北條不可思・愚螺牛雑記~心に慈慧の響きと平安を~/"Song & BowzuMan since 1981”

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

FUKASHIHOJO.COM/コンテンツ #2

北條不可思活動略歴

北條不可思への質問/Question to FUKASHI HOJO

フォトドキュメントリスト/PhotoDocumentaryList

PHOTOGRAPH collection【フォトグラフ】(写真)

FUKASHI HOJO SONGS(詩歌)

FUKASHI HOJO FILMS(映像)

PRESS/MAGAZINE scrap(記事)

FUKASHIHOJO LYRICS /北條不可思 歌詩集

FUKASHI HOJO “photofilm” 【YouTube】 

 フォトドキュメントリスト/PhotoDocumentaryList


 
FUKASHIHOJO.COM

 

オフィス・アミタハウス/北條不可思事務所   


Produced&Edited by Office Amitahouse

 

 

FUKASHI HOJO・写真集
PHOTOGRAPH  collection 【フォトグラフ】
スポンサーサイト
  1. 2008/05/21(水) 21:17:03|
  2. 未分類

浄土真宗本願寺派;眞信山蓮向寺/蓮向寺教会(相模原市南区当麻九坊院) 2012年(平成24年)★恒例法要≪**≫特別行事/音楽講演・野聖物語・恩徳讃歌 2012 (法話コンサート) 御案内

2013年:平成25年
宗祖
親鸞聖人  報恩講

宗祖親鸞聖人  報恩講

日時: 午後1時始メ

御講師

淺田恵真和上(本願寺派勧学)


私の歩んだ仏の道 著:浅田正博

《宗祖 親鸞聖人 夢告讃》

弥陀の本願信ずべし 本願信ずるひとはみな
摂取不捨の利益にて 無上覚をばさとるなり

 《宗祖 正像末浄土和讃より三首》

如来大悲の恩徳は 身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も 骨をくだきても謝すべし  

無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな 
生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ

願力無窮にましませば 罪業深重もおもからず
仏智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず 

《宗祖語録:歎異抄第二章より》

いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし。

《宗祖語録:歎異抄第三章より》

善人なおもて往生をとぐ いわんや悪人をや

『遊牛の詩』《「歎異抄」第三章を機縁に》 ©Fukashi Hojo 北條不可思;Japon

******

除夜会

2013年12月31日

午後6時より

相模原市 相模原仏教会【公式】|相模原のお寺
http://www.sagamihara-bukkyokai.net/

FC2 Management
  1. 2008/05/18(日) 15:22:07|
  2. 未分類

遊牛の詩 YUGYU NO UTA

  1. 2008/05/18(日) 14:32:20|
  2. 未分類

FUKASHIHOJO.COM/コンテンツ

  1. 2008/05/18(日) 14:30:33|
  2. 未分類

図画の詩/華思依Cassie:ArtCollection#1★★★★★★★FUKASHI HOJO 『Poetry in drawing/北條不可思・図画の詩』


華思依Cassie:ArtCollection#1★★★★★★★
FUKASHI HOJO 『Poetry in drawing/北條不可思・図画の詩』 
(Documentation:Music&Aintings and Drawings) 




PhotoCopyright © satokotobuki2017

【Brief history/活動略歴】#2

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html  

   



「シンドイ・・・ご縁です  
他力回向 南無阿弥陀佛(ナマンダブ)」 
平成17年8月5日入院先、 
国立相模原病院にて最後の言葉。 
2005年8月12日往生 
IMGP1089.jpg



父了介往生8日前の最後の言葉と姿を書いたものの額を制作。

ICCAN ROOMにて:2014年6月15日
【ICCAN ROOM】は、北條不可思の音楽・絵画などの制作アトリエとして活用している部屋には
西本願寺下附の一貫代(縦184.8cm 横63.6cm)の

阿弥陀如来【絵像】が、お掛けしてあることが、名付ける由縁。


PhotoCopyright © satokotobuki2014



PhotoCopyright © satokotobuki2014

2014;Summer   

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2014 
『自由の鐘は鳴り続けてる』 北條不可思:華思依2014.07.08




The bell of freedom continues sounding. Fukashi Hojocassie

~深く自由の鐘(じゆうのかね、英語:Liberty Bell)は、
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア・・・に影響を受けて。~


STANDARD DREAM 2013 basicRec~自由の鐘を打ち鳴らせ~1991年作 


STANDARD DREAM  1994  offical/スタンダード・ドリーム
http://www.youtube.com/watch?v=gTZ4LTQ28X0 
★★★★★
2017

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright © CASSIE 2017

 {遊牛の苦悩:YUGYU NO KUNO

「戦うべきか否か・・・重要なことは苦悩すること」


2016

Okagesama de Arigato no Every day in a life. 
おかげさまでありがとうの人生の日々。』

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright©CASSIE 2016



Incomplete man;半端男』basic

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright©CASSIE 2016


自由という名の肖像画』#ori

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright©CASSIE  2016


自由という名の肖像画』#Ⅰ

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright©CASSIE  2016  




『RockaBlues&ROLL;転依』#2

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2016  



『RockaBlues&ROLL;転依』#1

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2016  



『彩華:SAIKA

Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2016  

2013;winter  




  


http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-211.html
『JION's Photography 「僕はスナイパー/I am a sniper. specal version 2007
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013
  
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-211.html 

 

『遊牛図:Yugyu-no-zu
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013
   



 

『あやまちを くりかえす なみだの河を 超えて namo-amidabutsu』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013   
『Blowin' In The Wind;風に吹かれて』 bob dylan;ボブ ・ディラン
/ Performed by Fukashi Hojo《北條不可思》japon;日本
http://www.youtube.com/watch?v=KDneXAeCJKk


 

『横顔:Side face
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013
    



  
華思依;平成25年/cassie;2013 http://cassie.blog.shinobi.jp/
 


『Walking stick and FUKASHI』 PHOTO by JION 2007

北條慈音/JION HOJO(ほうじょう じおん)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-229.html



FUKASHI HOJO 『Poetry in drawing/北條不可思・図画の詩』
Copyright ©FUKASHI HOJO:北條不可思
Copyright ©CASSIE:華思依
Copyright ©ShakuNanshi:釋難思
Copyright ©GURAGYU:愚螺牛
Copyright ©OfficeAmitaHouse :オフィス・アミタハウス



REAL FANTASIA Drawing By Fukashi Hojo 2011

『KEEP ON WALKING:真実一路 』2010年
Drawing By Fukashi Hojo :cassie
   
Photo 
『Song&BowzuMan』2008年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie   




『GuitarMan/ギターマン』2008年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie



『Apprenticeship pierrot/見習いピエロ』2000年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie 

  

 
『野の聖』1986年 Drawing By Fukashi Hojo :cassie 
知人曰く:
「陽の沈む西方に向かう白道を歩いているようにも、
船に乗り海を渡り西方に向かっているようにも見える」そうだ。
野聖物語★★★親鸞聖人http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-243.html


『紅い睫毛の道化師』2006年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『Dancing Alone』2002年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『Oteage』1993年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『Red Face』2000年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『眠れる慈音』2000年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  
 


『踊る慈音』1994年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  
  

 

『NEGAI/開教の詩』1978年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  

「名も無き念仏の僧侶.」 http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 603020000/ 


『“Song&BowzuMan in NEW YORK”』2008年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『Bullfight』1998年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『母子』1994年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『遠い船を見つめて』1993年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  




『白の道化師』1997年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie  



『Bridge and clown』 Drawing By Fukashi Hojo :cassie 


橋の袂で見張り番 http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 803090002/ 

 

『他力回向』2005年 Drawing By Fukashi Hojo :cassie 




『野球人』(1980年作)BasicRecording

《弟 北條大慈に、そして全ての野球人に贈る》実弟:北條大慈の高校野球1983年頃

https://www.youtube.com/watch?v=kk9Fldr0ftU
DrawingCopyright © Cassie1983 ; JAPAN


『西へ』1995年 Drawing By Fukashi Hojo:cassie 
「西へ」(2003年) /歌詩 http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200806130002/

 
Wow!!!』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE2013
 

 
Dignity
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE 2013

 
Corner of Rome』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013

 
Taste of rock 'n' roll ; 転依/tenne』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


Man in a hat』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013 

 

Solomon R. Guggenheim Museum  
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


『Johann Sebastian Bach』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


 
『Nakaniwa no Ido:Well in the courtyard
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013

 
Window of Paris hotels』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


 
Clown and crescent 』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013 

 

親鸞聖人大谷本廟750回大遠忌記念:献歌コンサート「恩徳讃歌」
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-194.html
FUKASHI HOJO&CanoBand/北條不可思とカノバンド
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013



Brooklyn Bridge New York』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013



『Live in Chaos Town』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013



『jion's smile:慈音の微笑み』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013


 
Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech』
Drawing By Fukashi Hojo :Copyright(C)CASSIE  2013

 
悲しきギター弾き:Sad guitarman』
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013


 
Sleep~ Respect:Constantin Brâncuşi』
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013



Tears of mercy
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013






『横顔:Side face
Drawing By Fukashi Hojo :
Copyright(C)CASSIE  2013



『Stick Boy』 
DrawingCopyright © CASSIE  2015 ; Fukashi Hojo 





『Walk of a cow;牛の散歩』 
DrawingCopyright © CASSIE  2016 ; Fukashi Hojo 



『影の影』【Shadow on shadow】

詩・曲 北條不可思(2007年作)

#1 http://www.youtube.com/watch?v=FXRBhUNdwRg

#2http://www.youtube.com/watch?v=rXQCvArZ1nI

闇の道に宿る影  とても人の目には見えない

影の影に落ちる影 光をつつむ影法師(かげほうし)

右の手には金の杖  とても人の手には取れない

左の手には銀の華 無常の時を咲かしている

我あるが故にあなたがいるのか

 彼あるが故にわたしがあるのか

我無きが故にあなたがいないのか

 彼無きが故にわたしがないのか

闇の道に宿る影  とても人の目には見えない

影の影に落ちる影 光をつつむ影法師

 

出会いと別れに宿る影 とても人の目には見えない

善と悪に落ちる影 すべてを抱く影法師

右の手には金の杖  とても人の手には取れない

左の手には銀の華 無常の時を咲かしている

我あるが故にあなたがいるのか 

彼あるが故にわたしがあるのか

我無きが故にあなたがいないのか 

彼無きが故にわたしがないのか

闇の道に宿る影  とても人の目には見えない

影の影に落ちる影 光をつつむ影法師

copyright  2008 Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory
*北條不可思*FUKASHI HOJO:YouTube(amitahouse)
http://www.youtube.com/user/amitahouse
FUKASHI HOJO "photofilm" 【YouTube】
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-164.html
FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)

copyright  2008 Special JION Music

 RECORDING/レコーディング

愚螺牛ArtCollection#1★ 『Poetry in drawing/・図画の詩』

FUKASHIHOJO.COM/北條不可思・愚螺牛雑記
header750x100.jpg


Copyright(C)FUKASHI HOJO
Copyright(C)ShakuNanshi
Copyright(C)GURAGYU
Copyright(C)OfficeAmitaHouse

FUKASHIHOJO.COM

 Produced&Edited by Office Amitahouse


  1. 2008/05/18(日) 14:28:52|
  2. 未分類

-愚螺牛・徒然雑感記-【VOW VERSE PIC UP】 【Will sentence】2010- present

*愚螺牛・徒然雑感記*(Documentation:feel


【VOW VERSE PIC UP】 【Will sentence】
 
『Seriousness & Dignity/真剣と尊厳』2001年発表



-愚螺牛・徒然雑感記-
【VOW VERSE PIC UP】 【Will sentence】
FUKASHI HOJO SONGS(詩歌)
FUKASHI HOJO FILMS(映像)
 
※ 北條不可思は、2010年7月心原性脳梗塞(小脳と脳幹)となるが、九死に一生を得る。
翌2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

けして穏やかな日々とは参りませんが、この生活「おかげさまでありがとう」の中から、
阿弥陀如来(namo-amidabutsu)本願他力の
深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ
許しを頂きながら 詩歌を書き
歌い、そして語り続けている。

現在のテーマを
「真の誇り:驕りなき誇り」
をすすめて『混沌と真実《Chaos & ship》』 と定め、

独自の音楽表現活動を展開。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
-愚螺牛・徒然雑感記-
【VOW VERSE PIC UP】 【Will sentence】

※タイトルをクリック 
【2017年】 

June 5, 2017 『真似』 -愚螺牛・徒然雑感記-

May 29, 2017

『迷信・邪心・狂信・正信』 -愚螺牛・徒然雑感記-


May 15, 2017
『深淵の慟哭:ShinEn No Dohkoko』《BASIC take; Incomplete version》FUKASHI HOJO 北條不可思(2017年作) 

【2016年】 

December 15, 2016
『弥陀の佛の白き道』《HARD Version Basic Take;Incomplete》 lyrics and music by FUKASHI HOJO 

December 27, 2016

{SMAP}san、深謝!!!

・・・国民的アイドル スマップさん、解散とのこと。



BOB DYLAN 「2016 Nobel Prize

October 13, 2016  BOB DYLAN 「2016 Nobel Prize

October 12, 2016 Desert Trip2016;Roll on ROCKIN' Bob Dylan


August 6, 2016



広島原爆の日2016
『伝承詩歌;
Traditional TunePika Don/ピカドン』(2015年作)
+ 『航海の果てに/Walking to Pure Land』(1994年作)


July 29, 2016



『自由という名の肖像画』#1 Drawing By Fukashi Hojo :Copyright©CASSIE  2016

July 28, 2016

「障害者施設 殺傷事件そして、『Chaos with a ship:言の葉の呻きと叫び』悲劇の現場の施設は今日も動いてる。如何せん!!!」-愚螺牛・徒然雑感記-  

July 28, 2016


「障害者施設 殺傷事件そして、『風が葉を揺らす』」-愚螺牛・徒然雑感記-

July 27, 2016


「障害者施設 殺傷事件そして、『Children's voice』」-愚螺牛・徒然雑感記-

July 26, 2016


かなりや
:KANARIYA《童謡》・・・「障害者施設 殺傷事件」-愚螺牛・徒然雑感記-

July 25, 2016

Documentation Series 5 『listen and hear/聴聞』☆official edition《公開》

July 23, 2016

"海原の向こうの国の歌なれどご恩ご恩と人は鳴く" -愚螺牛・徒然雑感記-

July 22, 2016

🎼《自由という名の肖像画》 BASIC take 未完成; Incomplete version》(2016年作)



June 8, 2016

ザ・ビートルズ 来日50周年記念イベントのひとつが公演中止。



May 25, 2016

2016 バラク・オバマ氏・現職米国大統領としての広島訪問
・・・
 YOKOSO ARIGATO Mr. President. 



HIROSHIMA 1996年
 PhotographyCopyright © OdettaM 1996 JAPAN

July 11, 2016

『永 六輔様、心から深謝』-愚螺牛・徒然雑感記-


July 4, 2016

『心に慈慧の響きと平安を』 -愚螺牛・徒然雑感記-


July 3, 2016 (july.2.2016没)
『追悼;エリ・ヴィーゼル氏/
אליעזר "אלי" ויזֶל‎ תודה רבהMourning ,Elie Wiesel Thank you very much.』 -愚螺牛・徒然雑感記-




May 13, 2016

『さんだんのうた/讃佛偈意訳『仏説無量寿経』》~心の轍(2008年作) 《未編集;unedited version

May 8, 2016

BluesForBuddha Yugyu No Uta
Song & BowzuMan FUKASHI HOJO Selecting Tunes 2016



April 20, 2016

Sound and poetry ・・・Thanksgood lucky BOB DYLAN!!!2016.04.19 オーチャードホール

April 10, 2016

G7HIROSHIMA》…平和の架け橋となることを、心から願う!≫-愚螺牛・徒然雑感記-

April 3, 2016

『自由に生きる,自由を生きる』 -愚螺牛・徒然雑感記-


March 30, 2016

『命の尊厳に障害の有無は差別なく』 -愚螺牛・徒然雑感記-

March 16, 2016

『親鸞聖人が確信された悪人正機』 -愚螺牛・徒然雑感記-


March 6, 2016
和讃の時間:Time of 和讃/wasan pic up #7 
浄土和讃〔諸経和讃〕 親鸞聖人御作 / 信心(シンジン)よろこぶそのひとを・・・


February 26, 2016Hook of a words:言葉のフック/ 「自由」 ジョルジュ・ブラック》-愚螺牛-

February 23, 2016『漬物石』 -愚螺牛・徒然雑感記-


January 20, 2016

Walk of a cow;牛の散歩』 DrawingCopyright ©CASSIE2016Fukashi Hojo


January 15, 2016『人の気・・・』 *-愚螺牛・徒然雑感記-

January 13, 2016 オバマ米合衆国大統領、最後の年頭の一般教書演説、拝聴。

January 13, 2016『あの世でまた会いましょう』・・・? *-愚螺牛・徒然雑感記-

January 12, 2016  To David Bowie sama *-愚螺牛・徒然雑感記-

January 8, 2016「尊敬語」-愚螺牛・徒然雑感記-

January 6, 2016「本物と偽物 仮物 借物の違い」-愚螺牛・徒然雑感記-

January 3, 2016 北條不可思のキーワード2016年は、『深』。



December 31, 2015-2016《おかげさまでありがとう2015、よりよくあれ2016 北條不可思






【2015年】 

January 17, 2016『コップを空にする』-愚螺牛・徒然雑感記-

December 19, 2015 Documentation Series #5 listen and hear/聴聞」《限定公開》

December 13, 2015 
浅川 陽氏;Yoh Asakawa:ギタリスト再始動。1988年:京都女子大学学園祭参加以来、27年ぶり。

December 13, 2015
  Infinity Products 代表;木庭啓惟氏(ギター、リペア、リメイク、ビルドマイスター)

December 7, 2015  Gautama Buddha,JohnLennon December 8 2015

December 3, 2015     『いつか必ず帰る場所』(2000年作)《未編集;unedited version》 

November 25, 2015 「病も老いも・・・」-愚螺牛・徒然雑感記-

November 24, 2015 「眞実の命」-愚螺牛・徒然雑感記-


November 13, 2015
フォトドキュメント;秋の法要(開教記念)縁絆コンサート2015・野聖物語

October 27, 2015 

Lou Reed;ルー・リード・・・Thank you very much. New York fantasia poet.


September 19, 2015 安全保障関連法案成立に思いを馳せて!-愚螺牛・徒然雑感記-

August 29, 2015

《伝承詩歌;Traditional TunePika Don”》詩・曲 北條不可思

第二次世界大戦終結70年、広島・長崎被爆70年を機に作す。

 

August 28, 2015『童謡』の童は、里に立つと書く』 -愚螺牛・徒然雑感記-

August 20, 2015夏の全国高校野球大会100年の今年

August 16, 2015伝えると伝わるでは次元が違う。

August 14, 2015【お盆:夏安居geango によせて】-愚螺牛・徒然雑感記-


August 13, 2015 恩は、売るものではない。 だから、 感動も与えるものではない。

August 11, 2015 盂蘭盆を縁に-愚螺牛・徒然雑感記-

July 12, 2015 大病(小脳・脳幹梗塞2010年)より79日で4年を迎えました。

from Song & BowzuManFUKASHI HOJO

July 2, 2015『言論の自由』-愚螺牛・徒然雑感記-

June 30, 2015 非戦・悲戦・・・愚戦

June 21, 2015 『風が葉を揺らす』【Documentation Series memorial SONG

June 20, 2015 北條不可思 音楽アルバム作品集19932015

June 15, 2015 『まつりごと(政)に携わる方への願い』 

May 28, 2015『悲痛の念い;下関の施設知的障害者の通所施設の報に際して・・・』
 -愚螺牛・徒然雑感記-


 May 22, 2015『風が葉を揺らす』basic recording 《BASIC》/ 2015年作

May 10, 2015 絶望という泥中にこそ咲き実を成す、蓮[hachisu]の華

浜田省吾氏オリジナルCDアルバムが、18年ぶりのリリース直後一位とのニュース

東京首都圏都市開教;浄土真宗本願寺派(本山 西本願寺・京都/東京;築地本願寺)

April 29, 2015「MIDOsan;御堂さん」本願寺津村別院機関月刊誌600号寄稿

April 22, 2015 祝ポール・マッカートニー来日・・・一ひねり -愚螺牛・徒然雑感記-

March 28, 2015『明日ありと、想うこころの、仇桜、夜半に嵐の 、吹かぬものかは』

March 19, 2015「命より大切なものがあるか?」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 12, 2015 遺言

March 11, 2015「灯台もと暗し」

March 11, 2015「真剣と一生懸命」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 7, 2015「袈裟の巨塔」-愚螺牛・徒然雑感記-


March 3, 2015 「戦わず、歩みを進めること」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 5, 2015 「無我とは何ぞや?」-愚螺牛・徒然雑感記-

Love song

「オーディション

March 4, 2015 「悲しくて笑うときがある」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 2, 2015 「オーディション」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 1, 2015 「人生の転換期:分かれ道」-愚螺牛・徒然雑感記-

February 28, 2015 「人生を勝負だと語る人がいる」-愚螺牛・徒然雑感記-

February 27, 2015 「FUKASHI BLENDSelection of music by Odetta M 2015 February RELEASEfull album   -愚螺牛・徒然雑感記-

February 27, 2015 「FUKASHI BLENDSelection of music by Odetta M 2015 February RELEASEfull album   -愚螺牛・徒然雑感記-

2015-02-20「宗教的ー芸術的  表現」-愚螺牛・徒然雑感記-

February 15, 2015『産声』-愚螺牛・徒然雑感記-

February 14, 2015 親身は眞味であり深味-愚螺牛・徒然雑感記-

February 9, 2015親鸞聖人の非僧非俗の風格とは何ぞや?-愚螺牛・徒然雑感記-

January 31, 2015 『心の傷み』-愚螺牛・徒然雑感記 
http://blog.livedoor.jp/shakunanshi/archives/21760847.html

重く深く思うこと》2015 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-357.html


【2014年】

March 14, 2015「説教と講演のちがい」-愚螺牛・徒然雑感記-

March 14, 2015「生きる」-愚螺牛・徒然雑感記-

December 17, 2014 《お浄土参りの道中》
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=324091694458030&set=a.137913296409205.1073741877.100005716050907&type=1&theater

December 8, 2014KEEP ON ROLLIN`JOHN LENNON 《ジョン・レノン『イマジン』よりby愚螺牛》
November 9, 2014

親鸞聖人の和讃(奉献詩人) 


October 21, 2014Documentation Series #2「Keep On Walkin' 真実一路」《限定公開》
October 20, 2014Documentation Series #1「PRIDE&PROUDLY/誇りと驕り」《限定公開》
September 17, 2014『自問自答』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-09-05

“学問” -愚螺牛・徒然雑感記-

August 15, 2014
『航海の果てに :過ちを繰り返す 涙の河を超えて』(NEW YORK version

2014-07-01『寺離れ』-愚螺牛・徒然雑感記-
2014-06-28
やじを言い放った方、それを笑って見過ごした方。-愚螺牛・徒雑感記-


June 22, 2014「やじ」のこと -愚螺牛・徒然雑感記-
June 21, 2014"FEEL" cannot be bought . -愚螺牛・徒然雑感記-

2014-06-20
本願他力:他力本願

2014-06-15ワールドカップ2014

2014-06-05生きている意味を見つめ直す必要はない -愚螺牛・徒然雑感記-

2014-05-25 
2014-05-24  真実2014 -愚螺牛-

*******
2014-04-10 小保方氏記者会見のこと・・・―愚螺牛―

22014-03-25【念仏】愚螺牛 

014-03-10 
嘘・偽り・・・我が事として見れば、真実の真意が心に響く。―愚螺牛― 


NHKスペシャル~音を失った作曲家~佐村河内守
真実・・・親鸞聖人》
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200910050002/

*****

June 21, 2014おかげさまとは-愚螺牛・徒然雑感記-

June 20, 2014 
本願他力:他力本願

2014-03-08014-03-05『真意は深意』 ―愚螺牛― 
『peace to the Ukraine:ウクライナに平安を切に願う ―愚螺牛―  
2014-02-27 おかげさまでありがたく、もったいない。-愚螺牛・徒然雑感記-

2014-02-26
 幻の空 《unedited version》 北條不可思1995年作©Fukashi Hojo JAPON

2014-02-25 『無理をするなと言う人がいるが』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-02-24 
『深い慶び』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-02-17
「ディランとレノンの響
く影:Echoing shadow of Lennon and Dylan
2014-02-13 FUKASHIHOJO SONGS:北條不可思歌集
2014年02月10日
竹馬の友【小・中学と同窓】は、我がヒーロー《BOB DYLAN》と縁があった!ありがたく、うれしく不可思議な事だ』  -愚螺牛-
2014-02-08    《佐村河内守」のゴーストライター疑惑のこと》

2014-02-06   親鸞聖人-野聖物語-『Shinran-Shonin of my mind』:Japon 
2014-02-06
『ゴーストライター』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-02-05思い切る
2014-02-05  世間では、鬼はそと 福はうち

******

2014-01-31 大乗 浄土真宗本願寺派・西本願寺機関紙:2014年2月号「病に生きる;No1」寄稿
2014-01-30
STAP細胞・・・凄い。-愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-29 『予測に振り回されない原動力』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-28 『求道心:グドウシン』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-20 『愛』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-18 『深化:しんか』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-17 
『全てを越え、全てを超えた弥陀如来の慈悲の船に乗る』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-09 ボブ・ディランが春に来日公演-愚螺牛・徒然雑感記- 
2014-01-08
無為自然:mui jinenは本願他力-愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-04
ミンナ チガッテイル” -愚螺牛・徒然雑感記-
2014-01-02   
“余命は与命” -愚螺牛・徒然雑感記-       
                                          
【2013年】 

2013-12-29 疑蓋無雑(ぎがいむぞう)-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-12-26 ENBAN “縁絆” concert endlesstour 2013. フォトドキュメント
2013-12-24 真似  *-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-12-14 あやまちを くりかえす なみだの河を 超えて namo-amidabutsu
2013-12-10 
「種巻く人」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-12-09
「言論の自由」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-12-08
12月8日釈尊成道・ジョンレノン命日・真珠湾攻撃-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-12-05
魂は意志
2013-12-01
「芸術、工芸」-愚螺牛・徒然雑感記-

2013-12-01 「食欲、性欲、睡眠欲を御した超人的なひと」-愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu
2013-11-30  
「戦わず、歩みを進めること」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-28
「唯、問いを学びたかった」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-26 

《敬って離れる》



2013-11-25
「僧侶・医師は60歳から」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-24 「別れ道」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-22
「相対~絶対」-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-10
Woody Guthrie: ウディ・ガスリー徒然雑感記-
2013-11-07
事にあたっては -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-05
大病 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013.11.02
やさしさ-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-01
「坊さんのようなことを言う」 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-11-01
いじめのこと -愚螺牛・徒然雑感記-  
 
namo-amiodabutsu



2013.10.26
自我の耳・無為の聲-愚螺牛・徒然雑感記-
2013.10.25

2013-10-23
『Beyond The LINE/境界線の向こう側』 ©北條不可思;Japon2008
2013-10-22
おかげさまとは-愚螺牛・徒然雑感記-

2013-10-19
生きている意味を見つめ直す必要はない -愚螺牛・徒然雑感記-

2013-10-12 よせてはかえす浜の波:愚螺牛
2013-10-06

ENBAN “縁絆” concert endlesstour 2013 setlist演奏予定曲10月12日(土)午後5時開場


2013-10-05

ENBAN “縁絆” concert endlesstour 2013~おかげさまでありがとう~/Message From Song & BowzuMan


2013-10-04  自由に生きる。と、自由を生きる。 
2013-10-03  不景気で暇な時だからこそ-愚螺牛・徒然雑感記-
namo-amiodabutsu

2013-09-24 Message:FIKASHI HIJO/ShakuNenshi(メッセージ:北條不可思/釋難思)
2013-09-23 | 『灯の消える前に』 -愚螺牛・徒然雑感記-

2013-09-23 『偽・儚を詩う』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-09-19『彼岸』 -愚螺牛・徒然雑感記- 
2013-09-19 |「人生は勝負とは思えない」-愚螺牛・徒然雑感記-



2013-09-11

縁絆通信 ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS September , 2013 発信  FROM 【 北條不可思】

2013-09-09  『不起訴』 -愚螺牛・徒然雑感記-       
2013-09-07 縁絆通信 ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS September , 2013 発信
2013-09-01 『御布施#2+』 -愚螺牛・徒然雑感記-  
2013-09-01

『御布施#2』 -愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu


2013-09-23 | 
2013-08-31 『我慢・・・自我傲慢』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-08-26 『誇り・・・驕りなき誇り』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-08-22 『平和・・・敬って離れ遠ざかる』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-08-19 『・・・何かあるかもしれない・・・』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-08-18 和讃の時間:Time of 和讃/wasan
2013-08-15 非戦・愚戦・悲戦・・・離戦・・北條不可思:2013年8月15日

2013-08-12 『名も無き念仏の僧侶の物語:北條了介祥月命日』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-08-10 "Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996
2013-08-08 『野球人』(1980年作)BasicRecording 《弟 北條大慈に、そして全ての高校球児に贈る》
2013-08-06 故郷・広島に原爆が投下された日に・・・北條不可思:2013年8月6日 #2
2013-08-02 浄土真宗本願寺派;眞信山蓮向寺(相模原市南区当麻九坊院)
2013-08-02 ENBAN “縁絆・コンサート” concert endlesstour 2013. 日程決定2013年10月12日
namo-amiodabutsu

2013-07-14 「BUTAもおだてりゃ木に登る。・・・人は」-愚螺牛・徒然雑感記- 
2013-07-02 『命の尊厳#2』 -愚螺牛・徒然雑感記- 
namo-amiodabutsu

2013-06-27『果てしなき旅』/basic FUKASHI HOJO  北條不可思1999年作
2013-06-13寄り添う*-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-06-03「自殺」-愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu

2013-05-22無縁の大悲こそが肝要  -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-05-21尊く有り難い声-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-05-20大阪市長:橋下徹氏の発言について…-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-05-16 佛教に触れる一助-愚螺牛・徒然雑感記- 
2013-05-15 命の尊厳-愚螺牛・徒然雑感記-
2013-05-09FUKASHI HOJO 『Poetry in drawing/北條不可思・図画の詩』
2013-05-04 自信と余裕 -愚螺牛・徒然雑感記-
 
2013-05-01TO-BE(若人よ・・・飛べ) -愚螺牛・徒然雑感記-
namo-amiodabutsu



2013-04-24 RECORDING 2008-2012/レコーディング:作品制作 2008-2013 
2013-04-21夢の夢:Dream of Dreams/basic 北條不可思 1984年作
2013-04-15三國連太郎様・・・深謝 北條不可思
2013-04-14「聴聞・・・聞即信・・・真実信心の獲得 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-04-08 From Song&BowzuMan(釋尊降誕を御法縁に)
2013-04-02 親鸞聖人大谷本廟750回大遠忌記念:献歌コンサート「恩徳讃歌」2009年
namo-amiodabutsu


2013-03-30『言論の自由"Freedom of speech" 』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-03-29北條不可思CDアルバム14作目「flower&rain《NotForSale#2》」非売作品第2作制作中
2013-03-27 |『衣と鎧』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-03-13北條慈音(Color Poet) 座間県立座間養護学校高等部卒業[深謝]
2013-03-06『自由と施錠/Freedom and locking 』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-03-03"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996
 
namo-amiodabutsu

2013-02-21カーニバルと静寂:Carnival and silence//慈音とブランクージ
2013-02-21『苦悩が喜びとなる良き日に』 再録 BASIC北條不可思 1999年作
2013-02-14俳優 :ルイ・オザワ・チャンチェン/Actor: Louis Ozawa Changchien
photo Copyright © Odetta M 2013

2013-02-11Mumford & Sons(t-shirt)・・・「Thanks」

2013-02-11
「ディランとレノンの響く影:Echoing shadow of Lennon and Dylan」prose poem:FUKASHI HOJO

2013-02-04『往く力、還る力』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2013-02-04『人生の起承転結 [テンペスト]ボブ・ディラン氏』 -愚螺牛・徒然雑感記-
 
namo-amiodabutsu

2013-01-31ハリウッド俳優 ルイ・オザワ・チャンチェン 氏、ジャッキーさん来訪
2013-01-23『夢の風景画』basic recording 《BASIC》/ 1982年作
北條不可思:愚螺牛/法名:釋難思 2013年平成25年 迎春

【2012年】   
2012-12-30「Renewal japan:リニューアル ニッポン」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-12-21タウンニュース紙記事配信/2012年12月20日付
2012-12-20 理想を言いたければ  -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-12-11『航海の果てに/Walking to Pure Land』(NEW YORK version)
2012-12-05「信とは・・・」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-12-05「選ばれしもの」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-11-30深化・三昧・信頼-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-11-27「これこそがいいのだ」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-11-24親鸞聖人報恩講(2012年平成24年/蓮向寺)を終えて。
2012-11-22NOW:ただいま 《BASIC》/北條不可思作詩・作曲 2012年作 basic recording.
2012-11-01なりすまし・・・「道化師の涙」2010年発表 詩・曲北條不可思1981年作
namo-amiodabutsu

2012-10-21 『弥陀の慈悲』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-10-20 『本願念仏の者』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-10-19 『言論の自由』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-10-13 『自体満足;じたいまんぞく』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-10-07 『五濁悪世:ごじょくあくせ』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-10-01 ENBAN “縁絆” concert endlesstour 2013. 日程決定2013年10月12日
namo-amiodabutsu

2012-09-26 『すべてはここにある』《BASIC》/北條不可思 2012年作 Fukashi Hojo"Japan
2012-09-20 『星の始まりと終わり』-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-09-17 『絶望』-愚螺牛・徒然雑感記
2012-09-11 『bob dylan tempest』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-09-11 『悲しい花火-9.11.2001慈音の見た戦争』
2012-09-11 『恩の心』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-09-04 「ディランとレノンの響く影」prose poem:FUKASHI HOJO(北條不可思)
2012-09-01 『北條不可思:現在のテーマ「混沌と真実《Chaos & ship》 」』
namo-amiodabutsu

2012-08-31 FUKASHIHOJO SONGS:北條不可思歌集
2012-08-28 『人生の起承転結』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-08-24 北條不可思:CD album 通算16作目『混沌と真実(邦題)《Chaos with a ship》(英題)』
2012-08-24 《Chaos with a ship:言の葉の呻きと叫び》作詩作曲:北條不可思(2012年未発表)
2012-08-04 イキタヨ。北條慈音
2012-08-02 疑心の善人*-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-08-02 PRESS/MAGAZINE scrap 【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介】

namo-amiodabutsu




2012-07-18 いじめと差別-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-07-14 縁  -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-07-10 「小脳梗塞で倒れて2年」-愚螺牛/北條不可思・徒然雑感記-
2012-07-08 「もし、IF、・・・」-愚螺牛/北條不可思・徒然雑感記-
2012-07-04 信仰心  
2012-07-02 UEFA EURO 2012 (イタリア対スペイン)
namo-amiodabutsu




2012-06-19 生活のため(喰うため)-愚螺牛・徒然雑感記-#20120619
2012-06-18 帰命(帰依)-愚螺牛・徒然雑感記-#20120618
2012-06-04 『中道』 -愚螺牛・徒然雑感記-#20120604
2012-06-01『Respect;リスペクト』  -愚螺牛・徒然雑感記-#20120601

namo-amiodabutsu



2012-05-31 『命の尊厳#20120531』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-05-18 『僧侶:お坊さん』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-05-17 FUKASHI HOJO  CD album 通算15作目 『real fantasia:リアル・ファンタジア』制作開始
2012-05-16 『Double Vision 』(2011年作) "・・・他者をいたわる余裕なし・・・” hgfukiu
2012-05-05 Levon Helm :Respect and mourning
2012-05-05 アムネスティ 50周年記念作品 “TOAST TO FREEDOM”
2012-04-25 『人に生まれたること』 -愚螺牛・徒然雑感記-20120425#2
2012-04-19 real fantasia 本当の幻想曲 FUKASHI HOJO  CD album 通算15作目収録開始 2012-04-11 仏教に関心をもってもらいたい?  *-愚螺牛・徒然雑感記-*20120411#2
2012-04-08 「声なき声を超えたる声」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-04-08 西方吟遊詩人/讃釈尊誕生:2004年龍谷大学大宮学舎・本館講堂LIVE
2012-04-05 「似て非なるもの」-愚螺牛・徒然雑感記- 
2012-04-05  「殻を破る」-愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu




2012-03-23 諦める-愚螺牛・徒然雑感記-2012323

2012-03-18 フォトドキュメント:「野聖物語:恩徳讃歌2012」at RENKOJI Temple

2012-03-12 《野聖物語;恩徳讃歌2012/弾き語り法話コンサート演奏予定曲目》

2012-03-10 野聖物語【親鸞聖人】:東京 築地本願寺 2009年開催

2012-03-04 タフ:tough・・・-愚螺牛・徒然雑感記-

2012-02-28 『ほんもの』 -愚螺牛・徒然雑感記-

2012-02-22 『アムネスティとボブ・ディランがコラボ』 -愚螺牛・徒然雑感記-

2012-02-21 『健康』 -愚螺牛・徒然雑感記-

2012-02-07 『苦行』-愚螺牛・徒然雑感記

2012-01-26 bob dylan x AMNESTY INTERNATIONAL collaboratealbum

『お伺い』 -愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu

2012-01-20 『受け入れる・・・ということ』
2012-01-18 本願他力#2 -愚螺牛・徒然雑感記-
2012-01-05 「それみたことか」-愚螺牛・徒然雑感記-
2012-01-01 影は光です。-愚螺牛・徒然雑感記- 2012年01月01日

【2011年】
 
2011-12-19枯淡-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-12-04Real Fantasia de JION Music:慈音の詩;Odetta.M
namo-amiodabutsu

2011-11-10 『邪鬼の塊』 -愚螺牛・徒然雑感記- 
2011-11-06『卓越した才能』-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-11-04the most important song(北條不可思 代表曲)
namo-amiodabutsu
2011-10-19「名も知れぬ場所で」FUKASHI HOJO BASIC RECORDING(2011/10/18 )
2011-10-17北條不可思 記念音楽講演 2011年10月10日(長延寺・横浜)映像ustream
2011-10-13迷信、邪信、狂信を超えた信心を正信*-愚螺牛・徒然雑感記-*
2011-10-12運命と不思議  *-愚螺牛・徒然雑感記-*
2011-10-07北條不可思 記念音楽講演(法話)出向;長延寺様特別記念法要(横浜緑区)
2011-10-03北條不可思を代表する歌 Typical of Hojo's song   -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-10-02「真の誇り:驕りなき誇り」-愚螺牛・徒然雑感記-
namo-amiodabutsu

2011-09-30他者を可哀そうだと思う-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-09-29響流和讃=恩徳讃歌【親鸞聖人750大遠忌記念】北條不可思©FukashiHojo;Japon
2011-09-28航海の果てに(NEW YORK CANO BAND version)official2010:北條不可思
2011-09-26期待・希望の思い過ぎは、道を誤り迷い続ける -愚螺牛・徒然雑感記
2011-09-21影のおかげで、我がある。 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-09-18『浄土真宗で大切なこと』故 桐渓順忍和上【元 本願寺派勧学寮頭】
2011-09-14《そうじゃね;SOJANE》©北條不可思(2011年作)FukashiHojo JAPON
2011-09-13探究心・・・-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-09-09教育~共育~経育・・・響育-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-09-07遊牛の詩/北條不可思 1996年作(C)FUKASHI HOJO《「歎異抄」第三章を機縁に》
namo-amiodabutsu

2011-08-30「慈音君 “命きらめく”」タウンニュース9月1日号1面トップ記事掲載
2011-08-28『お経をあげる』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-28Beyond The LINE/境界線;死線の向こう側 :2008年広島平和;原爆資料館ホールにて発表©北條不可思"Japan"

2011-08-20「もしドラ」の初の舞台化 《PianissimoInformation》-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-18『しかたないの人生も、こんちきしょうの人生も・・・』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-18『頑張っているのに頑張れは言えない、・・・生き抜け』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-16病室が変わります。from 北條慈音 【縁絆通信:慈音続報 #4】
2011-08-15Alive the Live :生きています。 from 北條慈音 【縁絆通信:慈音続報 #3】
2011-08-11ENBAN/縁絆通信:慈音続報#2
2011-08-06『真実#3』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-03The first stage golden age of JION 1997
2011-08-01『苦行』-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-08-01『くやしさ』-愚螺牛・徒然雑感記-
namo-amiodabutsu 
 
2011-07-31『恩の心』-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-07-31慈音の詩;Real Fantasia de JION .
2011-07-29
 
ENBAN・縁絆 緊急報告とお知らせ《北條慈音(ほうじょうじおん)満16歳 緊急入院》

2011-07-21 北條不可思 昔日歌:思ひ出の墓場
2011-07-17 『他力』のこと -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-07-15 『弥陀の本願を信じ念仏まうす』もの・・・ -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-07-09 本願他力#2 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-07-09  今日で小脳梗塞で緊急入院して一年-愚螺牛・徒然雑感記- 

namo-amiodabutsu


2011-06-04 生活-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-06-03 ペテン師-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-06-01 ・・・人間(凡夫)だもの -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-05-29 『愚禿親鸞』西田幾多郎
2011-05-28 煩悩深きが故に・・・ ★-愚螺牛・徒然雑感記- ★

2011-05-26 日本国 情報錯乱・・-愚螺牛・徒然雑感記-

2011-05-08 ところで、総理夫人は?東日本超巨大地震(東北関東大震災)2011.3.11
2011-05-01 『見る・・・ということ』 -愚螺牛・徒然雑感記-

namo-amiodabutsu


2011-04-15 The Times They Are A-Changin':Bob Dylan 「時代は変わる:ボブ・ディラン」 

2011-04-11 
風評による差別する心根を持っているからこそ・・・*-愚螺牛・徒然雑感記-*
2011-04-09 あなたの悲しみが私の悲しみ・・・BluesForBuddha-大悲の詩- (C)北條不可思(2009)
2011-04-05 人は食らうのみの存在には非ず。・・・しかし -愚螺牛・徒然雑感記-

2011-04-04 終わりは始まり-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-04-03 春の甲子園 「東海大相模」優勝 おめでとう!!!   


namo-amiodabutsu




2011-03-31 今、差別が生まれる瞬間に立ち会っている。 北條大慈 -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-03-30 『本願他力/他力本願;親鸞聖人』
2011-03-28報告を受けている・・・-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-03-28 想定外・・・-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-03-23 高校野球;春の甲子園・・・みんながんばれ-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-03-21 名残はおしいけれど-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-03-20 フォトドキュメント:「野聖物語:恩徳讃歌2011
2011-03-12 東日本超巨大地震(東北関東大震災)2011.3.11 PM2:46
2011-03-05 『仏教を世渡り道具にする』 -愚螺牛・徒然雑感記-

2011-03-03 若き日のボブ・ディランのガールフレンド Suze Rotolo:スーズ・ロトロ 死去(67歳)
2011-02-25 明日は今日よりすばらしい?・・・-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-02-16 心は目口を超えてものを言う  *-愚螺牛・徒然雑感記-*

2011-02-15 
ボブ・ディラン、グラミー2011スペシャルゲスト; Grammy 2011 Bob Dylan《Special guest》
2011-02-11 無縁社会と無縁の大悲  -愚螺牛・徒然雑感記-
2011-02-09 佛教に触れる一助

namo-amiodabutsu 

 

2011-01-09 不可思議、縁、絆、-愚螺牛・徒然雑感記-
2011-01-08 ENBAN:縁絆/Friendship guesting
2011-01-01 FUKASHI HOJO “photofilm” 【YouTube】


【2010年】

2010-12-31 無休:求道のもの、得道のもの・・・歩道に休みなし。*-愚螺牛・徒然雑感記-*
2010-12-30photofilm 『轍を見つめて』『航海の果てに』『心の瞳』(2010年7月~8月、小脳梗塞で入院中に作詩作曲) 
2010-12-28 目は口ほどにものを言う  *-愚螺牛・徒然雑感記-*
2010-12-27 『BowzuManInNewYork』ありがとうニューヨーク
2010-12-22眞のやさしさ -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-22 我が感情を超えたるはたらき -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-21 心の瞳 (入院中に作詩作曲)
2010-12-20 真実#2 *愚螺牛・徒然雑感記*

2010-12-19 北條不可思:歌うお坊さんへの質問
2010-12-18名も無き念仏の僧侶
2010-12-17 「元気です」パリ公演へ意欲/タウンニュース2010年12月16日配信
2010-12-11 訣別の時:SONG for Louis Ozawa Changchien
2010-12-08 『難し』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-08 釋尊成道

2010-12-08 ジョン・レノン;JHON LENNON ・・・From Song&BowzuMan :北條不可思
2010-12-06 『深秋』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-04 『KEEP ON WALKING 』2010年Drawing By Fukashi Hojo
2010-12-03 “愚生之文 2004年 《大悲の聲は慈慧の響き》” 北條不可思(法名:釋難思)
2010-12-02 『心に詩;うたを』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-02 『しかたがない』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-02 偏見 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-01 『感得と獲得;ぎゃくとく』 -愚螺牛・徒然雑感記-
2010-12-01 『真に真面目で真っ正直の親鸞聖人』
2010-12-01 『心の旅の始まり』 -愚螺牛・徒然雑感記-

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

October 04, 2007
~溜め息と共にいずるやNAMO―AMIDABUTSU、ありがたき極み泥中に咲く西の華~ 北條不可思
header750x100.jpg 

 Produced&Edited by Office Amitahouse

  


  1. 2008/05/18(日) 14:26:18|
  2. 未分類

FUKASHIHOJO.COM/☆小樽仏教会広報紙「あ」署名原稿2008年4月

☆小樽仏教会広報紙「あ」署名原稿2008年4月 



「おかげさまでありがとう」


北條不可思/ほうじょうふかし

「恩」について思いを巡らせた時、佛陀の教えに帰依する僧侶である愚生においては、つきつめれば「仏恩(ぶっとん)」のほかはありません。
 もちろん、人間関係をより深める要素として「恩」を捉えることも出来ます。親子、夫婦、兄弟姉妹、師弟、友人、知人という間柄が良好であればプラスの方向に作用するけれども、愚かなことに、その関係性にズレが生ずると、「恩知らず」「恩着せがましい」といった反発する感情の種になることもあります。縁に応じては、反発が対立になり、決裂へと発展してしまうことにもなります。それが国と国との間に起きれば戦争です。
 仮に相手の行為に不足不満があっても、お互いに敬いの気持ちを持って理解したいと願い、相手の言葉を注意深く聞く姿勢を保てれば、結果的に共感を共有できなくても憎しみ合うことは回避できるかもしれません。とはいえ、そうそう聖人君子のように誰とも等しく一貫した態度を堅持できるでしょうか。少なくとも、愚生には出来ません。だからこそ、自らの心を仏さまの言の葉の命を頼りに歩むほかはないのです。
 愚生は、島影に夕陽の沈む瀬戸内に臨む浄土真宗本願寺派の寺院の長男に生まれ育ちました。幼い頃、本願寺派布教使の父は年の三分の二は布教で全国を歩いていました。留守を任された母も僧侶でした。五歳下の弟が誕生するまでは、母とふたりの留守番だったので、帰ってきた父が座卓に落ち着くひとときがとても好きでした。両親は寸暇を惜しんでご法義話に熱中するので、布教先での土産話もいつの間にか御法義話になります。そんな時に、ここぞとばかりに父の膝の上に陣取り、頭上で交される会話に聞き入っていました。やがて弟が生まれる頃には物心もつき始め、両親の話の内容もおぼろげながらもわかってきます。それは、人間として生まれたことの喜びよりむしろ悲しみとの出遇いでありました。
 よく憶えているのは、母が誰彼となく話していた妊娠中のエピソードです。生まれ来る我が子の骨を丈夫にしようと、ジャコをたくさん食べていたそうです。『オギャァ』と産声をあげる前から大切に思われていた証ですが、それは、命として母の身体に宿った時からすでに他の命をいただかなければ生きられない身であったことを知らしめています。もちろん、生き物である人間の動物的な側面から見ればごくごく自然なことですが、その当たり前なことが当たり前ではないことを知ったのです。現実は厳しいというけれど、命そのものがつきつけてくる厳しさは、社会的、道徳的な罪ではなく、他の命を喰らうという罪なくして維持することが出来ないという厳しさなのです。それが、ごまかしのきかぬありのままの我が姿です。それをあるがままに見つめ、歪めることなく向き合うよりほかはありません。とするならば、生まれてきたからこそ死があるという道理を受け入れなければなりません。愚生もまた、苦悩の源が、人間として生まれてきたことだったのかと、思いつめた日々がありました。その絶望を、人は早熟すぎるとか、青臭いと笑うかもしれません。しかし、誠に不可思議なことに仏さまは、「心配ない、大丈夫。必ず救う」と呼びかけて、この「私」をめあてに悲願をかけてくださっているのです。罪を罪として思えない「私」を救いとって下さる大慈悲心をいただき、その仏恩を報ずる姿が合掌の本当の意味だと教えられました。そして愚生においては、『すべての命よ おかげさまでありがとう』の一心で手を合わせるほかに、出来ることはないのだと思い知るに至りました。猫の目のように変わる心模様に惑わされてしまう「私」だからこそ、仏さまの声を聞くよりほかはありません。
 それはやがて、愚生の心に届く真実の声に耳を澄ませて、生きる力尽きるまで自分なりの歩調、自分なりの歩幅で廻る日々を歩いていきたいという願いになりました。そして、13歳の頃から熱中してきた音楽や、見よう見まねで始めた自作の詩曲作りが、愚生が聞かせていただいたことや教えていただいたことを表現し、メッセージしていくひとつの方法になるのではないかと思うようになりました。恩師の言葉や、法兄の激励に背中を押されて『歌うお坊さん』としての活動を始めました。現在では、様々な差異を越えて語りかける場として、『縁絆(えんばん)コンサート』の自主プロデュースというスタイルになりました。もちろん、何もかも上手くいくことなどありません。予想外なことに心乱れ、挫折の繰り返しです。それでも尚、人が作り出す価値を超えた真の意味を仏さまにたずねながら歩いていくだけです。
 ところが懲りもせず、その意味に価値を見い出そうとするところが人間の悲しい習性です。食事一つをとってみても、味の濃淡を問わず、品の多少を問わずと教えられているのに、味の濃淡を問い、品の多少を問うてしまうのです。ありのままにあるがままの心になれないのです。一度お説教を聞いたからなどと油断している場合ではありません。お坊さんなら迷いも間違いもないなんて思い込んだら最後、闇に落ちていることにさえ気がつけません。波が引いては返すように、何度でも仏意を訪ねることに極まれると先達が遺言された言葉に間違いはないとつくづく思います。
 人様に助言ができるような愚生ではありませんが、ご法事をお勤めされることの意味は、そこにあると思います。そして同時に、自分自身の命とつながっている人への「おかげさまで ありがとう」の気持ちを表す尊いご縁になると思います。 
 だからといって、亡き方を偲ぶ気持ちに定められた条件はありません。今生での別れに際してどのような思いを抱くかは予測が出来ないのですから。悲しみに沈むこともあれば、やるせなく暮らすこともあるでしょう。怒りに似た感情を燻らせる人もいるし、まったく何も感じられない人もおられるかもしれません。親が、連れ合いが、我が手に抱くことさえ叶わなかった子が命を終えなければならない現実に直面した時、言葉に尽くせない思いと向き合わざるを得ないことでしょう。仏さまは、そのいずれの在り方も大智の眼差しですべてを見通し、大慈悲心で包んでくださっています。愚生は、ご縁の方々のご仏事をご一緒にお勤めさせていただく度に、出会いと別れを超えた大いなる願いのご恩徳に遇わせていただいていると信じています。
 この拙文を結ぶにあたって、改めて見つめ直してみても、「恩」といえば、「仏恩」のほかありません。すべての命に生かされて生きている我が身を省みつつ、「おかげさまで ありがとう」の念いで我が人生を歩き抜いて参りたいと願うばかりです。

(浄土真宗本願寺派僧侶,シンガー・ソングライター)


※2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活の中から、阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い続けている。


をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。
恥かき小僧の子守歌Copyright ©  Special JION Music
おかげさまでありがとう /Copyright (C)GURAGYU/2004FUKASHI HOJO&CanoBand

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

野聖物語「我が心の親鸞聖人」開催

2009年5月16日

会場/東京・築地本願寺ブディストホール 入場無料 全席自由

『野聖物語』開催にあたって(「野聖物語」実行委員会)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE Song&BowzuMan

  1. 2008/05/18(日) 14:25:20|
  2. 未分類

「日本経済新聞」文 化 欄 署名原稿 2004年

「日本経済新聞」文 化 欄 署名原稿 2004年 

Copyright(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション/東京・築地本願寺講堂バックステージ 2007.12.15) 


「日本経済新聞」文 化 欄2004年(平成16年)5月10日(月曜日) 
朝刊 文化(欄) 36(面)

Blowin in the Wind(Bob Dylan)北條不可思 東京・築地本願寺ブディストホール

僧侶シンガー 海外ツアー 

ギター携え伝える縁と絆、NYでテロの悲しみを歌う

北條 不可思


  
私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお妨さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。
  今月二十三日にはニューヨーク本願寺で歌わせていただく。米国は五年ぶり。9・11テロ事件の悲しみを歌った「悲しみを乗り越えて」を披露する。ニューヨーク本願寺には広島で被曝した親鸞聖人像が立っており、広島県出身の私としては、命と平和の尊さを訴えられればと念じている。

   ▽ ▽ ▽
  布教使の父の姿追う

【名も無き念仏の僧侶】 http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 603020000/

  私が現在のスタイルに至るにはいくつかの影響がある。一つには、僧侶で本願寺派布教使であった父の姿だ。父は御法話の講師として全国を歩き、一年の三分の二は自坊を空けていた。寺に戻れば汗だくで人々の前に立ち、ひたすらに真実を伝えたいという願いに突き動かされている後ろ姿は、幼い私には格好よくて憧れの存在だった。
  中学一年で知ったボブ・ディランやジョン・レノンというアーティストから注ぎ込まれたスピリットも大きい。当時ギターは高価な買い物で、小さな貧乏寺には大変な出費だったが、父はいただいた御法礼で十二弦のギターを買ってくれた。その日からひたすら我流でギターを弾いている。既成の曲でなく自分の歌を作り弾くのである。 
  私は何を表現しているのか。私は問いかけたいのだ。「私はこう受け止めます。あなたはどうですか?」と。自作の曲で世の中とコミュニケーションしたいのだ。 
  世に生きることは個の作業であるが、他とのかかわりを断ち切れない。断ち切ったら大変不自然なことに感じられる。なぜなら、命は他の命によって生みだされ、育まれているからだ。そこにコミュニケートすることへの欲求が生じる。

  ▽ ▽ ▽
  息子が脳性マヒに

  東京の仏教学校に通い二十歳で得度した。三歳から志していたお妨さんになったが、音楽活動もしたいという気持ちが業のように募った。僧侶の身で障りはないか。その悩みに答えてくれたのが、東京仏教学院(東京・築地本願寺内)の恩師、林水月和上だった。
  「親鸞聖人のご生涯を思えば、そんな悩みは小さい。真実信心をしっかりと聞いて精一杯に表現なさい」という師の言葉は、テレビ神奈川からいただいた15分のレギューラーコーナーを引き受ける後押しとなっただけでなく、「表現する」ことの意味を常に私に問い続ける重みがある。
  これまでに九十曲ほど作曲、CDも出した。コンサートではこの中から十五ないし二十曲を選んで歌う。音楽活動を通じ、俳優の三国達太郎さんをはじめいろいろな方々と出会う縁ができた。
  父は一九七八年、都市開教専従員という任を本山から拝命し、神奈川県相模原市に越してきた。私の十七歳の時だった。九三年に呉にあった寺を相模原に公式移転した。私は結婚したが、九四年に生まれた息子の慈音(じおん)が、重度の脳性マヒと診断された。
  息子を見ていると一息一息、一生懸命生きている。「世の中に役に立つからすばらしいのではない。何かをできようとできまいと、命そのものが尊い」と体全体でメッセージを突きつけてくる。
  私は音楽を断念しようとしたが、妻は「慈音が大きくなって自分のせいで父親が音楽をやめたと知ったら傷つく。やめないで」と言った。その時に浮かんだ言葉が絆(きずな)で、息子とのご縁を歌にしていこうと決心した。



   ▽ ▽ ▽
  大悲の願いを胸に



 こうして妻と息子と三人で九六年から、「縁絆(えんばん)コンサート」と名付けたツアーを始めた。表現の揚は、障害を持つ息子と世の中をつなぐかもしれないと考えた。偶然に出会った縁を共々に歩いていく絆として深められれば、とも。息子には、自らの五感で時代に吹く風を感じてもらいたい。
  九九年からは縁絆コンサートを大阪でも開催。二〇〇二年八月には広島の原爆資料館メモリアルホールで開いた。この時は、前年の米同時テロに触発されて作った私の新曲と、テレビでビルが崩れ落ちるのを見た慈音が足の指に絵筆をはさんで描いた「悲しい花火」という絵を展示した。
  米国には九九年に初めて行った。今回、三度日の米国ツアーとなるが、同時テロが起きた後、早く行きたいと思っていたので、思いがかなってうれしい。毎日、何かの命を喰ろうて生きている愚かしい自分だが、生きとし生けるものすべてにかけられた阿弥陀仏の大悲の願いを胸に精一杯に表現したいと念願している。

(ほうじょう・ふかし=音楽家蓮向寺住職) 


※2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活の中から、阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い続けている。


facebook.com/fukashi.hojo
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

フォトドキュメントリスト/PhotoDocumentaryList

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
 FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE

PRESS/MAGAZINE scrap(掲載」記事)

をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

航海の果てに(NEW YORK CANO BAND version)

 悲しみを乗り越えて:NO MORE SEPTEMBER11

 Blowin in the Wind(BOB DYLAN)~涙の河を超えて~(日本語詩・北條不可思)

This Land Is Your Land:Woody Guthrie (美しき我が故郷:日本語詩・北條不可思)

  1. 2008/05/18(日) 14:24:19|
  2. 未分類

PRESS/MAGAZINE scrap 【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介】


    June, 2004 (撮影・田中夕介氏/産経新聞記者)


日本仏教・浄土門:浄土真宗本願寺派、無位無官・在野の僧侶の活動を基本とし、1981年から音楽を通してメッセージ活動を始動。
特に再起を決意した1996年以降 《「日本経済新聞」文 化 欄 署名原稿 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-253.html》
"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開し、 分限・分際の自覚から、商業音楽・芸能・出版業界,政治・社会運動等とは一定の距離を保ち、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、その活動を続けている。
 【おもなメディアでの署名原稿、インタビュ-、活動紹介】

「NHKニュ-ス短編特集」<横浜放送局制作> 「本願寺新報」「中外日報」「毎日新聞・ひと欄」
「産経新聞・特集欄」/「朝日新聞・京都版」/「読売新聞・相模版」/『Jドキュメント・詩う生草坊主』60分(スカイパーフェクトTV)、『スーパーモーニング』(テレビ朝日)/『Live Five』(KBS京都)『WINGSPAN』(全日空機内誌国際線版)、『週刊女性』(主婦と生活社)、『女性自身』(光文社)シリーズ人間、『総特集ジョン・レノン』(河出書房新社)/『中国新聞(広島)・特集欄』/RCC中国放送(広島)ニュ-ス特集/「日本経済新聞」 ・文化面署名原稿寄稿(全国版)/ タウンニュース(地元紙) 他で 活動紹介されている。

PRESS/MAGAZINE scrap(掲載記事)

(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/fukashi.hojo

※2010年7月小脳梗塞となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活の中から、阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い、そして語り続けている。


《Please click》
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介】

現在までに、様々なメディアにおいて、取材者の誠に誠実な文章や映像をもって、愚生の活動を紹介していただております。
音楽表現活動を進めていくにあたって、言葉に尽くせぬ励みを頂いております。
活動を開始した当時は、宗教を問わず国内では、余興的なものを除き、
僧侶の立場で一般社会にシリアスなテーマをメッセージする方は少なかったと記憶しています。
 
現在においても困難な状況は変わっていませんが、言の葉に命を宿すと信じていく限り、詩曲に願いを込めて、歩み抜きたいと肝に銘じております


北條不可思:愚螺牛(法名;釋難思)
―Fukashi GURAGY Hojo ShakuNanshi―
 

北條不可思代表作
遊牛の詩 Copyright ©  Special JION Music

航海の果てに Copyright ©  Special JION Music 

影の影 Copyright ©  Special JION Music

FUKASHI HOJO&CanoBand
 



 Copyright (C) RUDI VAN STARREX  AUSTRALIA  ( ANA All Nippon Airways Magazine)
(全日空機内誌/国際線版:WINGSPAN
)https://www.ana.co.jp/mediastation/wingspan/1504/ September2000 No.375 



文藝別冊 総特集 ジョン・レノン 河出書房新社 2000年10月9日発行
Aya separate volume Total feature "John Lennon"
Kawaide Shobo Shinsha Issue on October 9, 2000

《Please click》
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASI ... ollobob-22
《Please click》
http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumejohn.html
《SPECIAL》 『Thanks THE PLAZA HOTEL new york』↓
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/20060317/ 


 
月刊誌『MODO San :http://www.midosan.jp/』大阪・本願寺津村別院発行) 随想 「歌と平和」2002年2月1日
MIDOSAN/Occasional thoughts“Song and peace” February1, 2002 

 
 シリーズ人間:女性自身 光文社 平成13年3月20日号 
 
お経ではなく歌でメッセージを伝える“ボブ・ディラン坊主”こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 《本誌リードより》





BOSS 月刊ボス2005年3月号 




毎日新聞 全国版 「ひと」1994年7月8日
Mainichi Shimbun/Nationwide version July 8, 1994 


中国新聞(広島)「洗心」 2002年2月26日(取材・論説委員 岩崎 誠氏)
Chugoku Shinbun/SENSHIN February 26, 2002 

 
中国新聞(広島)2002年9月1日

 

本願寺新報1996年8月20日 一面トップ 蓮如上人500回遠忌関連
hongwanjijournal august 20, 1996




中外日報/1998年10月31日 Chugainippoh October 31, 1998 



読売新聞・相模版/The Yomiuri Shimbun Sagami version 
1993年秋
土ひと握り、板一枚ない中、有縁者と共に眞信山蓮向寺/蓮向寺教会(AmitaHouseBuddhistChurch)

本堂建立。 (眞信山蓮向寺/神奈川県相模原市当麻九坊院)
  


産経新聞・全国版/2002年9月1日
The Sankei Shimbun nationwide version September 1, 2002
 


読売新聞 「かるちゃあ かるちゃあ」1994年1月14日
The Yomiuri Shimbun January 14, 1994 




産経新聞 夕刊/ 2000年11月29日
The Sankei Shimbun evening newspaper November 29, 2000
***本取材で、仏教精神を「オンリー・ワン」と英語的表現。その3年後、アイドルグループが日本中で歌っているのを見るにつけ、作者、歌手に特別な意識は無かったとは思うが、心から有り難く思った*** f.hojo 





読売新聞 2002年11月26日
The Yomiuri Shimbun November 26, 2002 



朝日新聞 京都版/2004年2月27日
Asahi Shimbun Kyoto version February 27, 2004
***浄土真宗本願寺派・宗学院別科の一年間の聴講を終え、宗学院別科三部作と名付けた「Blues for Buddha―大悲の詩―」「おかげさまで ありがとう」「茜雲~生まれ往く者へ~」の3曲の詩曲を書く。紙面で「Blues for Buddha―大悲の詩―」の歌詩を掲載して頂けた事に、心より深謝申し上げたい。*** f.hojo 

浄土真宗本願寺派
宗学院 (浄土真宗本願寺派勧学寮内・京都)別科受講修了

【安心論題御講師:本願寺派勧学 内藤智康和上】
 親鸞聖人750回大遠忌メッセージイベント
野聖物語「我が心の親鸞聖人」
東京・築地本願寺ブディストホール2009年5月16日 
 
《呈上作品》
『おかげさまでありがとう』《西本願寺・宗学院別科三部作》:詩曲© 北條不可思(築地本願寺/2009);Japon   
YouTube/http://www.youtube.com/watch?v=33QcRTd2Sls&feature=related

【三経七祖御講師:本願寺派司教 大田利生和上】
 親鸞聖人750回大遠忌メッセージイベント
野聖物語「我が心の親鸞聖人」
東京・築地本願寺ブディストホール2009年5月16日 

《呈上作品》
『BluesForBuddha』
 
-大悲の詩-《西本願寺・宗学院別科三部作》 :詩曲 ©北條不可思;Japon(築地本願寺/2009)
YouTube/http://www.youtube.com/watch?v=3GwESPz964k&feature=related



【佛教概論御講師:本願寺派勧学 淺田恵真(正博)和上】
 親鸞聖人750回大遠忌メッセージイベント
野聖物語「我が心の親鸞聖人」
東京・築地本願寺ブディストホール2009年5月16日

《呈上作品》   
 『茜雲』~生まれ往く者へ~ 《西本願寺・宗学院別科三部作》:詩曲 ©北條不可思;Japon (築地本願寺/2009) 
YouTube/http://www.youtube.com/watch?v=_SPm3CDDnOA
BluesForBuddha-大悲の詩-Copyright ©  Special JION Music
大悲の詩
野聖物語 東京・築地本願寺ブディストホール2009年5月16日
YahijiriMonogatari at TsukijiHongwanji Tokyo JAPAN .May 16,2009



産経新聞 全国版社会面 2004年3月6日
The Sankei Shimbun nationwide version social column March 6, 2004
縁絆コンサート2004京都公演(龍谷大学大宮学舎本館講堂) 


日本経済新聞 署名原稿 全国版 2004年 5月10日
Nihon Keizai Shimbun signature manuscript nationwide version May 10, 2004

“航海の果てに/英語訳バージョン ”/Verse and Sentence by FUKASHI HOJO

 PHOTO べサック ニューヨーク 2004

『BowzuManInNewYork』

ありがとうニューヨーク

PHOTOニューヨーク国連本部

僧侶シンガー 海外ツアー 

ギター携え伝える縁と絆、NYでテロの悲しみを歌う

北條 不可思



  私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお妨さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。
  今月二十三日にはニューヨーク本願寺で歌わせていただく。米国は五年ぶり。9・11テロ事件の悲しみを歌った「悲しみを乗り越えて」を披露する。ニューヨーク本願寺には広島で被曝した親鸞聖人像が立っており、広島県出身の私としては、命と平和の尊さを訴えられればと念じている。

   ▽ ▽ ▽
  布教使の父の姿追う【名も無き念仏の僧侶】

  私が現在のスタイルに至るにはいくつかの影響がある。一つには、僧侶で本願寺派布教使であった父の姿だ。父は御法話の講師として全国を歩き、一年の三分の二は自坊を空けていた。寺に戻れば汗だくで人々の前に立ち、ひたすらに真実を伝えたいという願いに突き動かされている後ろ姿は、幼い私には格好よくて憧れの存在だった。
  中学一年で知ったボブ・ディランやジョン・レノンというアーティストから注ぎ込まれたスピリットも大きい。当時ギターは高価な買い物で、小さな貧乏寺には大変な出費だったが、父はいただいた御法礼で十二弦のギターを買ってくれた。その日からひたすら我流でギターを弾いている。既成の曲でなく自分の歌を作り弾くのである。 
  私は何を表現しているのか。私は問いかけたいのだ。「私はこう受け止めます。あなたはどうですか?」と。自作の曲で世の中とコミュニケーションしたいのだ。 
  世に生きることは個の作業であるが、他とのかかわりを断ち切れない。断ち切ったら大変不自然なことに感じられる。なぜなら、命は他の命によって生みだされ、育まれているからだ。そこにコミュニケートすることへの欲求が生じる。

  ▽ ▽ ▽
  息子が脳性マヒに

  東京の仏教学校に通い二十歳で得度した。三歳から志していたお妨さんになったが、音楽活動もしたいという気持ちが業のように募った。僧侶の身で障りはないか。その悩みに答えてくれたのが、東京仏教学院(東京・築地本願寺内)の恩師、林水月和上だった。
  「親鸞聖人のご生涯を思えば、そんな悩みは小さい。真実信心をしっかりと聞いて精一杯に表現なさい」という師の言葉は、テレビ神奈川からいただいた15分のレギューラーコーナーを引き受ける後押しとなっただけでなく、「表現する」ことの意味を常に私に問い続ける重みがある。
  これまでに九十曲ほど作曲、CDも出した。コンサートではこの中から十五ないし二十曲を選んで歌う。音楽活動を通じ、俳優の三国達太郎さんをはじめいろいろな方々と出会う縁ができた。
  父は一九七八年、都市開教専従員という任を本山から拝命し、神奈川県相模原市に越してきた。私の十七歳の時だった。九三年に呉にあった寺を相模原に公式移転した。私は結婚したが、九四年に生まれた息子の慈音(じおん)が、重度の脳性マヒと診断された。
  息子を見ていると一息一息、一生懸命生きている。「世の中に役に立つからすばらしいのではない。何かをできようとできまいと、命そのものが尊い」と体全体でメッセージを突きつけてくる。
  私は音楽を断念しようとしたが、妻は「慈音が大きくなって自分のせいで父親が音楽をやめたと知ったら傷つく。やめないで」と言った。その時に浮かんだ言葉が絆(きずな)で、息子とのご縁を歌にしていこうと決心した。

 



  ▽ ▽ ▽
  大悲の願いを胸に


こうして妻と息子と三人で九六年から、「縁絆(えんばん)コンサート」と名付けたツアーを始めた。表現の揚は、障害を持つ息子と世の中をつなぐかもしれないと考えた。偶然に出会った縁を共々に歩いていく絆として深められれば、とも。息子には、自らの五感で時代に吹く風を感じてもらいたい。
  九九年からは縁絆コンサートを大阪でも開催。二〇〇二年八月には広島の原爆資料館メモリアルホールで開いた。この時は、前年の米同時テロに触発されて作った私の新曲と、テレビでビルが崩れ落ちるのを見た慈音が足の指に絵筆をはさんで描いた「悲しい花火」という絵を展示した。
  米国には九九年に初めて行った。今回、三度日の米国ツアーとなるが、同時テロが起きた後、早く行きたいと思っていたので、思いがかなってうれしい。毎日、何かの命を喰ろうて生きている愚かしい自分だが、生きとし生けるものすべてにかけられた阿弥陀仏の大悲の願いを胸に精一杯に表現したいと念願している。

(ほうじょう・ふかし=音楽家 蓮向寺住職) 

悲しみを乗り越えて/Copyright (C)Special JION Music

 





産経新聞 全国版 特集「わたし流」 2004年6月10日 (取材・田中夕介氏)
The Sankei Shimbun nationwide version feature  




読売新聞 2005年1月1日特集「親と子」
 

pohto from YOMIURI SHIMBUN official:2005
写真/読売新聞オフィシャルフォト:2005年

 The Yomiuri Shimbun feature "Parents and child"(取材・木田滋夫氏)
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200605020000/



遊牛の詩Copyright ©  Special JION Music 1996



生草医者のひとりごと おちこぼれ公衆衛生医のエッセー  

草医者のひとりごと』2006年5月初版発行 

 
深友 福永一郎 氏;医学博士 御著書に寄稿






本願寺新報 みんなの法話
hongwanjijournal signature manuscript March 01, 2008
 BluesForBuddha-大悲の詩-Copyright ©  Special JION Music

中外日報/2008年10月30日 Chugainippoh October 30, 2008
***愚生が帰属させていただいている宗門の転機と,同紙面の記事掲載には
不思議なる縁を感じた***-F.HOJO-

タウンニュース(神奈川県) 2009年5月 
TOWN NEWS(Sagamihara City KANAGAWA Ken)
野聖物語/Yahijiri Monogatari Copyright ©  Special JION Music
hongwanjishinpo-3000-yahijiri.jpg 
本願寺新報(3000号記念)2009年6月10日
 hongwanjijournal signature manuscript June 10, 2009




大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年2月号「病に生きる;No1/3」寄稿
大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年2月号

病に生きる;No1/3」寄稿http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-150.html
 






大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年3月号「病に生きる;No2/3」寄稿
 大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌
:2014年3月号

病に生きる;No2/3」寄稿
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-149.html





 

大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年4月号「病に生きる;No3/3」寄稿


こ大乗《浄土真宗本願寺派・西本願寺機関誌:2014年4月号 
病に生きる;No3/3]寄稿 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry148.html 


「御堂さん」西本願寺津村別院月刊誌 2014年10月号

大阪・本願寺津村別院発行)  「我が子と共に歩んだ二十年」2014年10月号 
MIDOSAN/20 years followed with my child ” October, 2014 



わが子とともに二十年

                         北條 里恵:ほうじょう さとえ

 わが子との歩みは、二十一時間を超える難産から始まりました。名づけた名前は「阿弥陀さまのお慈悲の声」を意味する慈音(じおん)―。しかし、現実は、わが子が私に挑戦状をたたき付けているような「戦い」の連続でした。

生存のすべてを担う

育児書通りに行くことはありません。寝ないし、食べないし、動きません。六カ月検診で「少し発育が遅れている」と言われ、「育て方が悪い」と指摘されたこともあります。私は「ごめんね、慈音くん、こんな私が母親で…」と挫けるばかりでした。

 一年が過ぎた頃、「脳性マヒ」の診断が下りました。障害が判明することと、状況が改善されることは別物です。三歳を越えるまでは睡眠障害が続き、二、三時間ひたすら、朦朧としながらも泣き続ける慈音を、抱き続けるしかありませんでした。

 それでも、少しずつ障害の実相のようなものがわかるようになってきました。「寝ない」のではなく「寝られない」、「食べない」のではなく「食べられない」という現実を、慈音は生きるしかないのです。「その現実を、共に引き受けよう」。それが、母親として、私の唯一の覚悟でした。介助者として、食事も、睡眠も、トイレ・お風呂まで、つねに一緒。慈音の生存に関わるすべてを担いました。でも、その日常がお互いを深く理解する時間でもありました。

慈音は、重度の脳性マヒアテトーゼ型で、一つの姿勢でいることが一番の苦手なんです。だから、イスに座って食事をすることがとてつもない苦痛を伴います。だから、後ろから抱きかかえて座り、食べさていました。目と目を合わせる事は出来ませんが、一緒にテレビを観ながら「対話」をします。慈音の趣味嗜好は、アニメ、お笑い、特撮モノ、サスペンスに古代文明……と、結構多岐に渡り、身体的にはキツイけど、とても楽しい食事時間でした。慈音は、足の動きが一番良くて、たくさんのサインを考案したり、文字盤を使ったりして、ウイットに富んだ「発言」をします。

慈音が大きくなってくると、「このシーンで、こいつ(私のこと)は泣くゾ!」というのが分かって、足でティッシュをつまみ、ピッと取って、渡してくれるんです。私は「悪いね」って言って、涙を拭き、鼻水を咬むんです。なんか、すごく幸せですよね。

全介助を引き受けているからといって、すべての時間を慈音にだけ奉げるというわけにはいきません。彼は彼なりに不本意だったり、不満足であったりしても譲歩しなければならないこともたくさんあったと思います。でも、積み重ねた時間が、共に暮らし、互いに認め合い、許し合い受け入れるということを可能にしてくれたと思います。

医療ケアが必須条件

ところが、そういう状態でなくなったのが、三年前の心肺停止からでした。

慈音が高校二年の夏のこと、食べ物が詰まり、呼吸が停まりました。「周りは真っ青になり動転しても、本人は一瞬、フッとなってそれ以上の苦しみはなかった」って、後日、長年診てもらってきたドクターが慰めてくれました。

大学病院に入院した二ヶ月間で人工呼吸器がはずれ、気道の確保のために気管切開をしました。その後、在宅での医療ケアを転院先の病院に母子で三週間弱泊まり込み、超特急で教えていただきました。 

あの三ヶ月間は本当に奇妙な時間でした。「いのち助かってよかったね、慈音くん、やっぱり強いねぇ」と喜んでくださる周囲の声とは裏腹に、私には慈音の失くしたものの大きさがショックでしたし、それ以上の何かがありました。

それまでは「慈音の生存のすべてを担っている」という母親の自我が、まったく役に立たないと思い知らされました。それまで縁遠かった医療ケアが、慈音の生存の必須条件になり、私はなんの手出しも出来ませんでした。見ず知らずの看護師さんが手際よく慈音に必要なことを片付けていく様は衝撃でした。母であっても無力って現実を認めるのは辛かったです。

二十四時間の医療が確約されている病院を離れ、自宅での日常を確立するまでは、本当に難儀の連続でした。
血中酸素濃度と心拍数をモニタリングしているのですが、排痰マッサージが間に合わずに警告音、筋肉の硬直が強まりすぎて警告音、遥か彼方の海上に台風が発生しても警告音が鳴りました。モニターの数字を頼りに酸素の流量を調節しながら、「私、素人なんだけど…」とつぶやいていました。栄養剤の注入は日に三回ですが、気管や鼻腔からの吸引は頻回で昼夜を問いません。洗面、洗顔、洗髪、清拭、体位交換などもすべて床上で行いますし、これで熱が出たり、関節が腫れたりすれば、、ほぼ二十四時間ベッドサイドにへばりつきでした。

余裕が生まれた頃

帰宅当初から慈音の在宅医療ケアを支えてくれている訪問医療スタッフの存在なくして、慈音の命の継続はなかったと思います。神経も体力も消耗する日々を、それぞれの専門性を通して助けて下さいました。我が家には、ドクターやナースだけでなく、歯医者さんやリハビリも視野入れたマッサージの先生、薬を配達してくれる薬剤師さんが来てくれます。恵まれた体制を得られたことが、慈音のみならず家族みんなの心身の安定につながっていると思います。

今では気管切開術で開いた喉の穴に装着するカニューレという器具の交換や、経鼻栄養のチューブの交換もひとりで出来るようになりました。チューブは、鼻の穴から胃まで五十七㎝挿入します。

そんな余裕が生まれたところで、私は病気になりました。

慈音の受診で伺った外来で「お母さん病院行ってね」って言われたけれど、まだ大丈夫だって思っていたんです。でも、結局はケアが至らず慈音が肺炎を起こしかけてしまい、自分が限界を越えていると知らされました。今年の四月に浮腫みと貧血で受診して、深部静脈血栓、肺塞栓症、子宮筋腫と診断されました。今は真面目に薬も飲んで、日常に支障はありません。

思い返せば凄まじい日々でしたが、すべてを喪失したような慈音のなかに、微かに、でも確かに宿っている本質を見出しながら暮らしてきたように感じます。慈音が三、四歳の頃、保育園のお誕生会で「お子さんのいいところは?」と訊ねられて、「生まれてきてくれたことです」と答え、先生が拍手してくれたのを覚えていますが、あの時の気持ちは、今も変わりはありません。この十月、慈音は満二十歳になります。おかげさまですね、本当に。(談)

北條里恵プロフィール;ほうじょうさとえ 1963122日、東京都杉並区生まれ。
和光大学人文学部人間関係学科卒業。
199339日、蓮向寺住職・音楽家 北條不可思と結婚。翌年1018日、慈音誕生。蓮向寺坊守。





北條 不可思は、浄土真宗本願寺派の浄土真宗本願寺派の無位無官・在野の僧侶としての活動を基としつつ"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開し、商業音楽・芸能・出版業界,政治・社会運動等とは一定の距離と分限を保ちつつ、その活動を続けている

音楽(北條不可思においての音楽)

***

音楽は何かを開放する。

そして

何かを縛る。

***

お経を除いて

13歳の春(1974年)に出遭った

音楽は
絶対の心の立脚地とはならないが、

現在においても

愚生にとって

娯楽以上のものである

愚螺牛


北條不可思/活動略歴 →
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602090000/


PRESS/掲載新聞 ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 703110000/


PHOTOGRAPH  collection 【フォトグラフ】 ↓
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-245.html
 
header750x100.jpg
音楽表現活動を進めていくにあたって、言葉に尽くせぬ励みを頂いております。

活動を開始した当時は、宗教を問わず国内では、余興的なものを除き、
僧侶の立場で一般社会にシリアスなテーマをメッセージする方は少なかったと記憶しています。
 
現在においても困難な状況は変わっていませんが、言の葉に命を宿すと信じていく限り、詩曲に願いを込めて、歩み抜きたいと肝に銘じております。―愚螺牛―
 

  1. 2008/05/18(日) 14:23:10|
  2. 未分類

北條不可思:築地本願寺∮東京ボーズコレクション参加(2007年)

北條不可思

東京ボーズコレクション参加 (2007年)

FUKASHI HOJO songs on YouTube

 
Copyright(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15)

 

当日、愚生の着けた法衣は、洋装の法衣 


 
戦争中

この法衣を着け

各宗派の僧侶が

銃器を携帯し従軍したそうだ。


愚生は、銃器ではなく、ギターを抱え

「命の尊厳」「心の平安」

「真の縁と絆」
 
「己の意思とビジョン」

「驕りなき誇り」をテーマに

非戦(悲戦)の深意を

詩曲に込めて 

歌い語るという尊きご縁を頂き

深謝のおもい

言葉に尽くせない
 
NAMO―AMIDABUTSU

―北條不可思― 

Blowin in the Wind(Bob Dylan)北條不可思 東京・築地本願寺ブディストホール  

★★★★★★★★★ 


【北條不可思/活動略歴】
北條不可思への質問/Question to FUKASHI HOJO

 フォトドキュメントリスト/PhotoDocumentaryList



FUKASHI HOJO&CanoBand 《ホウジョウ フカシ アンド カノバンド》

Copyright(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15)

  
特別友情出演 金田賢一:俳優(朗読) 

俳優・金田賢一氏/法句経第一章第五節他、三篇朗読
法句経 - Wikipedia
(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15)
バックステージ#1Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
 
 
 バックステージ#2 Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
*
 
リハーサル#1Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
 
 
リハーサル#2Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
 
  リハーサル#3Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN

リハーサル#3 Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
リハーサル#4 Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN
(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15)
FUKASHI HOJO&CanoBand/★北條不可思とカノバンド
*
*
*
::::::::::::::::::::::
東京ボーズコレクション「いのちを生きる」-大悲の詩-
“Blues For Buddha”Song&Reading Message live Performance


Opening message 熊原博文師 


Opening BELL 北條慈音 


 
*
*
*
*
金田賢一氏 Favorite song
*
 
(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京ボーズコレクション・/東京・築地本願寺・講堂 2007.12.15)
 

FUKASHI HOJO songs on YouTube
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



悲しい雨 愚かな傘 (C)北條不可思


MESSAGE ON THANKS from Song&BowzuMan


★東京ボーズコレクション「いのちを生きる」-大悲の詩-
“Blues For Buddha”Song&Reading Message live Performance 
歌と朗読のメッセージライブパフォーマンス会場、築地本願寺・講堂に大勢のご来場を賜り、
心より深謝申し上げます。

当日は、主要イベントである本堂で厳修された7宗派合同コラボレーション法要と同時スタートということにもかかわらず、“講堂スズナリ満堂”の来場を頂けましたのは、本イベント企画制作関係各位,ボランティア スタッフの皆様のご尽力の賜物であります。
後日、伺った事ですが本堂と講堂を何度も往復された方もいらっしゃたそうです。
恐縮の極みでございます。

このイベントの内容の本質が、日本仏教の成熟(三乗を超えたる、一大乗の表現)と見るのか、日本特有の妥協迎合打算の産物(何でもありの無分別の行為)と見るのかは、愚生にはまったく判りません。
ただ、日本国に仏陀釋尊の教えを迎え入れてくださった和国の教主・聖徳太子は、一大乗宣布が御本意であられたと、確信しておりますし、その流れの上に、本イベントが位置づけられるものと願ってやみません。

少々残念なことは・・・
海外メディアのheadline(記事の見出し)には、「Japanese monks stage fashion show」とあり、
記事本文にはそれなりの事は、書いておられたようですが、
身近なところでは、特にビルマ(ミャンマー)の事等に想いを馳せると胸が痛みます。

いずれにしても、鐘は打たなければ如何なる音を響かせるのかわかりません。
その意味において、あらためて、本イベント企画制作関係各位の至誠と勇気に敬意をおくりたいと存じます。

愚生にとりましては、1400年を越える日本仏教史上初の超宗派のメッセージアクトに参加させていただけたことは、仏教徒の末席に置いていただいている一人として、その使命と信念の意味を深めさせて頂く、尊きご縁となりました。

今後も許される限り、言の葉に命を宿すと信じ、詩曲に願いを込めて、
愚生なりのスタイルで与えられし道を、歩み抜きたいと肝に銘じております。

今般は、誠にありがとうございました。

― 不可思議なる縁を、眞の絆に
そして、心に慈慧の響きと平安を ―

Dear Friends,Let's Be REAL FRIENDS.

I STAND ALONE.

NAMO-AMIDABUTSU

御礼にかえて

北條不可思 拝

(MESSAGE ON THANKSfrom Song&BowzuMan)
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 712180001/ 

(C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN 
(東京・築地本願寺・本堂 2005)


INFORMATION from Song&BowzuMan


★ご縁がありまして、東京ボーズコレクションに参加致す事となりました。
2年ぶりの築地本願寺でのメッセージパフォーマンスです。

テーマは「いのちを生きる」・・・シリアスなテーマですが、人間の最重要の課題であり、
仏教の根本命題です。

愚生にとりましては、「命の尊厳」と「心の平安」そして、「縁」と「絆」を主題として音楽表現活動をしておりますので、大変有り難く思っております。

また、このコンサートには、NHK大河ドラマ『風林火山』に出演中の俳優/金田賢一氏が朗読で特別友情出演して頂けることになりました。氏には、数ある仏典の内でも最も古いものの一つだとされている、釈尊の語録『法句経』(ほっくきょう)『ダンマパダ』の一節などを朗読して頂くことになっております。。

なお、本イベントは築地本願寺(境内を含む)全館で、午前10時~午後5時まで、様々な催しが行われます。
ちなみに、2005年に六本木ヒルズにて開催された「西本願寺公開講座」でご一緒させていただいた、永六輔氏の講演も午後4時より本堂にて行われます。

どうぞ、お出かけください。 北條不可思 拝
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

野聖物語「我が心の親鸞聖人」開催決定

2009年5月16日(土曜日)午後5時開演

会場/東京・築地本願寺ブディストホール 入場無料 全席自由

『野聖物語』開催にあたって(「野聖物語」実行委員会)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

doukeshi.jpg

『道化師の涙/Tears of Clown』[1994年]日本クラウン/パナムレーベルからメジャーリリース。guitarに、日本を代表するギタリスト、岩井真一氏・日倉士歳朗氏参加。
翌年1995年に息子・慈音に重度の障害があることが判り、音楽表現活動断念を余儀なくされる。

東京ボーズコレクション →http://www.engi.jp/tbc/top.html

PRESS/MAGAZINE scrap ↓(プレス・新聞記事)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-252.html 


Copyright (C) RUDI VAN STARREX  AUSTRALIA

 (ANA All Nippon Airways  Magazine)
(全日空機内誌/国際線版)
《Please click》 http://www.vanstarrex.com/default2.asp


Copyright(C) HIDEKI NAKAJIMA  Tokyo JAPAN
(ENBAN2004 enban concert endlesstour in new york)
(ヴェサック2004/ニューヨーク)


俳優/金田賢一氏 2007年 NHK大河ドラマ『風林火山』に出演
(ENBAN CONCERT 2006 HOMETOWN)
(縁絆コンサート2006/ホームタウン・グリーンホール)
photo by(C)HIDEKI ISHIHARA/TokyoJAPAN

金田賢一氏は、1978年映画「正午なり」でデヴュー以来、映画、舞台、TV、司会で活躍。現在は朗読を中心に表現活動を展開。テレビ神奈川「ハマランチョ」毎週月・火(午後1時生放送)のパーソナリティーを担当。『遊牛の詩』のための寓話-,ジョン・レノン『イマジン』よりの朗読は、定番となりつつある。「縁絆コンサート」では、メッセージの真髄を、氏の「朗読」によって、より豊かに表現してくれる。敬愛すべきSTORYTELLERである。ちなみに北條不可思と同じ丑年。《縁絆・東京公演2006年より参画》


FUKASHI HOJO&CanoBand→ http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602190000/



東京ボーズコレクション

2007年12月15日(土)開演PM12:30~PM 13:45(75 minutes)

会場/築地本願寺 講堂

“Blues For Buddha”Song&Reading Message live Performance
-大悲の詩- 歌と朗読のメッセージライブパフォーマンス

出演/歌*北條不可思 朗読*金田賢一(特別友情出演/NHK大河ドラマ「風林火山」出演中)

演奏/CANO BAND (カノバンド)
BASS-藤崎羊一,Drums-麻生祥一郎,PIANO・Keyboards-中川雄介
FUKASHI HOJO&CanoBand
   http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602190000/

SET LIST/演奏予定曲(本人の都合によりセットリストの変更の場合があります。)

Opening message 熊原博文

Opening BELL 北條慈音


1.SAIHO GINYU SHIJIN/西方吟遊詩人(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

2.ジョン レノン「イマジン」より(朗読/俳優・金田賢一)

3. No More Auction Block+BLOWIN’IN THE WIND
/ノーモア オークション ブロック+風に吹かれて・ボブ ディラン
                  (FUKASHI HOJO&CANO BAND)
4.しゃぼん玉/詩・野口雨情(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

5.響流和讃/御和讃・親鸞聖人御作三首(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

6. 遊牛の詩の為の寓話(朗読金田賢一)

7.YUGYU NO UTA/遊牛の詩(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

  [遊牛の詩]は、
世界的に知られる
親鸞聖人語録「歎異抄」
第三章の言の葉の放つ響きと
重度障害を持つ、
息子・慈音との
生活の中から
インスパイアされ
生まれ出でた詩曲。
Song&BowzuMan
北條不可思の代表作の一曲。
1996年に発表以来、
ソロでのパフォーマンスであったが、
初のバンドセットで演奏する。


8. OKAGESAMA DE ARIGATO/おかげさまでありがとう(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

9. ダンマ・パダ Chapter 1 Paragraph No. 5/法句経第一章第五節(朗読金田賢一)

10. BLUES FOR BUDDHA/大悲の詩 (FUKASHI HOJO&CANO BAND)

11.フォーエヴァーヤング+航海の果てに(FUKASHI HOJO&CANO BAND)

  エンディングでは、三帰依文をパーリ語で歌う、ニューヨークバージョンで
  このご縁を終える予定。


築地本願寺オフィシャル  http://www.tsukijihongwanji.jp/

正式名称:浄土真宗本願寺派(西本願寺)
     本願寺築地別院 ※築地本願寺は西本願寺の別院


 所在地:〒104-8435

     東京都中央区築地3-15-1 電話:03-3541-1131

縁起プロジェクト[虹を翔るお坊さん]東京ボーズコレクション http://www.engi.jp/tbc/top.html



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「いのちを生きる」東京ボーズコレクション参加イベント

「いのち」はいつでもどこにでも溢れている。光とともに、水の流れに、乾ききった大地にさえも。喜びや、悲しみに「いのち」は寄り添う。だが、誰にも「いのち」そのものを支配することは出来ない。だからこそ、当たり前の暮らしのなかに輝く「いのち」を、命の限りに生き抜くしかないのだ。


会場/築地本願寺 講堂
日時/2008年12月15日(土)開演PM12:30~PM 13:45

第1部 『ブルース・フォー・ブッダ/大悲の詩』
~歌と朗読のメッセージライブパフォーマンス~

出演 歌/北條不可思(浄土真宗本願寺派僧侶、シンガー・ソングライター)
   朗読/金田賢一(俳優)【特別友情出演】
 演奏/カノ・バンド(藤崎羊一/ウッドベース、麻生祥一郎/ドラム、中川雄介/キーボード)

北條不可思は、「歌うお坊さん/Song&BowzuMan」として、仏教に根ざした自作の詩曲を通じた独自の音楽表現活動を‘81年に始動。一人息子・慈音の障害の判明(脳性マヒ、障害者手帳1種1級)で活動休止をするも、息子との生活のなかで見つめた『命の尊厳』をテーマに、『ENBAN・縁絆コンサート』を‘96年から国内外で自主プロデュースしている。
第1回開催にあたり、《縁絆》フルメンバーにてTBC参加。

金田賢一(かねだ・けんいち)俳優歴30年、テレビ神奈川『ハマらんちょ』司会、朗読会『横浜夢語り』参加、現在NHK『風林火山』にも出演中。

第2部 ビデオ上映会&講演「生と死を見つめる」
講師 西原祐治(浄土真宗本願寺派西方寺住職、東京仏教学院講師)

『ビハーラ』という言葉をご存知だろうか。終末医療に仏教者の立場から関わる活動だ。快癒と絶縁された命の現場に立つ時、人は皆、無力さに沈むだけなのだろうか。「いのち」の厳しさ、切なさ、あたたかさ……、ビハーラ活動のなかで綴られた様々な交流をビデオで紹介。上映に引き続き講演、質疑応答。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

BluesForBuddha-大悲の詩-(宗学院別科三部作)


朝日新聞/2004年(平成16年)2月27日(京都版)に掲載
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200701020000/

『VowSongs/眞信讃歌』2006/6/24発表に収録


BluesForBuddha-大悲の詩-


詩/曲 北條 不可思(2005)




あなたの悲しみが わたしの悲しみ

わたしの悲しみがあなたの涙

あなたの輝きが わたしの喜び

わたしの喜びがあなたの微笑み

諸行無常と吹きすさぶ

虚しい争いの渦の中



*人の心に灯を 人の心に慈しみを

人の心に平安を 人の心に真実を




悪しきいたずら者のたすけ船

暗き闇夜に白き道

智慧を眼に慈悲を足に

迷路抜け出す愚か者

火宅無常と吹きすさぶ

悲嘆にくれる瞬間に

*人の心に灯を 人の心に慈しみを

人の心に平安を 人の心に真実を

火宅無常と吹きすさぶ 愚かで悲しい娑婆の世に

*人の心に灯を 人の心に慈しみを

人の心に平安を 人の心に真実を
をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

BluesForBuddha-大悲の詩-/Copyright (C)SJM/2006 宗学院別科三部作

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

“ビルマ”ミャンマーに自由と平安を/緊急メッセージ
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 709280001/

FUKASHIHOJO.COM*Main entrance  http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-239.html

北條不可思・Song&BowzuMan* Watch&Thinking * http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/

【Brief history/活動略歴】 http://guragyu.cocolog-nifty.com/about.html

Official STORE/(CD作品)Ady International http://www.ady.co.jp/music/houjouhukashi/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

縁絆コンサート エンドレスツアー2008
ENBAN Concert EndlessTour2008《since 1996》
NEW YEAR SPECIAL
http://www.fukashihojo.com/static.php?p ... 9c158a4a77

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

北條 不可思は、浄土真宗本願寺派の僧侶としての活動を基としつつ"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開し、商業音楽・出版業界,政治・社会運動等とは一定の距離と分限を保ちつつ、その活動を続けている

~私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。
日本経済新聞/署名原稿2004年(平成16年)5月10日(文化欄/全国版)~

~僧侶と音楽家。「『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
 音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。
(文 田中夕介)産経新聞/2004年(平成16年)6月10日(全国版)~

~北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい。
(メッセ-ジ フロム 三國 連太郎 1994年)~

~僧侶・北條不可思の歌を聴いた。
人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた。
(メッセ-ジ フロム 新井 満 1994年)~


メッセージ from 三國連太郎&新井 満 1994
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602250001/


(築地本願寺・本堂2005年)
Copyright (C) HIDEKI ISHIHARA Tokyo JAPAN



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



北條不可思/活動略歴 → http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602090000/
PRESS/MAGAZINE scrap 

    June, 2004 (撮影・田中夕介氏/産経新聞記者)


浄土真宗本願寺派、無位無官・在野の僧侶の活動を基とし、特に再起を決意した、1996年以降
"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開し、 分限・分際の自覚から、商業音楽・芸能・出版業界,政治・社会運動等とは一定の距離を保ち、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、その活動を続けている。
 【おもなメディアでの署名原稿、インタビュ-、活動紹介】

「NHKニュ-ス短編特集」<横浜放送局制作> 「本願寺新報」「中外日報」「毎日新聞・ひと欄」
「産経新聞・特集欄」/「朝日新聞・京都版」/「読売新聞・相模版」/『Jドキュメント・詩う生草坊主』60分(スカイパーフェクトTV)、『スーパーモーニング』(テレビ朝日)/『Live Five』(KBS京都)『WINGSPAN』(全日空機内誌国際線版)、『週刊女性』(主婦と生活社)、『女性自身』(光文社)、『総特集ジョン・レノン』(河出書房新社)/『中国新聞(広島)・特集欄』/RCC中国放送(広島)ニュ-ス特集/日本経済新聞・文化面署名原稿寄稿(全国版) 他で 活動紹介されている。


《Please click》 【北條不可思/活動略歴】☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【北條不可思/音楽表現活動メディア紹介】

現在までに、専門、一般の新聞・雑誌、キーネット・ローカルのテレビ、ラジオ放送など、様々なメディアにおいて、取材者の誠に誠実な文章や映像をもって、愚生の活動を紹介していただております。
音楽表現活動を進めていくにあたって、言葉に尽くせぬ励みを頂いております。

活動を開始した当時は、宗教を問わず国内では、余興的なものを除き、
僧侶の立場で一般社会にシリアスなテーマをメッセージする方は少なかったと記憶しています。
 
現在においても困難な状況は変わっていませんが、言の葉に命を宿すと信じていく限り、詩曲に願いを込めて、歩み抜きたいと肝に銘じております。―愚螺牛―
 

 Copyright (C) RUDI VAN STARREX  AUSTRALIA  ( ANA All Nippon Airways Magazine)
(全日空機内誌/国際線版)September2000 No.375
《Please click》 http://www.vanstarrex.com/default2.asp




文藝別冊 総特集 ジョン・レノン 河出書房新社 2000年10月9日発行
Aya separate volume Total feature "John Lennon"
Kawaide Shobo Shinsha Issue on October 9, 2000

《Please click》http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASI ... ollobob-22
《Please click》 http://homepage2.nifty.com/beatopia/yumejohn.html
《SPECIAL》 『Thanks THE PLAZA HOTEL new york』↓
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/20060317/ 


 
月刊誌『御堂さん大阪・本願寺津村別院発行) 随想 「歌と平和」2002年2月1日
MIDOSAN/Occasional thoughts“Song and peace” February1, 2002 
 女性自身 光文社 平成13年3月20日号 
 
お経ではなく歌でメッセージを伝える“ボブ・ディラン坊主”こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 《本誌リードより》



BOSS 月刊ボス2005年3月号 


毎日新聞 全国版 「ひと」1994年7月8日
Mainichi Shimbun/Nationwide version July 8, 1994 

 
中国新聞(広島)「洗心」 2002年2月26日(取材・論説委員 岩崎 誠氏)
Chugoku Shinbun/SENSHIN February 26, 2002 



中国新聞(広島)2002年9月1日 



中外日報/1998年10月31日 Chugainippoh October 31, 1998 



読売新聞・相模版/The Yomiuri Shimbun Sagami version 
1993年秋
土ひと握り、板一枚ない中、有縁者と共に眞信山蓮向寺/蓮向寺教会(AmitaHouseBuddhistChurch)
本堂建立。 (眞信山蓮向寺/神奈川県相模原市当麻九坊院)
  


産経新聞・全国版/2002年9月1日
The Sankei Shimbun nationwide version September 1, 2002 



読売新聞 「かるちゃあ かるちゃあ」1994年1月14日
The Yomiuri Shimbun January 14, 1994 



産経新聞 夕刊/ 2000年11月29日
The Sankei Shimbun evening newspaper November 29, 2000
***本取材で、仏教精神を「オンリー・ワン」と英語的表現。その3年後、アイドルグループが日本中で歌っているのを見るにつけ、作者、歌手に特別な意識は無かったとは思うが、心から有り難く思った*** f.hojo 



読売新聞 2002年11月26日
The Yomiuri Shimbun November 26, 2002 



朝日新聞 京都版/2004年2月27日
Asahi Shimbun Kyoto version February 27, 2004
***浄土真宗本願寺派・宗学院別科の一年間の聴講を終え、宗学院別科三部作と名付けた「Blues for Buddha―大悲の詩―」「おかげさまで ありがとう」「茜雲~生まれ往く者へ~」の3曲の詩曲を書く。紙面で「Blues for Buddha―大悲の詩―」の歌詩を掲載して頂けた事に、心より深謝申し上げたい。*** f.hojo



産経新聞 全国版社会面 2004年3月6日
The Sankei Shimbun nationwide version social column March 6, 2004
縁絆コンサート2004京都公演(龍谷大学大宮学舎本館講堂) 


日本経済新聞 署名原稿 全国版 2004年 5月10日
Nihon Keizai Shimbun signature manuscript nationwide version May 10, 2004

“航海の果てに/英語訳バージョン ”/Verse and Sentence by FUKASHI HOJO

 PHOTO べサック ニューヨーク 2004

『BowzuManInNewYork』

ありがとうニューヨーク

PHOTOニューヨーク国連本部

僧侶シンガー 海外ツアー 

ギター携え伝える縁と絆、NYでテロの悲しみを歌う

北條 不可思



  私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお妨さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。
  今月二十三日にはニューヨーク本願寺で歌わせていただく。米国は五年ぶり。9・11テロ事件の悲しみを歌った「悲しみを乗り越えて」を披露する。ニューヨーク本願寺には広島で被曝した親鸞聖人像が立っており、広島県出身の私としては、命と平和の尊さを訴えられればと念じている。

   ▽ ▽ ▽
  布教使の父の姿追う【名も無き念仏の僧侶】

  私が現在のスタイルに至るにはいくつかの影響がある。一つには、僧侶で本願寺派布教使であった父の姿だ。父は御法話の講師として全国を歩き、一年の三分の二は自坊を空けていた。寺に戻れば汗だくで人々の前に立ち、ひたすらに真実を伝えたいという願いに突き動かされている後ろ姿は、幼い私には格好よくて憧れの存在だった。
  中学一年で知ったボブ・ディランやジョン・レノンというアーティストから注ぎ込まれたスピリットも大きい。当時ギターは高価な買い物で、小さな貧乏寺には大変な出費だったが、父はいただいた御法礼で十二弦のギターを買ってくれた。その日からひたすら我流でギターを弾いている。既成の曲でなく自分の歌を作り弾くのである。 
  私は何を表現しているのか。私は問いかけたいのだ。「私はこう受け止めます。あなたはどうですか?」と。自作の曲で世の中とコミュニケーションしたいのだ。 
  世に生きることは個の作業であるが、他とのかかわりを断ち切れない。断ち切ったら大変不自然なことに感じられる。なぜなら、命は他の命によって生みだされ、育まれているからだ。そこにコミュニケートすることへの欲求が生じる。

  ▽ ▽ ▽
  息子が脳性マヒに

  東京の仏教学校に通い二十歳で得度した。三歳から志していたお妨さんになったが、音楽活動もしたいという気持ちが業のように募った。僧侶の身で障りはないか。その悩みに答えてくれたのが、東京仏教学院(東京・築地本願寺内)の恩師、林水月和上だった。
  「親鸞聖人のご生涯を思えば、そんな悩みは小さい。真実信心をしっかりと聞いて精一杯に表現なさい」という師の言葉は、テレビ神奈川からいただいた15分のレギューラーコーナーを引き受ける後押しとなっただけでなく、「表現する」ことの意味を常に私に問い続ける重みがある。
  これまでに九十曲ほど作曲、CDも出した。コンサートではこの中から十五ないし二十曲を選んで歌う。音楽活動を通じ、俳優の三国達太郎さんをはじめいろいろな方々と出会う縁ができた。
  父は一九七八年、都市開教専従員という任を本山から拝命し、神奈川県相模原市に越してきた。私の十七歳の時だった。九三年に呉にあった寺を相模原に公式移転した。私は結婚したが、九四年に生まれた息子の慈音(じおん)が、重度の脳性マヒと診断された。
  息子を見ていると一息一息、一生懸命生きている。「世の中に役に立つからすばらしいのではない。何かをできようとできまいと、命そのものが尊い」と体全体でメッセージを突きつけてくる。
  私は音楽を断念しようとしたが、妻は「慈音が大きくなって自分のせいで父親が音楽をやめたと知ったら傷つく。やめないで」と言った。その時に浮かんだ言葉が絆(きずな)で、息子とのご縁を歌にしていこうと決心した。

 



  ▽ ▽ ▽
  大悲の願いを胸に


こうして妻と息子と三人で九六年から、「縁絆(えんばん)コンサート」と名付けたツアーを始めた。表現の揚は、障害を持つ息子と世の中をつなぐかもしれないと考えた。偶然に出会った縁を共々に歩いていく絆として深められれば、とも。息子には、自らの五感で時代に吹く風を感じてもらいたい。
  九九年からは縁絆コンサートを大阪でも開催。二〇〇二年八月には広島の原爆資料館メモリアルホールで開いた。この時は、前年の米同時テロに触発されて作った私の新曲と、テレビでビルが崩れ落ちるのを見た慈音が足の指に絵筆をはさんで描いた「悲しい花火」という絵を展示した。
  米国には九九年に初めて行った。今回、三度日の米国ツアーとなるが、同時テロが起きた後、早く行きたいと思っていたので、思いがかなってうれしい。毎日、何かの命を喰ろうて生きている愚かしい自分だが、生きとし生けるものすべてにかけられた阿弥陀仏の大悲の願いを胸に精一杯に表現したいと念願している。

(ほうじょう・ふかし=音楽家 蓮向寺住職) 


産経新聞 全国版 特集「わたし流」 2004年6月10日 (取材・田中夕介氏)
The Sankei Shimbun nationwide version feature 


読売新聞 2005年1月1日特集「親と子」

The Yomiuri Shimbun feature "Parents and child"(取材・木田滋夫氏)




本願寺新報 みんなの法話
hongwanjijournal signature manuscript March 01, 2008
中外日報/2008年10月30日 Chugainippoh October 30, 2008
***愚生が帰属させていただいている宗門の転機と,同紙面の記事掲載には
不思議なる縁を感じた***-F.HOJO-
タウンニュース(神奈川県相模原市) 2009年5月 
TOWN NEWS(Sagamihara City KANAGAWA Ken)
 

 


北條 不可思は、浄土真宗本願寺派の浄土真宗本願寺派の無位無官・在野の僧侶としての活動を基としつつ"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開し、商業音楽・芸能・出版業界,政治・社会運動等とは一定の距離と分限を保ちつつ、その活動を続けている

音楽(北條不可思においての音楽)

***

音楽は何かを開放する。

そして

何かを縛る。

***

お経を除いて

13歳の春(1974年)に出遭った

音楽は
絶対の心の立脚地とはならないが、

現在においても

愚生にとって

娯楽以上のものである

愚螺牛


北條不可思/活動略歴 → http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 602090000/


PRESS/掲載新聞 ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/ ... 703110000/


PHOTOGRAPH  collection 【フォトグラフ】 ↓
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-245.html
 
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

野聖物語「我が心の親鸞聖人」開催決定

2009年5月16日(土曜日)午後5時開演

会場/東京・築地本願寺ブディストホール 入場無料 全席自由

『野聖物語』開催にあたって(「野聖物語」実行委員会)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

header750x100.jpg

FUKASHI HOJO songs on YouTube


  1. 2008/05/18(日) 14:21:21|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)



★日本仏教;浄土門を代表する
伝統宗派の ひとつである
浄土真宗本願寺派

本山・龍谷山本願寺(西本願寺)○京都市下京区堀川通花屋町下る
宗祖廟所・大谷本廟(西大谷)○京都市東山区五条(東山五条)
東京首都圏・築地本願寺 東京都中央区築地


★2012年/平成24年に
宗祖親鸞聖人没後750年を迎えた
浄土真宗本願寺派に僧籍を頂く。
2009年大谷本廟における
親鸞聖人750回大遠忌記念
「恩徳讃歌献歌コンサート」を参加開催。
大谷本廟(西大谷)
http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/
******

親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗の精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動を基本とし、

1981年(昭和56年)得度を機に
"Song & BowzuMan=
  歌うお坊さん"
Message Performing Artist
として、
真実の『縁』と『絆』
『命の尊厳』と『心の平安』を
キーワードに国内外で、
国境・人種・文化・信教・・・・
をも越えた
メッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と
作品制作
(CD・BOOK・etc)を中心に
現在のテーマを
「真の誇り:驕りなき誇り」と定め
2017年のフックワード{転}とし
独自の音楽表現活動を展開。

★「愚生が帰属している
浄土真宗本願寺派の現在
(2015年:平成27年)
の中心メッセージに
『縁』『絆』がフックとして使用されている事に
この上ない深い報恩・慶びと謝徳の念いが
心の底から身心に沁み渡るようである」。
 namo-amidabutsu -f.hojo-

★ 布施によって生かされている者としての分限・分際の
自覚(ブディズムに根ざした真実の「縁」「絆」「命の尊厳」等を
表現メッセージする方法手段)から、
商業音楽・商業芸術・商業講演・
商業出版、,政治・社会運動等とは、一定の距離を保ち
深く関心を持ち、敬意をはらいつつ、
日本国内外のさまざまな人々から
その立場を越えて、
様々な形の支援と協賛を得て
そのメッセージ活動を続けている。

★★★★★★★★★★★★★★★★

特に、重度障害を持つ、
息子慈音との
生活の中から始まった
「ENBAN・縁絆コンサート 
    エンドレスツアー」は、

*東京(1996年~)築地本願寺


*大阪(1999年~)トリイホール


*ニューヨーク(1999年~)
ニューヨーク本願寺


*ニュージャージー(2000年)
アトランティックシティ
シェラトンホテル
コンベンションホール
浄土真宗本願寺派
北米教区仏教者大会に招聘


*長野(2001年)
白馬シャガール美術館


*広島公演(2002年8月~)
原爆資料館メモリアルホ-ル


*京都公演
(2006年3月、2005年6月)
龍谷大学大宮学舎
本館講堂(重要文化財)


*Hometown/相模原
(1996年~
グリーンホール相模大野)


*国立療養所長島愛生園
(2006年10月21日・特別公演)
など、国内外で開催され、
   現在も続けている。




《今後の公演予定》

【国内】
北條不可思 縁絆コンサート2016
ENBAN "縁絆" concert endlesstour 201
日程

*******
《コンサート メッセージ テーマ》
『KEEP ON WALKING 』
( 混沌と真実:Chaos & ship )

【海外】
パリ  フランス 日程未定企画中
ローマ イタリア 日程未定企画中


毎年「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」
縁絆・野聖メッセージコンサートとして、春・秋開に開催。


2016年以降で、国内、
海外(パリ:フランス ローマ:イタリア)を計画中です。

なお、CD作品の制作は2010年11月より
北條不可思50歳記念 Wアルバム
通算12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」
『FUKASHI HOJO Past days song 1993-2001/
北條不可思・昔日歌』(発表日2012年3月9日)
2011年4通算13作目「Keep On Walkin' 真実一路」
2011年通算14作目『flower&rain』《NotForSale#Ⅱ》
2012年通算15作目『REAL FANNTASIA;本当の幻想曲』
2013年通算16作目『混沌と真実;Chaos and ship』の制作。
2014年通算17作目『listen and hear/無為の鐘』

2016年
Documentation Series No. 1 2010~2015
ドキュメンテーションシリーズ No.1 2010年-2015年 
5作品紙ジャケット特別詩歌集、発表。
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-4.html

2016年-2017年通算18作目『ROCKA BULUES & ROLL;転依』
2017年通算19作目『Buddson&Sons;慈慧と詩歌』
Amitahouse Main Temple Studioに於いて制作中。

RECORDING 2008-
/レコーディング:作品製作
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-248.html


OfficeAmitaHouse

VOW BREATH PRODUCTIONS


「ENBAN:縁絆コンサート

エンドレスツアー」
(2010年から「ENBAN Massage Act Collection」のひとつになる)
は、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。






      ★★★★★★★★★★★★★★★★


【私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。】
日本経済新聞(署名原稿)
2004年5月10日配信(文化欄)

      *********


【僧侶と音楽家。
『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。】
(文 田中夕介)
産経新聞
2004年6月10日配信(全国版)

        *********


『北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい』。
(メッセ-ジ フロム 
三國 連太郎 1994年)

      *********


『僧侶・北條不可思の歌を聴いた。
人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた』。
(メッセ-ジ フロム 
新井 満 1994年)

      *********


推薦文
わが宗門より仏様のおこころを
歌にのせて一人一人のいのちへ語りかける青年僧侶が登場しました。
仏様の限りない呼び声に老若男女を問わず誰もが
いのちの尊厳に聞き入ることであります。
どうぞ一人でも多くの方へお伝え下さい。
浄土真宗本願寺派
総長 松村了昌 
1994年 平成6年4月6日

 *********************
     
★ 女性自身 光文社 
平成13年3月20日号
お経ではなく歌でメッセージを伝えるボブ・ディラン坊主こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 
《本誌リードより》

*********************

メッセージコンサート、音楽講演、CD作品等の、商業的派手な宣伝、告知、広告、などは行っておりませんので、ホームページ等でご確認頂き、ご来場、ご購入いただければ有難く存じます。
*********************

(Contact Us/ 連絡・問合せ )


E-MAIL 
amitahouse@jcom.home.ne.jp




*********************
 
北條不可思 代表作の1曲

遊牛の詩/ゆうぎゅうのうた ↓ ↓ ↓
作詩・作曲・歌 北條不可思
演奏・北條不可思とカノ・バンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


:作詩作曲 北條不可思
(http://fukashihojo.com/)
 
1996年作 1998年発表 2006年再発表 2009年再々発表 
from Jion Music Factory:Office AmitaHouse;
Produced by GURAGYU(愚螺牛)


(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/
fukashi.hojo

『遊牛の詩』は、
Song&BowzuMan
"歌うお坊さん"北條不可思の代表作の一曲。

― 善人なほもつて往生をとぐ、

   いはんや悪人をや。―

世界的に知られる
親鸞聖人語録「歎異抄」
第三条の言の葉の放つ響きと
重度障害を持つ、息子・慈音との
生活の中からインスパイアされ
生まれ出でた詩曲。
北條不可思にとっての
Like A Rolling Stone(BOB DYLAN)であり
恩徳讃歌でる。
もはや、歌とは言えないのかもしれない。


遊牛の詩 (以下歌詩掲載)

『遊牛の詩』
詩/曲 北條 不可思
浄土真宗本願寺派:西本願寺
僧侶:シンガー・ソングライター

08.20.1996

*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++
自由だ平和だ人権だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

**毎日何かの命を喰らって生きてるくせに
 人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる
ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++

明日ありと思う心の浅はかな愚かな己の精神よ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
福祉だ教育だ環境だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
毎日何かの命を喰らって生きてるくせに 
人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる

ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals-Fukashi Hojo 
Harmonica-Shaku Nanshi

:FUKASHI HOJO&CanoBand:
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


Produced by GURAGYU:愚螺牛

Copyright © 1996,
renewed 2009
Special JION Music

Amitahouse&GURAGYU PRODUCTIONS


inspired TANNISHO
http://plaza.rakuten.co.jp/
fukashihojo/diary/200605030000/
Tannishō
【From Wikipedia;English」】
http://en.wikipedia.org/wiki/
Tannish%C5%8D
Copyright © 1996 Special JION Music

北條不可思 縁絆コンサート:フォトドキュメントリスト
ENBAN "縁絆" concert endlesstour PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-193.html
野聖物語:眞信讃歌2009~http://
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-311.html
Produced by GURAGYU
*
MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals
Fukashi Hojo 

Harmonica-Shaku Nanshi

(CANO BAND)
Bass(wood&electric)
Yoichi Fujisaki
Drums(percussion&Bell)
Shoichiro Aso
Keyboards (piano&organ)
Yusuke Nakagawa


Produced by GURAGYU

Copyright © 2007
Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

FUKASHIHOJO SONGS
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-180.html

in association with 
ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

リンク

このブログをリンクに追加する