010年-2015年 
5作品紙ジャケット特別詩歌集、発表。
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-4.html

2016年-2017年通算18作目『ROCKA BULUES & ROLL;転依』
2017年通算19作目『Buddson&Sons;慈慧と詩歌』
Amitahouse Main Temple Studioに於いて制作中。

RECORDING 2008-
/レコーディング:作品製作
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-248.html


OfficeAmitaHouse

VOW BREATH PRODUCTIONS


「ENBAN:縁絆コンサート

エンドレスツアー」
(2010年から「ENBAN Massage Act Collection」のひとつになる)
は、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。






      ★★★★★★★★★★★★★★★★


【私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。】
日本経済新聞(署名原稿)
2004年5月10日配信(文化欄)

      *********


【僧侶と音楽家。
『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。】
(文 田中夕介)
産経新聞
2004年6月10日配信(全国版)

        *********


『北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい』。
(メッセ-ジ フロム 
三國 連太郎 1994年)

      *********


『僧侶・北條不可思の歌を聴いた。
人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた』。
(メッセ-ジ フロム 
新井 満 1994年)

      *********


推薦文
わが宗門より仏様のおこころを
歌にのせて一人一人のいのちへ語りかける青年僧侶が登場しました。
仏様の限りない呼び声に老若男女を問わず誰もが
いのちの尊厳に聞き入ることであります。
どうぞ一人でも多くの方へお伝え下さい。
浄土真宗本願寺派
総長 松村了昌 
1994年 平成6年4月6日

 *********************
     
★ 女性自身 光文社 
平成13年3月20日号
お経ではなく歌でメッセージを伝えるボブ・ディラン坊主こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 
《本誌リードより》

*********************

メッセージコンサート、音楽講演、CD作品等の、商業的派手な宣伝、告知、広告、などは行っておりませんので、ホームページ等でご確認頂き、ご来場、ご購入いただければ有難く存じます。
*********************

(Contact Us/ 連絡・問合せ )


E-MAIL 
amitahouse@jcom.home.ne.jp




*********************
 
北條不可思 代表作の1曲

遊牛の詩/ゆうぎゅうのうた ↓ ↓ ↓
作詩・作曲・歌 北條不可思
演奏・北條不可思とカノ・バンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


:作詩作曲 北條不可思
(http://fukashihojo.com/)
 
1996年作 1998年発表 2006年再発表 2009年再々発表 
from Jion Music Factory:Office AmitaHouse;
Produced by GURAGYU(愚螺牛)


(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/
fukashi.hojo

『遊牛の詩』は、
Song&BowzuMan
"歌うお坊さん"北條不可思の代表作の一曲。

― 善人なほもつて往生をとぐ、

   いはんや悪人をや。―

世界的に知られる
親鸞聖人語録「歎異抄」
第三条の言の葉の放つ響きと
重度障害を持つ、息子・慈音との
生活の中からインスパイアされ
生まれ出でた詩曲。
北條不可思にとっての
Like A Rolling Stone(BOB DYLAN)であり
恩徳讃歌でる。
もはや、歌とは言えないのかもしれない。


遊牛の詩 (以下歌詩掲載)

『遊牛の詩』
詩/曲 北條 不可思
浄土真宗本願寺派:西本願寺
僧侶:シンガー・ソングライター

08.20.1996

*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++
自由だ平和だ人権だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

**毎日何かの命を喰らって生きてるくせに
 人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる
ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++

明日ありと思う心の浅はかな愚かな己の精神よ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
福祉だ教育だ環境だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
毎日何かの命を喰らって生きてるくせに 
人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる

ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals-Fukashi Hojo 
Harmonica-Shaku Nanshi

:FUKASHI HOJO&CanoBand:
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


Produced by GURAGYU:愚螺牛

Copyright © 1996,
renewed 2009
Special JION Music

Amitahouse&GURAGYU PRODUCTIONS


inspired TANNISHO
http://plaza.rakuten.co.jp/
fukashihojo/diary/200605030000/
Tannishō
【From Wikipedia;English」】
http://en.wikipedia.org/wiki/
Tannish%C5%8D
Copyright © 1996 Special JION Music

北條不可思 縁絆コンサート:フォトドキュメントリスト
ENBAN "縁絆" concert endlesstour PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-193.html
野聖物語:眞信讃歌2009~http://
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-311.html
Produced by GURAGYU
*
MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals
Fukashi Hojo 

Harmonica-Shaku Nanshi

(CANO BAND)
Bass(wood&electric)
Yoichi Fujisaki
Drums(percussion&Bell)
Shoichiro Aso
Keyboards (piano&organ)
Yusuke Nakagawa


Produced by GURAGYU

Copyright © 2007
Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

FUKASHIHOJO SONGS
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-180.html

in association with 
ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

リンク

このブログをリンクに追加する