北條不可思・愚螺牛雑記~心に慈慧の響きと平安を~/"Song & BowzuMan since 1981”

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

北條不可思 ; Rev.Fukashi Hojo 2016;July 《Priest:Buddhism&singer-song writer》☆彡 ☆彡☆彡☆彡☆彡

 Fukashi Hojo 2016 
Priest:Buddhism&singer-song writer)》
Song&BowzuMan

☆彡☆彡☆彡

Img020_2

ニューヨークの牛とJIONとBowzuMan

『遊牛の詩』のための寓話;文・里寿(北條里恵)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-126.html








《The latest BASIC record song》

Documentation Series #6 『 ROCKA BULUES & ROLL;転依』【制作中】

2015年

レコーディング開始

 ROCKA BULUES & ROLL;転依』は『Documentation Series』最新作。

北條不可思の音楽CDアルバム最新作。

🎼空に雲》 
《未編集;
unedited version20
16年作)

🎼SAMDAM-NO-UTA讃佛偈意訳『仏説無量寿経』》~心の轍(2008年作)

《未編集;unedited version

🎼《伝承詩歌;Traditional TunePika Don”》詩・曲 北條不可思 2015

🎼《心震える聲》 lyrics and music by FUKASHI HOJO 2015

🎼『その先にあるもの』《BASIC take 未編集 unedited version》# 32016年作)



fukashihojo.com

PhotographyCopyright ©HIDEKI ISHIHARA2013  JAPAN



www.youtube.com/


PhotographyCopyright 
© Rudi van Starrex 2015; AUSTRALIA 
http://www.vanstarrex.com/


fukashi.blog


http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200609120000/
Copyright © 俳優 ルイ・オザワ・チャンチェン/Louis Ozawa Changchien NEW YORK   
(ENBAN2002 Hiroshima Peace Memorial MuseumHALL 
www.hiroshima-spirit.jp/en/museum/index.html
(縁絆コンサート2002/広島平和(原爆)資料館メモリアルホール) 


facebook.com/FUKASHI-HOJO
Photography Copyright © Odetta M 2016 JAPAN



☆彡☆彡☆彡
  
北條不可思:愚螺牛:華思依/法名:釋難思
 Fukashi"guragyu cassie"Hojo Shaku Nanshi
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

Brief history/活動略歴;1961~】#2
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

當麻九坊院 眞信山 蓮向寺
神奈川県相模原市南区当麻九坊院)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-387.html






July 11, 2016

『永 六輔様、心から深謝』-愚螺牛・徒然雑感記-









HIROSHIMA 1996年
 PhotographyCopyright © OdettaM 1996 JAPAN
******

2016年

バラク・オバマ氏・現職米国大統領としての広島訪問

YOKOSO ARIGATO Mr. President.

NAMO-AMIDABUTSU

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-380.html



本願寺新報[京都;西本願寺機関紙]みんなの法話 2016620日配信

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-128.html



アメリカ合衆国オバマ大統領が現職として初めて広島を訪問しました。広島に生まれ育ち、平和教育を受けた者として、深い感銘を受けました。静かな興奮がおさまりません。

 核兵器の根絶を掲げ、差別を禁じる私が学んだ平和教育は、机上の理想でしょうか。残念なことに武器としての核は、地球をいくつも消滅させられるほどたくさんあります。愚かなことに新たな出来事に呼応するように、差別は世の中に滲み出てきます。

 それが現実だからこそ、痛みや苦しみを抱える人と共に歩む努力を惜しんではいけません。恨みや憎しみを解き放つ勇気を持ち続けなければなりません。そうでなければ、人に生まれた甲斐がありません。私たちは互いにより深く理解するために、問い続け学び続け思索を深めることを止めてはいけません。投げやる訳にはいきません。

 しかし、言うは易しです。自分が思う正しさは正しいのでしょうか。何に照らせば本当の正しさ、真実の様を知ることが出来るのでしょうか。私は、如来大悲のおこころに尋ねるしか術を知りません。

   智慧の光明はかりなし 

   有量の諸相ことごとく

   光暁かふらぬものはなし

   眞實明に帰命せよ (浄土和讃)

 親鸞聖人さまがご和讃を通して伝えてくださる真髄が、いよいよ深く、より一層鮮明になってまいります。

 ところで、近頃しばしば見聞する《就活》《婚活》《終活》という言葉がありますが、僧侶なので、やはり人それぞれが望む最期の在り様に関心を持ちます。《終活》なら人生の幕引きを迎える活動ですが、《聞活(聴聞活動)》とか《念活(念仏活動)》として捉え直すと、終わりが終わりではなくなる世界が見えてきませんか。

 いかに綿密な計画を立てても、努力を積み重ねても、希望通りになるという確約は得られません。私自身、自分が大病をした後に、息子が心肺停止から蘇生したり、介護に明け暮れていた妻が病気になり手術をしたりと、想像さえしなかったことが現実になりました。 

 私の人生は、突然の病で終わりませんでしたが、一瞬にして転変してしまう体験をしました。当たり前の日常も、その先にある予想できる未来もぶっ飛びます。

 確かなものは、必ず救うという阿弥陀如来さまのご本願だけです。

 すると、大切な人の《死》が喪失の事実だけではなくなります。悲しい寂しい虚しいという感情を超えて、また遇える世界をあらためて深く思い知る千載一遇の機縁なのです。

「お聴聞に終わりはない。分かったと思ったそばから迷っている」と、口癖のように話してくれた人がいました。話してくれた父は往生の素懐を遂げましたが、その命は、まったく休むことなくはたらきかけてくれます。 

 だから私は、誓願不思議の如来大悲をつくづくと知らされるのです。あれやこれやと心定まらない迷いを忘れて、まっすぐに絶対他力のご本願におまかせすればいいのです。

 とはいえ、私はきっと命尽きる瞬間まで、なにかを思い願うことを止められないでしょう。そして、思い願うままにならないことを嘆き、悔やみ、それでもまた思い願い続ける自我を滅することもかないません。しかし、この迷いや煩悩が転じられ、真実として深まっていく道があります。それがお聴聞です。命ある限り迷いの世界をさまよう「わたし」こそが、必ず救うと誓われた阿弥陀如来さまのお目当てです。「わたし」のためにはたらいてくださるご本願のおこころを深く深く聞かせていただきましょう。それがお聴聞です。

 寸分先もわからない人生だからこそ、本願他力のお念仏は、心頼もしく生き抜かせていただく唯一無二の原動力です。ただただ尊く有り難く、報恩謝徳のお念仏を申すよりほかありません。

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-128.html




眞信山蓮向寺公式HP

renkoji.org/



2016年


PhotographyCopyright © Charlie U 2016; JAPAN


北條不可思公式HP

fukashihojo.com./


2015年

PhotographyCopyright ©
 
OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS2015




Fantasia Records de JION Music Factory
Selecting Tunes
〔full edition〕







Documentation Series 

New Recording

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-390.html



 PhotographyCopyright © OdettaM 2015 JAPAN



 PhotographyCopyright © OdettaM 2015 JAPAN



facebook/videos Collection


https://www.facebook.com/FUKASHI-HOJO-715065981893866/videos


フォト・ドキュメントリスト
PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA 2015  JAPAN



PRESSMAGAZINE scrap

【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介】

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-252.html






FUKASHI BLEND
officialSelection of music by Odetta M  《2015》 
February RELEASEfull album

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-135.html









BluesForBuddha Yugyu No Uta

Song & BowzuMan  FUKASHI HOJO Selecting Tunes  A&J

 full editionVideo & Music distribution 2016
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-135.html




北條不可思

SongBowzuManWatchThinking

FUKASHIHOJO.COM3

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-133.html






和讃の時間:Time of 和讃/wasan pic up 
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-321.html

《被爆の親鸞聖人》

―ニューヨーク本願寺―

http://www.newyorkbuddhistchurch.org/

 New York Buddhist Church

Photograph of the Statue of Shinran Shonin at the NYBC


Photograph of the Statue of Shinran Shonin at the NYBC 

Photographs of the historic statue of Shinran Shonin, founder of the Jodo Shinshu school of Buddhism, in front of the New York Buddhist Church. This statue of Shinran Shonin survived the atomic bombing of Hiroshima, in which 150,000 people died, and 90 percent of the buildings in the city collapsed or burned.

 

"One cannot turn away unchastened from the blistered statue of Shinran Shonin outside the New York Buddhist Church on Riverside Drive, a figure of gently imposing nobility that somehow survived the atomic bombing of Hiroshima." - David W. Dunlap (New York Times, January 25, 2002)

fromNew York Buddhist Church Official Website 




Bowzu Man In NewYork
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-220.html

ジョン&ヨーコ・オノ レノン宅、ダコタハウスアパート前;2004年
In front of John Lennon home and the DAKOTA House apartment; 2004 




ENBAN“縁絆” photograph

photographyCopyright © OdettaM 2015.12.08 JAPAN


BOB DYLAN IN JAPAN 2016
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-129.html












☆北條不可思キーワード2016☆
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-381.html


北條不可思のキーワード2016年は、『深;SHIN』となった。
進化も大切ではあるが、深化がより重要、肝要と味わう。
全ての物事(言の葉)に『眞実』をつけると命の意味が、転じる。
生死:ショウジ、強弱、大小、多少、長短、
厚い薄い、知 無知、賢愚、…を超えた、
嘘、偽り、取引、駆け引き、仮、疑いのない命のはたらき
『真実』を深く味わい与えられた日々を歩む。
『眞実 』『縁』『 絆 』『尊厳』 『驕りなき誇り』をキーワード;フックに
1981年から≪歌うお坊さん≫としてメッセージ活動を開始展開させていただいた。
そして、今、『深』のキーワードが心に顕現してきた。
縁あらばフックにしていただきたいと心から願う。

Namo-amidabutsu… good lucky ! 
from song & bowzuman 2016
Fukashi Hojo

Song & BowzuMan

since 1981

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

《縁絆&野聖物語》
ENBAN&YAHIJIRI

 concert endlesstour since 1996

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html

Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS


 
 PhotographyCopyright © OdettaM 2016 
「hojo with “THE MARSEILLE”from FRANCE」
A pickup  Setting  Meister KOBA.


Fantasia Records de JION Music Factory
in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS



  • FUKASHIHOJO SONGS
  • 遊牛の詩

  • 「北條不可思歌集」
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html




Documentation Series #1

PRIDEPROUDLY/誇りと驕り」201510
月発表

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-371.html

PhotographyCopyright ©  2015 Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory...
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

《オリジナル紙ジャケット版・完全限定;在庫僅少》

RECORDING 2008-/レコーディング:作品制作

2008-Documentation
Music
Poetry lyric




北條不可思・愚螺牛・華思依・釋難思
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

北條不可思;ホームページとグログ 
F
UKAHI HOJOHOMEPAGE&BLOG


http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-377.html


FUKASHIHOJO SONGS:遊牛の詩「北條不可思楽曲作品集」
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html

レコーディング:製作近況
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-248.html 

アルバム作品集1993ー2015
https://www.youtube.com/watch?v=j5ruiYoWF1U&list=PLdZ_0wIcoUZOuByK2EmyUCsxbCxAXUSNW


PhotoDocumentaryList;フォトドキュメントリスト
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html



眞信山蓮向寺公式ホームページ

renkoji.org/


北條不可思公式ホームページ
fukashihojo.com/




ドキュメンテーションシリーズ2010年~2015年

 5作品 紙ジャケットCD & 特別詩歌集 限定制作決定

 北條不可思

 大病から5年間に、レコーディングした詩歌を
5作の紙ジャケットCDと特別詩歌集にして限定作、順次発表することを決定。
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-368.html




非戦・悲戦・・・愚戦
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-376.html


PhotographyCopyright © YURIKO OCHIAI 2015JAPAN 
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004485332358


BLOWIN' IN THE WIND;(Bob Dylan)Japanese poetry by Rev. FUKASHI HOJO
https://www.youtube.com/watch?v=KDneXAeCJKk
ボブ・ディラン「風に吹かれて」
~過ちを繰り返す 涙の河を超えて~
(日本語詩・北條不可思 愚螺牛 華思依 釋難思
:僧侶/シンガー・ソングライター)
浄土真宗 宗祖 親鸞聖人750回大遠忌記念 
メッセージコンサート 築地本願寺/2009年


FUKASHI HOJO&CanoBand : 北條不可思とカノバンド
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html


Bass(wood:Upright&electric) -Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)


Drums&percussion-Shoichiro Aso (麻生祥一郎)


Piano&organ-Yusuke Nakagawa(中川雄介)

film Directed by Ryo Tamada(Behind Screen, Inc.)
撮影監督:玉田 亮 http://ryo-chan.com

NAMO-AMIDABUTSU
浄土真宗本願寺派 本山 西本願寺 【世界遺産】;京都
http://www.hongwanji.or.jp/






PhotographyCopyright © YASUAKI HATAYAOSAKA  JAPAN

ENBAN “縁絆・コンサート” concert endlesstour

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html

FUKASHI HOJO;北條不可思;Documentation Series:Music&Poetry lyric*
official CD-Album(original・cover)《限定公開》

CDアルバム作品集
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-242

photograph;写真集

FUKASHI“gruagyu” HOJO ShakuNanshi:AMITAHOUSE's Photostream










北條不可思公式ホームページ fukashihojo.com

眞信山蓮向寺公式ホームページ   renkoji.org

オフィス・アミタハウス/北條不可思事務所

Documentation Seriesoriginalcover CDアルバム作品集

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-353.html


Atelier-IccanRoom
北條不可思制作アトリエ イッカンルーム
和讃の時間:Time of 和讃/wasan 


 
Pohto Copyright ©
YURIKO OCHIAI  JAPAN 落合 由利子  http://www.amazon.co.jp/ 
   


ENBAN“縁絆”NEWS 



Copyright©  Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 
Photo Copyright  © Amitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS  2013 JAPAN  
 
北條不可思:愚螺牛:華思依/法名:釋難思
 Fukashi"guragyu cassie"Hojo Shaku Nanshi
 


 


スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 09:43:21|
  2. 未分類

蓮向寺唯信会:学佛会6月24日土曜日{法要;2時始め} 御法話講師;柏倉 學師 (浄土真宗本願寺派布教使;西本願寺・築地本願寺) 会場:サン・ライフ相模会館

 当麻九坊院 眞信山 蓮向寺



蓮向寺唯信会
学佛会 
―学佛大悲心―

佛教の学は、佛様の大悲を聴聞(学ぶ)ことに極まります。

南無阿彌陀佛
namo-amidabutsu

6月24日土曜日











6月24日土曜日

{法要;2時始め}

御法話講師;柏倉 學師
(浄土真宗本願寺派布教使;西本願寺・築地本願寺)

会場:サン・ライフ相模会館

 住所252-0216 神奈川県相模原市中央区清新3-7-15

Tel;042-758-6110

http://www.moshimo.net/hall/sagami/

土真宗本願寺派京首都圏都市開教

帰三宝偈 (学佛大悲心)from WikiArc

「有縁のみなさま、万象繰り合わせのうえ、お出かけ、お参りくださいませ」








当麻九坊院 眞信山蓮向寺
浄土真宗本願寺派:本山 西本願寺/京都 築地本願寺東京


s-IMG_1584-2.jpg 


fukashi-20050901-m3titi2.jpg
取材撮影・末本弘然師 (正福寺;大阪池田市)
/本願寺新報特集記事(1979年/昭和54年)

 {当山縁起} 
1978年(昭和53年)10月前住職 北條了介が、
浄土真宗本願寺派(本山・京都 西本願寺、
東京・築地本願寺内、首都圏都市開教対策本部)より命を受け、
西本願寺相模原布教所を橋本に開所。

******




 『24代即如宗主伝灯奉告法要』以降 
 第1期 東京首都圏都市開教専従員として  
 相模原市着任。 
 西本願寺相模原布教所・開所。 
 本願寺派伝道布教活動の波頭に立つ。 
 「ご門主さまが、ご発意なされた  
 伝道布教の道によって  
 私は生かされた」と終生語る』。

 {名も無き念仏の僧侶の物語


******

以後大野台に移転
1993年(平成5年)縁熟し有縁の方々と共に力をひとつにして
相模原市南区当麻九坊院の地に堂宇建立。


これを受け
広島;蓮向寺より ご遷佛、ご遷座、
ご遷山寺基移転《法的移転申請中》

現在、唯今を頂いております。

謹みて

 

西方の願王 阿弥陀如来

乃至 一切の三宝の尊前に申してもうさく

倩 先師 教授の恩徳を思えば

真実に阿弥陀如来の慈悲に等しき者か 

骨を粉こにして 之これを報ほうずべし

身を摧くだきて 之これを謝しゃすべし

唯今ここに 当山 報恩謝徳
御法縁深き御同行御同朋と共に 

恭しく 尊前を荘厳し 懇ろねんごろに聖教を読誦し

広大の佛恩を謝し奉らん

眞信山蓮向寺 住職 北條不可思 

法名釋難思 

敬って申す

合掌称佛

南無阿彌陀佛
NAMO-AMIDABUTUSU



★★★★★★


 住職 北條不可思 法名:釋難思 






『BluesForBuddha』-大悲の詩- :namo-amidabutsu"Japan"(築地本願寺/2009)

Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS








『野球人~野球に燃える人々に捧ぐ~』(1980年作)
《未編集;unedited version》©北條不可思"Japan" 
高校野球に燃えた
弟 北條大慈に、そして全ての野球人に贈る。


BASS prologue&solo-Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html
                                                               
藤崎氏は
かつて
読売巨人軍現監督(WBC日本代表前監督)
原辰徳氏とともに高校野球史の1ページを飾ったベーシスト。
国内外ミュージシャンの間ではMr.bassballと呼ばれている。
『野球人』(1980年作)

~高校野球に燃える人々に捧ぐ~

百八つの縫い目の中から 
湧いてくる 夢と力
それは男の力 それは男の夢
真白きユニフォーム 泥色に染められ
血の汗と涙は 勝ち負けを超えていた
それは男の力 それは男の夢
何度も立ち止まり 何度もやめかけた
それでも最後には グランドに立っていた
それは男の力 それは男の夢
それは男の力 それは男の夢
2011年2月4日

BasicRecording
Musician 

北條不可思vocal&guitar-fukashiHojo
CANO BAND
(カノ・バンド)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html
Bass(wood:Upright&electric) -Yoichi Fujisaki(藤崎羊一)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html
Drums&percussion-Shoichiro Aso (麻生祥一郎)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html
Keyboard (piano&organ)-Yusuke Nakagawa(中川雄介)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html


Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



 
蓮向寺 寺旗 北条三つ鱗 

北条三つ鱗

Copyright © RENKOJI


Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)
Copyright © RENKOJI(AmitaHouseBuddhistChurch)


☆☆ 

北條不可思は 毎法要の後 

自作の歌、唱歌・童謡を歌い 

今までどおり「命懸け」でメッセージする。

そして

 参集の方々と共に 

『恩徳讃』を歌い続けている。 

・・・ 

※ 2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活「おかげさまでありがとう」の中から、 
阿弥陀如来(namo-amidabutsu)本願他力の 
深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ 
許しを頂きながら 詩歌を書き 
歌い、そして語り続けている。


  
ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(北條不可思:緊急報告) 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/201008230000/ 


 ENBAN・縁絆 緊急報告《北條慈音(ほうじょうじおん)満16歳 緊急入院》 http://blog.goo.ne.jp/fukajion/e/c73d8a7a5f14d872998af148f14952d4
 


心の轍 (C)北條不可思(2009 )
http://www.youtube.com/watch?v=FqrHmC3oCfo 



響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: 
響流和讃:こうるわさん 
【親鸞聖人750大遠忌記念】
 (C)北條不可思/2010 



【Brief history-活動略歴】 

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html
 


相模原佛教會(蓮向寺) 
http://www.sagamihara-bukkyokai.net/atcl/renkoji.html
 


 

撮影/当寺副住職:北條大慈
 

相模原・当麻九坊院眞信山蓮向寺公式ホームページ 
http://renkoji.org/index.html


  1. 2016/06/03(金) 21:14:05|
  2. 未分類

フォトドキュメント;春の法要(春彼岸・灌佛会;花まつり) 縁絆コンサート2017・野聖物語

フォトドキュメント
春の法要
(春彼岸・灌佛会)

縁絆メッセージコンサート2017・野聖物語 



眞信山蓮向寺

(春の法要:春彼岸:灌佛会併修)

(Contact Us/ 連絡・問合せ ) 
E-MAIL 
renkoji@jcom.home.ne.jp



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



灌佛会;花まつり

PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN




法要導師;眞信山蓮向寺 副住職:北條大慈
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN





弥陀の仏の白き道/hard version(2009年作)

『弥陀の仏の白き道』
作詩・作曲 北條不可思 2009年作

はじめに誰が名付けたか 
人には心の命があり
心の闇を破るには 
智慧の灯を迎えよう
明日はないと思えども 
さぁぁ この今を如何せん

さぁぁ この今を さぁぁ 如何せん
弥陀の仏と歩く道 
闇夜にフツと現れる
弥陀の願いの白き道 
共に歩くは あぁ弥陀の道


おわりに誰が名付けたか 
人には心の命があり
心の闇を破るには 
慈悲の灯を迎えよう
明日はないと思えども 
さぁぁ この今を如何せん

さぁぁ この今を さぁぁ 如何せん
弥陀の仏と歩く道 
闇夜にフツと現れる
弥陀の願いの白き道 
共に歩くは あぁ弥陀の道

Produced by GURAGYU

Copyright © 2009 Special JION Music

Pohtography,Text,Poetry,Lyrics Drawing

Copyright © 1981-

Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS


ENBAN・YAHIJIRI-Monogatari concert endlesstour 2017  

 春の縁絆・野聖物語:恩徳讃歌
 

会場;眞信山 蓮向寺 本堂

 

日時;3月18日【土曜日】午後1時30分より法要後、



 CANO BAND 《カノ・バンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html


ウッドベース:藤崎羊一氏,ドラムス:麻生祥一郎氏,鍵盤;中川雄介氏

MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric)(北條不可思)

Vocals-Fukashi Hojo (北條不可思)

CANO BAND

Bass(wood:Upright&electric) -Yoichi Mr.bassball Fujisaki(藤崎羊一)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html

Drums(percussion&Bell)Shoichiro ashow Aso (麻生祥一郎)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html

Keyboard (piano&organ)-Yusuke pianissimo Nakagawa(中川雄介)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html



公式写真撮影;(石原秀樹) http://hi-photo.jp/


 PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA 2017(石原秀樹) JAPAN 


 『野の聖』1986年 Drawing By Fukashi Hojo :cassie 
 {知人曰く}  
「陽の沈む西方に向かい、白道を歩いているようにも、 
船に乗り海を渡り西方に向かっているようにも見える」そうだ。 
野聖物語★★★親鸞聖人

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-243.html



( Contact Us ) 
 E-MAIL 
amitahouse@jcom.home.ne.jp





眞信山 蓮向寺

 

春季彼岸法要・灌仏会併修 

 

:春の法要:

 

ENBAN”縁絆”concert endless tour 2017

《春の野聖物語;恩徳讃歌 2017

 

placeRENKOJI TempleAmitaHouseBuddhistChurch

 

会場;眞信山 蓮向寺 本堂

 

日時;平成29318日【土曜日】午後1時30分より

 

法要【重誓偈『仏説無量寿経』】引き続き、住職;北條不可思 音楽法話

 

 

ウッドベース:藤崎羊一氏ドラムス:麻生祥一郎氏鍵盤;中川雄介氏

 

(公式写真撮影:石原秀樹氏)


SETLIST 

{ side#A }

 

1.弥陀の仏の白き道/hard version(2009年作)

2.『かなりや』(童謡) 作詩:西条八十 作曲:成田為三

3."No More Auction Block" 米国伝承音楽 

4.Blowin' in the Wind /BOB DYLAN(1962年発表) 2016年ノーベル文学賞受賞

5.『おかげさまでありがとう』(2004年作)

 CANO BAND TIME;テーマは花-華/鳥の歌パブロ カザルス 他 

 

《小休憩;Intermission

 

{ sideB }

 

6.BluesForBuddha-大悲の詩-』(2005年作)

7.『響流和讃;KOWRUWASAN 』【親鸞聖人750大遠忌記念】(2006年作) 

8.『《SAMDAM-NO-UTA/ 讃佛偈意訳『仏説無量寿経』》~9.『心の轍』(2008年作)』 

10.『シャボン玉』(唱歌) 作詩:野口雨情 作曲:中山晋平11.『航海の果てに』(1994年作)

12. 『轍を見つめて』 (1994年作)

13.『夕焼け小焼け』(童謡)作詩:中村雨紅 作曲:草川信

******

『領解文』(りょうげもん)西本願寺第八代宗主 蓮如上人―副住職 北條大慈

恩徳讃:宗祖親鸞聖人御作(新譜)副住職 北條大慈




北條不可思;法名 釋難思
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

hotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



Rehearsal#1
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN






Rehearsal#2
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



Rehearsal#3
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


Rehearsal#4
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN


Rehearsal#5
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN


Rehearsal#6
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN




Rehearsal#7
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN







PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



ウッドベース:藤崎羊一氏
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



ドラムス:麻生祥一郎氏
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


鍵盤{ピアノ・オルガン};中川雄介氏
PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



公式写真撮影;(石原秀樹) http://hi-photo.jp/




Rehearsal#8
PhotographyCopyright © SATOKOTOBUKI 2017 JAPAN




PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN







PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN



PhotographyCopyright © HIDEKI ISHIHARA2017(石原秀樹) JAPAN


PhotoDocumentaryList

フォトドキュメントリスト

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html


s-IMG_1584-2.jpg

浄土真宗本願寺派

本山/京都・西本願寺東京/築地本願寺

當麻九坊院:眞信山蓮向寺


(Contact Us/ 連絡・問合せ ) 
E-MAIL 
renkoji@jcom.home.ne.jp



Photography&TextCopyright © 2017 Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



  1. 2016/06/02(木) 21:33:39|
  2. 未分類

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)



★日本仏教;浄土門を代表する
伝統宗派の ひとつである
浄土真宗本願寺派

本山・龍谷山本願寺(西本願寺)○京都市下京区堀川通花屋町下る
宗祖廟所・大谷本廟(西大谷)○京都市東山区五条(東山五条)
東京首都圏・築地本願寺 東京都中央区築地


★2012年/平成24年に
宗祖親鸞聖人没後750年を迎えた
浄土真宗本願寺派に僧籍を頂く。
2009年大谷本廟における
親鸞聖人750回大遠忌記念
「恩徳讃歌献歌コンサート」を参加開催。
大谷本廟(西大谷)
http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/
******

親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗の精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動を基本とし、

1981年(昭和56年)得度を機に
"Song & BowzuMan=
  歌うお坊さん"
Message Performing Artist
として、
真実の『縁』と『絆』
『命の尊厳』と『心の平安』を
キーワードに国内外で、
国境・人種・文化・信教・・・・
をも越えた
メッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と
作品制作
(CD・BOOK・etc)を中心に
現在のテーマを
「真の誇り:驕りなき誇り」と定め
2017年のフックワード{転}とし
独自の音楽表現活動を展開。

★「愚生が帰属している
浄土真宗本願寺派の現在
(2015年:平成27年)
の中心メッセージに
『縁』『絆』がフックとして使用されている事に
この上ない深い報恩・慶びと謝徳の念いが
心の底から身心に沁み渡るようである」。
 namo-amidabutsu -f.hojo-

★ 布施によって生かされている者としての分限・分際の
自覚(ブディズムに根ざした真実の「縁」「絆」「命の尊厳」等を
表現メッセージする方法手段)から、
商業音楽・商業芸術・商業講演・
商業出版、,政治・社会運動等とは、一定の距離を保ち
深く関心を持ち、敬意をはらいつつ、
日本国内外のさまざまな人々から
その立場を越えて、
様々な形の支援と協賛を得て
そのメッセージ活動を続けている。

★★★★★★★★★★★★★★★★

特に、重度障害を持つ、
息子慈音との
生活の中から始まった
「ENBAN・縁絆コンサート 
    エンドレスツアー」は、

*東京(1996年~)築地本願寺


*大阪(1999年~)トリイホール


*ニューヨーク(1999年~)
ニューヨーク本願寺


*ニュージャージー(2000年)
アトランティックシティ
シェラトンホテル
コンベンションホール
浄土真宗本願寺派
北米教区仏教者大会に招聘


*長野(2001年)
白馬シャガール美術館


*広島公演(2002年8月~)
原爆資料館メモリアルホ-ル


*京都公演
(2006年3月、2005年6月)
龍谷大学大宮学舎
本館講堂(重要文化財)


*Hometown/相模原
(1996年~
グリーンホール相模大野)


*国立療養所長島愛生園
(2006年10月21日・特別公演)
など、国内外で開催され、
   現在も続けている。




《今後の公演予定》

【国内】
北條不可思 縁絆コンサート2016
ENBAN "縁絆" concert endlesstour 201
日程

*******
《コンサート メッセージ テーマ》
『KEEP ON WALKING 』
( 混沌と真実:Chaos & ship )

【海外】
パリ  フランス 日程未定企画中
ローマ イタリア 日程未定企画中


毎年「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」
縁絆・野聖メッセージコンサートとして、春・秋開に開催。


2016年以降で、国内、
海外(パリ:フランス ローマ:イタリア)を計画中です。

なお、CD作品の制作は2010年11月より
北條不可思50歳記念 Wアルバム
通算12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」
『FUKASHI HOJO Past days song 1993-2001/
北條不可思・昔日歌』(発表日2012年3月9日)
2011年4通算13作目「Keep On Walkin' 真実一路」
2011年通算14作目『flower&rain』《NotForSale#Ⅱ》
2012年通算15作目『REAL FANNTASIA;本当の幻想曲』
2013年通算16作目『混沌と真実;Chaos and ship』の制作。
2014年通算17作目『listen and hear/無為の鐘』

2016年
Documentation Series No. 1 2010~2015
ドキュメンテーションシリーズ No.1 2010年-2015年 
5作品紙ジャケット特別詩歌集、発表。
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-4.html

2016年-2017年通算18作目『ROCKA BULUES & ROLL;転依』
2017年通算19作目『Buddson&Sons;慈慧と詩歌』
Amitahouse Main Temple Studioに於いて制作中。

RECORDING 2008-
/レコーディング:作品製作
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-248.html


OfficeAmitaHouse

VOW BREATH PRODUCTIONS


「ENBAN:縁絆コンサート

エンドレスツアー」
(2010年から「ENBAN Massage Act Collection」のひとつになる)
は、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。






      ★★★★★★★★★★★★★★★★


【私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。】
日本経済新聞(署名原稿)
2004年5月10日配信(文化欄)

      *********


【僧侶と音楽家。
『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。】
(文 田中夕介)
産経新聞
2004年6月10日配信(全国版)

        *********


『北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい』。
(メッセ-ジ フロム 
三國 連太郎 1994年)

      *********


『僧侶・北條不可思の歌を聴いた。
人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた』。
(メッセ-ジ フロム 
新井 満 1994年)

      *********


推薦文
わが宗門より仏様のおこころを
歌にのせて一人一人のいのちへ語りかける青年僧侶が登場しました。
仏様の限りない呼び声に老若男女を問わず誰もが
いのちの尊厳に聞き入ることであります。
どうぞ一人でも多くの方へお伝え下さい。
浄土真宗本願寺派
総長 松村了昌 
1994年 平成6年4月6日

 *********************
     
★ 女性自身 光文社 
平成13年3月20日号
お経ではなく歌でメッセージを伝えるボブ・ディラン坊主こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 
《本誌リードより》

*********************

メッセージコンサート、音楽講演、CD作品等の、商業的派手な宣伝、告知、広告、などは行っておりませんので、ホームページ等でご確認頂き、ご来場、ご購入いただければ有難く存じます。
*********************

(Contact Us/ 連絡・問合せ )


E-MAIL 
amitahouse@jcom.home.ne.jp




*********************
 
北條不可思 代表作の1曲

遊牛の詩/ゆうぎゅうのうた ↓ ↓ ↓
作詩・作曲・歌 北條不可思
演奏・北條不可思とカノ・バンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


:作詩作曲 北條不可思
(http://fukashihojo.com/)
 
1996年作 1998年発表 2006年再発表 2009年再々発表 
from Jion Music Factory:Office AmitaHouse;
Produced by GURAGYU(愚螺牛)


(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/
fukashi.hojo

『遊牛の詩』は、
Song&BowzuMan
"歌うお坊さん"北條不可思の代表作の一曲。

― 善人なほもつて往生をとぐ、

   いはんや悪人をや。―

世界的に知られる
親鸞聖人語録「歎異抄」
第三条の言の葉の放つ響きと
重度障害を持つ、息子・慈音との
生活の中からインスパイアされ
生まれ出でた詩曲。
北條不可思にとっての
Like A Rolling Stone(BOB DYLAN)であり
恩徳讃歌でる。
もはや、歌とは言えないのかもしれない。


遊牛の詩 (以下歌詩掲載)

『遊牛の詩』
詩/曲 北條 不可思
浄土真宗本願寺派:西本願寺
僧侶:シンガー・ソングライター

08.20.1996

*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++
自由だ平和だ人権だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

**毎日何かの命を喰らって生きてるくせに
 人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる
ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++

明日ありと思う心の浅はかな愚かな己の精神よ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
福祉だ教育だ環境だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
毎日何かの命を喰らって生きてるくせに 
人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる

ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals-Fukashi Hojo 
Harmonica-Shaku Nanshi

:FUKASHI HOJO&CanoBand:
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


Produced by GURAGYU:愚螺牛

Copyright © 1996,
renewed 2009
Special JION Music

Amitahouse&GURAGYU PRODUCTIONS


inspired TANNISHO
http://plaza.rakuten.co.jp/
fukashihojo/diary/200605030000/
Tannishō
【From Wikipedia;English」】
http://en.wikipedia.org/wiki/
Tannish%C5%8D
Copyright © 1996 Special JION Music

北條不可思 縁絆コンサート:フォトドキュメントリスト
ENBAN "縁絆" concert endlesstour PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-193.html
野聖物語:眞信讃歌2009~http://
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-311.html
Produced by GURAGYU
*
MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals
Fukashi Hojo 

Harmonica-Shaku Nanshi

(CANO BAND)
Bass(wood&electric)
Yoichi Fujisaki
Drums(percussion&Bell)
Shoichiro Aso
Keyboards (piano&organ)
Yusuke Nakagawa


Produced by GURAGYU

Copyright © 2007
Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

FUKASHIHOJO SONGS
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-180.html

in association with 
ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

リンク

このブログをリンクに追加する