北條不可思・愚螺牛雑記 2018~心に慈慧の響きと平安を~

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

「FUKASHI BLEND」Selection of music by Odetta M

 



FUKASHI BLENDSelection of music by Odetta M





FUKASHI BLENDSelection of music by Odetta M SONG LIST

 

1.夕日の詩:開教の歌(1993 Recording
https://www.youtube.com/watch?v=PdaGerCvJfM


2.朧月夜と流れ雲:official take 2010:北條不可思 (母 北條暢子の見舞いの帰りに発想)

http://www.youtube.com/watch?v=ad7k6STZOSU


3. 南無帰依・佛法僧 (C)北條不可思(2009

http://www.youtube.com/watch?v=WBK1dHlhzAg


4. 真実一路:Keep On Walkin'unedited version》北條不可思/2012

https://www.youtube.com/watch?v=zd5XqagxRME


5. 人間の価値(2001

http://www.youtube.com/watch?v=JuQRCrYTBTU


6. 響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: (C)北條不可思/2010

http://www.youtube.com/watch?v=CrWPTWLW9rU


7. 心に刻まれし物語- Acoustic Version©北條不可思 ( 北條了介の往生に接し作す)

https://www.youtube.com/watch?v=uHI2JiSSdUI


8. 「影の影」【Shadow on shadow

http://www.youtube.com/watch?v=rXQCvArZ1nI


9.《ヨッコラセイ:Yokkora-Say)(2011年作)BasicRecording © 北條不可思

http://www.youtube.com/watch?v=fkay2cXBOuA 


10. 悲しみを乗り越えて:NO MORE SEPTEMBER11

http://www.youtube.com/watch?v=sqS7wQDb9pY


11. 『いつか必ず帰る場所』(2000年作)Basicrecording

http://www.youtube.com/watch?v=uzgoNofhnK0


12. 恥かき小僧の子守歌- Acoustic Version(2006年作)

http://www.youtube.com/watch?v=v5gOjOGUiv8


13. 「鐘の音/KaneNoOto」:©北條不可思 (2011年作)

http://www.youtube.com/watch?v=D5u7qWdexMk

Bonus track

B-1BluesForBuddha -大悲の詩-《西本願寺・宗学院別科三部作》(2004作)

https://www.youtube.com/watch?v=PSjL7wSTCUI


B-2 橋の袂の見張り (C)北條不可思(2008

 https://www.youtube.com/watch?v=paxmxkm2830

B-3 real fantasia:北條不可思/2012basic recording

http://www.youtube.com/watch?v=iS-4r0Xx94o 

 

 Copyright © 2014 Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



FUKASHI BLEND』ライナー・ノーツ

 

 北條不可思が二十歳そこそこの頃につくった『開教の詩』という一曲がある。

「音楽が好き、阿弥陀様が好き」。生のままの気持ちがまっすぐに綴られ、《歌うお坊さん》として世に立ち続けようと覚悟を決めた自分自身に贈られた曲のようでもある。

 平易な言葉を耳触りの良いメロディに載せ、誰にでも親しみを感じてもらえる曲だと思うのだが、万が一にも『みんなのうた』(NHK)のような誰でもが視聴することを大前提とした番組にフィーチャーされることはない。

 そんな当たり前のことを本人に話したら、いたくショックを受けてしまった。

《歌うお坊さん》だの、《Singer song writting BowzuMan》だの言いながら詩曲を書き、音楽表現活動を続けてきた自分の30余年には評価されるべきものがなにもないのか…、とつぶやいた。

 いやいや。《歌うお坊さん》だの、《Singer song writting BowzuMan》だのと自負を持って続けてきたのだし、その道筋で生まれた作品は、今日も誰かを励ましたり、ホントにあったかい気持ちにしたり、潰れそうな心を支えていることは間違いないと確信出来る。

 しかし―。

 

『開教の詩』に「のんの ののさま」ってあるでしょ? 百歩譲ってこれは一般名詞としておきましょう。

うん、うん。

でもそのあとに「拝みましょう」って来るよね。

うん。

それがもうダメだよね。北條不可思を紹介する番組のBGMとしてなら電波に乗る可能性はあるけど、独立した楽曲としては選曲の対象外だよね。信仰は道徳に含まれないからね。

そう? ダメかな?

じゃあ、「拝みましょう」も一般動詞として強引に括りましょう。

うん、うん。

でもね、そのあと「のんの ののさま あみださま」って続くよね。決めちゃってるよね。

言い切ってるよね。

あぁ――、なるほど。ダメか。

 

PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI; JAPAN

 

つまり、浄土真宗本願寺派僧侶であることが問題なのではなくて、北條不可思が世に送り出した作品には、その誕生から既に普遍性という広範に流通するために不可欠な要素が欠落しているのだ。スタンダードの介入を拒否していると言うべきか。だがこの事実は肯定されてしかるべきだ。何故ならば、彼は浄土真宗の御本尊である阿弥陀如来を信仰しているのだから。

 この様な、厳然たる現実にあって尚、音楽表現活動を続けられている事、それぞれに世の中で社会活動を営めているバンドのメンバーと共に作品をレコーディングしている事、それ自体が奇跡ではないか。

 決してメジャーにはなれないけれど、素晴らしい仕上がりの楽曲たちを思いのままにセレクトして、【FUKASHI BLEND】というタイトルでまとめてみた。

 猫も杓子も知っていて、朝から晩までどこかから聴こえてくるなんてあり得ないけれど、ちょっとクセになるかも、じっくり味わえば……。Copyright © Odetta M 2015





header750x100.jpg
スポンサーサイト
  1. 2007/07/19(木) 01:32:46|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI 
concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

★ Profile:プロフィール 詳細★

http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-34.html

リンク

このブログをリンクに追加する