北條不可思・愚螺牛雑記~心に慈慧の響きと平安を~/"Song & BowzuMan since 1981”

"Song & BowzuMan since 1981”& ENBAN “縁絆” concert endlesstour since 1996

BOB DYLAN&JHON LENNON

 BOB DYLAN&JHON LENNON

 

"Song&BowzuMan in NEW YORK" http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/20060317/
Copyright(C) satokotobuki Tokyo JAPAN 
(ENBAN2004 NEW YORK)
(In front of the Dakota apartment
/ U.S. National Historic Landmark)
 

 

Blowin’ in the Wind   
BOB DYLAN


How many roads must a man walk down
Before you call him a man?
Yes, ;n; how many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?
Yes, ;n; how many times must the cannon balls fly
Before they’re forever banned?
The answer, my friend, is blowin; in the wind,
The answer is blowin; in the wind.

「風に吹かれて、移ろい舞っている」 by愚螺牛

どのくらい道を歩いたならば

人間としての尊厳が認められるのだろうか

どれだけの海原を渡ったならば

白きハトは砂浜で休めるのだろうか

何発の弾丸が飛び交うなら

戦いに永遠の終止符が打たれるのか

友達よ、答えは風に吹かれて移ろい舞っている

友達よ、答えは風に吹かれて移ろい舞っている

―つまり、分からないってことだ―

118_program2.jpg 


4825_bd_20040804_poughkeepsie_po.jpg

2291_dylan_-_stockholm_040502_1.jpg

bdflorence.jpg

4155_bloodinmyeyes.jpg


IMAGINE
JOHN LENNON 

Imagine there;s no countries
It isn;t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too.
Imagine all the people
living life in peace.
You may say I’m a dreamer
But I;m not the only one
I hope someday you;ll join us
And the world will be as one.

ジョン・レノン 『イマジン』より by愚螺牛


思いを馳せよ
国々を隔てる境界線が存在しないってことに。
難しくない
今すぐできることだろう?
境界線がなければ、
殺す理由も 殺される理由も存在しない。
宗教でさえ、存在する意味がない。

思いを馳せよ
すべての人々が、
歴史を 文化を 伝統を 

性別を 国籍を 血脈(ちみゃく)を
肌や髪や瞳の色の概念を 越えて、
逃げ惑わない暮らしの中で 命を生きることに。

人は 私を『夢追い人』と決めつける。そうだろう?
しかし私は、ひとりぼっちじゃない。
孤独な空想に身を沈めている訳じゃないんだ。
いつの日か あなたも この輪に加わってくれるだろう?
いつでも そう願っている
そのときこそ
世界は あるがままに ありのままの姿で
地球とともにまわるだろう。


john lennon


imagine-cover-med.jpg

lennon.jpg

FUKASHIHOJO.COM   

【Brief history/活動略歴】#2

Official STORE/(CD作品)

PHOTOGRAPH  collection 【フォトグラフ】  

 眞信山蓮向寺(AmitaHouseBuddhistChurch)

「名も無き念仏の僧侶」

PRESS/掲載新聞

FUKASHI HOJO&CanoBand(カノバンド・メンバー紹介)

 

縁絆通信   from kiho,s official


Sound of word of self-insight《自己洞察の響き》  

野聖物語★★★親鸞聖人「私の親鸞聖人」

宗学院別科三部作(詩歌)

ジョン・レノン『イマジン』より by 愚螺牛

プロテストソング/ボブ ディラン

header750x100.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 02:10:03|
  2. 未分類

『Watch And Thinking/見聞録』 2009年5月16日発表

 『Watch And Thinking/見聞録』

    2009年5月16日発表

 

ライナーノーツ/オデッタ M

 

『Watch And Thinking/見聞録』 Recording List

Watch And Thinking Recording List
「西へ」 
「影の影」
影の影(C)北條不可思/2008FUKASHI HOJO&CanoBand

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

FUKASHI HOJO SONGS

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Song&BowzuMan


北條不可思 オフィシャル ホームページ

FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE 

 

PRESS/MAGAZINE scrap

 

 

Brief history

 

 

Song&BowzuMan Watch&Thinking

 

九坊院物語

ANOTHER SIDE

愚螺牛・言の葉

遊牛の詩

航海の果てに 

 

 
  1. 2007/09/29(土) 00:19:25|
  2. 未分類

『Shinran-Shonin of my mind/野聖物語』2009年5月16日発表

『Shinran-Shonin of my mind/野聖物語』

2009年5月16日発表

   

 

Copyrigh C) YURIKO  OCHIAI JAPAN   撮影 落合 由利子

 

ライナーノーツ/オデッタ M

 

野聖物語Shinran-Shonin of my mind』 Recording start

7月28日より、CDアルバム『野聖物語/Shinran-Shonin of mymind』のレコーディングがスタート。

宗学院別科三部作の2曲

茜雲~生まれ往く者へ~ BluesForBuddha-大悲の詩-」を収録。

また、「今日の日は永遠の今」を16年ぶりに再レコーディング  。

本作は、2009年5月16日(土曜日)

東京・築地本願寺ブディストホールを会場に 

開催したメッセージイベント野聖物語で発表。

野聖物語Shinran-Shonin of my mind

Recording List

遊牛の詩

「浮かぶ瀬もあれ」

『野聖物語/YAHijiriMonogatari』  Copyright ©1987; renewed 2009 Special Jion Music

BluesForBuddha-大悲の詩-

茜雲~生まれ往く者へ~

「ありのままにあるがまま」

「今日の日は永遠の今」Copyright ©1987; renewed 2009 Special Jion Music

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 聖物語/Copyright (C)Special JION Music

FUKASHI HOJO SONGS

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Song&BowzuMan


北條不可思 オフィシャル ホームページ

FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE 

 

PRESS/MAGAZINE scrap

 

 

Brief history

 

 

Song&BowzuMan Watch&Thinking

 

九坊院物語

ANOTHER SIDE

愚螺牛・言の葉

遊牛の詩

航海の果てに 

 

  1. 2007/09/28(金) 14:44:29|
  2. 未分類

北條不可思詩歌集  Copyright © Special JION Music

FUKASHI HOJO SONGS:北條不可思詩歌集

  photo by(C)北條慈音/JION HOJO 2009 July/TokyoJAPAN

レコーディング:制作近況


 FUKASHI HOJO&CanoBand

 FUKASHIHOJO LYRICS /北條不可思 歌詩集

FUKASHI HOJO SONGS Copyright © Special JION Music

 RECORDING/レコーディング   (schedule)

FUKASHI HOJO FILMS

★★★【北條不可思/活動略歴★★★

FUKASHI HOJO songs on YouTube


 

 

CDアルバム『Beyond the LINE/境界線の向こう側』 (2008年1月発表)


 

CDアルバム『Watch And Thinking/見聞録』2009年5月発表

 

 

CDアルバム『Shinran-Shonin of my mind/野聖物語』200

 

【北條不可思詩歌集】

 ★★★★★★★★★

をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

***********************************************************

 遊牛の詩(ゆうぎゅうのうた)/(C)北條不可思/1996 FUKASHI HOJO&CanoBand

北條不可思代表曲『善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ

         Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい』

YUGYU NO UTA:遊牛の詩 (C)FUKASHI HOJO/2010 from YouTube amitahouse

 

航海の果てに:LONG VERSION(1994 official released)

航海の果てに/Copyright (C)Special JION Music/1999 on guitar岩井真一

航海の果てに(NEW YORK version)2009 previously unreleased

***********************************************************

今日の日は永遠の今 /Copyright (C)GURAGYU/1981FUKASHI HOJO&CanoBan

  浄土真宗本願寺派(西本願寺)勧学・林 水月和上 へ呈上

***********************************************************

茜雲(あかねぐも) /Copyright (C)FUKASHI HOJO/2004 宗学院別科三部作

   浄土真宗本願寺派(西本願寺)勧学・淺田恵真和上へ呈上

おかげさまでありがとう /Copyright (C)GURAGYU/2004 宗学院別科三部作

BluesForBuddha-大悲の詩-/Copyright (C)SJM/2006 宗学院別科三部作

***********************************************************

スタンダード・ドリーム /Copyright (C)GURAGYU/1991 on guitar岩井真一

  彫刻家・安田侃氏へ呈上

***********************************************************

 いつの日か/ (C)北條不可思/1991 on guitar日倉士歳朗

   俳優・三國連太郎氏ヘ呈上

***********************************************************

スウィート・マイ・フレンズ/ (C)北條不可思/1991

  女優・中村久美氏へ呈上 

***********************************************************

風は炎の如く/蓮如上人500回忌記念(C)北條不可思/1995 on guitar生田敬太郎

***********************************************************

野聖物語(やひじりものがたり)/Copyright (C)Special JION Music/1987FUKASHI HOJO&CanoBand

 親鸞聖人750回大遠忌メッセージイベント『野聖物語』東京開催記念

      野聖物語(我が心の親鸞聖人) youtube

***********************************************************

黄色い道化師/Copyright (C)Special JION Music/1994 on guitar岩井真一

子守唄を聴きながら(1999) /Copyright (C)SJM/1995

恥かき小僧の子守歌/Copyright (C)GURAGYU/2005

心に刻まれし物語/Copyright (C)Special JION Music/2006

親父に贈る詩(1980)/Copyright (C)Special JION Music/1980

お寺の夏休み/Copyright (C)Special JION Music/1986

 

悲しみを乗り越えて-No More Septemer.11-/Copyright (C)SJM/2002

     No More Septemer.11―悲しみを乗り越えて―

 

いつか必ず帰る場所/Copyright (C)GURAGYU/2001

 Beyond The Line:境界線の向こう側/Copyright (C)SJM/2000FUKASHI HOJO&CanoBand

 心の絆(2001) (C)北條不可思/1992

  (「不可思の会」日本会長:谷津 弘氏へ呈上)

苦悩が喜びとなる良き日に(C)愚螺牛/1999

影の影(C)北條不可思/2008FUKASHI HOJO&CanoBand

 

響流和讃:KowruWasan(C)北條不可思/2001

悲しい雨 愚かな傘 (C)北條不可思/2006FUKASHI HOJO&CanoBand

EMPTY DREAM/儚い夢(C)北條不可思/1998

ファンタジア(C)北條不可思/1991 on guitar岩井真一

真実はshin-shinと響いてる(C)北條不可思/1991 on guitar日倉士歳朗

ウェル・カム・ヒア(C)北條不可思/1991 on guitar日倉士歳朗

 人間の価値 (C)北條不可思(2001)on guitar梶谷正治

 

 

果てしなき旅(C)北條不可思(1999)

   (「不可思の会」インターナショナル会長:張簡光輝氏/NEW  YORKへ呈上)

轍を見つめて (C)北條不可思(2001)

 夢の旅人(C)北條不可思(2001)

リメンバー (C)北條不可思(2001)

西方吟遊詩人(さいほうぎんゆうしじん) (C)北條不可思(1999)

ダ・ヴィンチの憂鬱 (C)北條不可思(2009) FUKASHI HOJO&CanoBand

ダ・ヴィンチの憂鬱 (C)北條不可思(2009 official released)from YouTube amitahouse

南無帰依・佛法僧(C)北條不可思(2009)FUKASHI HOJO&CanoBand

西へ 北條不可思(C)北條不可思(2009)FUKASHI HOJO&CanoBand

心の轍(C)北條不可思(2009)FUKASHI HOJO&CanoBand

咲けよ、花びらの散る頃に (C)北條不可思(2008) FUKASHI HOJO&CanoBand

橋の袂の見張り番 (C)北條不可思(2008) FUKASHI HOJO&CanoBand

美しき我が故郷:rough mix (2009) FUKASHI HOJO&CanoBand previously unreleased

 

涙の河を越えて/ボブ・ディランに捧ぐrough mix (2009)previously unreleased

カナリヤ(GOOD TIME and HARD TIMES)2009 rough mix  previously unreleased

浮かぶ瀬もあれ(C)北條不可思(2009) FUKASHI HOJO&CanoBand

しゃぼん玉(GOOD TIME and HARD TIMES)2009 rough mixpreviously unreleased

夕焼けこやけ(GOOD TIME and HARD TIMES)2009 rough mixpreviously unreleased

和国に生まれて(C)北條不可思(1993)

響流和讃:2009(C)北條不可思 FUKASHI HOJO&CanoBand previously unreleased

道化師の涙:2009(C)北條不可思(1981作)FUKASHI HOJO&CanoBand previously unreleased

  道化師の涙 roughmix 2009(C)北條不可思  from YouTube amitahouse

訣別の時2009(C)北條不可思rough mix FUKASHI HOJO&CanoBand previously unreleased

   ハリウッド映画俳優 ルイ・チャンチェン/Louis Ozawa Changchien氏へ呈上

        訣別の時2009(C)北條不可思rough mix previously unreleased from YouTube amitahouse

朧月夜と流れ雲2009(C)北條不可思rough mix FUKASHI HOJO&CanoBand previously  unreleased

愛の架け橋(Bridge of Love)2010(C)北條不可思rough mix  previously  unreleased

      愛の架け橋(Bridge of Love);北條不可思 1996作 previously unreleased rough mix

             from YouTube amitahouse

 

 LYRIC/(C)FUKASHI HOJO/2010rough mix

              from YouTube amitahouse previously  unreleased
轍を見つめて/BasicRecording2010:北條不可思 © FUKASHI HOJO;Japon rough mix

 『心の瞳』(2010年作)BasicRecording2010:©北條不可思;Japonrough mix

『光と影のダンス』(1990年作) 2011年2月23Basicrecording rough mix

「尊厳と誇り』(2010年作)BasicRecording testtrack Rough Mix :©北條不可思;Japon rough mix

previously unreleased(発表前の音源)

 

FUKASHI HOJO FILMS

↑↑↑

【北條不可思の映像が見れます】

 


 

FUKASHI HOJO songs on YouTube


CDs STORE

 (Ady International)

(CD&BOOK:北條不可思作品一覧)

FUKASHIHOJO LYRICS/北條不可思 歌詩

詩集 《愚螺牛》

FUKASHI HOJO&CanoBand

Produced&Edited by Office Amitahouse

Photo




  1. 2007/09/28(金) 00:14:21|
  2. 未分類

《北條慈音作品集Production works By JION HOJO 》


 《北條慈音作品集Production works By JION HOJO 》


photo Copyright ©  CASSIE

北條慈音/JION HOJO(ほうじょう じおん)

慈音愛用カメラ“スコープ”

Optio/PENTAX

JION's favorite camera"Scope"

JION Taking a picture

「僕はスナイパー/I am a sniper. specal version」2007

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-229.html


《HOTEL》

Photo By JION HOJO

Copyright © jion hojo 2000


IMGP1303.jpg

"wanted"指名手配

POHTO Copyright JION HOJO 2007

 


 

jion9.11.jpg

『悲しい花火-9.11.2001慈音の見た戦争』

drawing by Jion Hojo2002


 

「中国の裏と表」September 12, 2007

「中国の表と裏」

―ダンボール肉まん事件のニュースから―

drawing by Jion Hojo2007


 jion-haneusagi2008.jpg

「お母さんのための はねうさぎ」

drawing by Jion Hojo2008

 

「ギターを抱えた渡り牛」

JION HOJO Ⓒ2008


 

北條慈音 Color poetry 2009 新作「ウイルスのバカヤロウ」

-豚ウイルスのニュースから-

drawing by Jion Hojo2009

 


 

IMGP1457-1.jpg

「僕はスナイパー/I am a sniper. 」

「連作・パパラッチ#1」

POHTO Copyright JION HOJO 2007

IMGP1698.jpg

「連作・パパラッチ#2」

IMGP1696.jpg

「連作・パパラッチ#3」

IMGP1694.jpg

「連作・パパラッチ#4」

IMGP1754.jpg

「連作・パパラッチ#5」

IMGP1754-2.jpg

「連作・パパラッチ#6」

POHTO Copyright JION HOJO 2007

 

photo by(C)JION HOJO 2009 /TokyoJAPAN

photo by(C)JION HOJO 2009 /TokyoJAPAN

 

「スペインの闘牛」

北條慈音/JION HOJO(ほうじょう じおん)

JION HOJO Ⓒ2010


  

「静かな涙」1996年作

 生まれて初めての描いたイメージ画
(黄、黒、赤 紫は慈音、水色、父不可思



enban concert 2013で発表予定

北條慈音/JION HOJO(ほうじょう じおん)

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-229.html

JION HOJO Ⓒ2013


★★北條慈音/JION HOJO(ほうじょう じおん)

Song&BowzuMan

北條不可思 オフィシャル ホームページ

FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE 

FUKASHI HOJO SONGS

 


 OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

 
  1. 2007/09/26(水) 00:14:40|
  2. 未分類

淺田恵真和上に聞く 『野聖物語』東京開催が意味するもの

                                      Copyright © 2009 YURIKO OCHIAI  Tokyo JAPAN

「自力から他力への道」 

メッセージ講演・スペシャルゲスト

淺田恵真和上

(本願寺派 勧学 龍谷大学教授・文学博士)

淺田恵真和上に聞く
『野聖物語』東京開催が意味するもの


 大阪の御自坊と京都の別宅を行き来し、法務と公務と研究の日々を送る本願寺派勧学・浅田恵真和上。首都・東京で初公演が決定した『野聖物語』での記念講演を引き受けられた胸の内を聞いた。

 

 




タイトルが大仰で困ります。そんなに大袈裟な事は、私は考えていないんですから。西の方からやってくるからと言って、そんなん思わんといてください(笑)。私は、ご縁が整えば、いつでも、どこへでも行きますよ。気軽に声をかけてください。
 ただ、東京とか首都圏が《都会》と言われる由縁は、単に人が多いとか、情報が早いとか、新しものが溢れているというだけではなく、宗教が根付きにくい場所になっているからだと思うんです。個人主義を尊重していると言えば聞こえがいいんやけど、いささか偏重しているきらいが強くないですか。個々人の信仰が入り混じっていて、【土徳/どとく】の中で自然に宗教の教えに親しんでいくことが難しい。隣近所、向こう三軒両隣でそれぞれの宗旨がみんな違うなんて地方ではあまり見られません。無宗教も含めて、各々が心の拠り所にされているものが異なるのだから、【土徳】を求められません。宗教(佛教)は【薫習/くんじゅう】です。お香の薫りが家の柱や壁、そこに暮らす人の衣服に沁み込む様に、人の心も習うともなく教えに親しみ、知らず知らずに生きる指針として信仰と出遇うのです。
 ですから、都会では宗教の存在の意味が成立しないとも言えるかもしれません。それこそが、都会での布教を困難にしています。しかし、そこには個人に訴えてゆく可能性があります。まさに親鸞聖人の関東伝道にかけた熱い思いを刺激し続けた可能性です。
「とにかくやってみたい」「まずやってみなければ」という発案者の心意気を有難いなぁと思いました。親鸞聖人の話を聞いてくれる人が集まってくれることも有難いばかりです。一人だろうと、十人だろうと、『親鸞聖人』をキーワードに広く人々に呼びかけて集まっていただくことが意義深いのです。大上段に構える気持ちなどひとつもありませんよ。皆さんが頑張ってやってみようということに、少しばかり協力させてもらうだけなんですから。(談)

 

 野聖物語*フォトドキュメント

 野聖プログラム表

野聖プログラム裏 

野聖物語★★★親鸞聖人「我が心の親鸞聖人」

「大谷本廟 親鸞聖人750回大遠忌法要記念イベント」演奏予定曲

本願寺からのお知らせ【西本願寺オフィシャル】 

Produced&Edited by Office Amitahouse

header750x100.jpg

  1. 2007/09/25(火) 12:54:02|
  2. 未分類

FUKASHI HOJO presents ENBAN Act"縁絆" 「ENBAN Concert EndlessTour In ROMA」 *ローマ公演*

FUKASHI HOJO presents ENBAN"縁絆

"Massege Act Collection*ローマ公演*

「ENBAN Concert EndlessTour In ROMA」

FUKASHI HOJO

MessagePerformance

ENBAN"縁絆" massege act in ROMA

***縁絆ローマ公演***

次回海外の「縁絆メッセージ アクトコレクション」は

開催年、日時、会場は未定ですが、

イタリア ローマを予定しております。 

「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」
(2010年から「ENBAN Massege Act Collection」のひとつになる)

本メッセージコンサートは、

日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、

様々な形の支援と協賛を得て、

スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。
 

Office Amitahouse

ローマ - Wikipedia

 『縁絆』(ENBAN)とは・・・

 
ENBAN Concert EndlessTour《since 1996》

OFFICIAL TOURFLAG
(縁絆コンサート・オフィシャルツアーフラッグ)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Song&BowzuMan







facebook.com/fukashi.hojo

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
北條不可思 オフィシャル ホームページ

FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE 

FUKASHI HOJO SONGS

↑↑↑

【北條不可思の詩曲が聴けます】

 

 

PRESS/MAGAZINE scrap

 【新聞・雑誌掲載記事】

 

 

Brief history

 【活動略歴】

 

 

Song&BowzuMan Watch&Thinking

 

九坊院物語

ANOTHER SIDE

愚螺牛・言の葉

 

をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

遊牛の詩Copyright ©  Special JION Music

航海の果てに Copyright ©  Special JION Music 

  Produced&Edited by OfficeAmitaHouse

 


  1. 2007/09/24(月) 00:07:47|
  2. 未分類

北條不可思;FUKASHI HOJO プロフィ-ル#Ⅰ

プロフィ-ル#Ⅰ
(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/fukashi.hojo




 

北條不可思/愚螺牛 (ほうじょう・ふかし/ぐらぎゅう)
          法名/釋難思(しゃくなんし)


プロフィ-ル/活動略歴
FUKASHI HOJO☆PROFILE  FUKASHI HOJO☆PROFILE 

浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)僧侶
音楽家=(シンガ-ソングライタ-)
日本仏教を代表する伝統宗派のひとつである、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺/京都、首都圏別院・東京 築地本願寺★宗祖 親鸞聖人は2012年(平成24年)に没後750年を迎える)に僧籍を頂き、無位無官・在野の僧侶としての活動を基としつつ・・・
1981年から
"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開。
布施によって生かされている者としての分限・分際の自覚から、商業音楽・商業講演・出版業界,政治・社会運動等とは、深く関心を持ち敬意をはらいつつ、一定の距離を保ち、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、その活動を続けている。
++++++++++++++++++++++++++++

1961年10月14日/広島県出身
(三次に生まれ、15歳まで呉で育つ)

1977年4月―78年10月まで、熊本県玉名の母方の寺にて過ごす。
その後、父・了介が浄土真宗本願寺派東京首都圏都市開教専従員の任を
拝命し、西本願寺相模原布教所開設にともない、坂東に移住。

***************

1981年
浄土真宗本願寺派
得度(法名・釋難思/シャク ナンシ)

1982年
浄土真宗本願寺派
東京仏教学院(東京・築地本願寺内)修了

1982年
(浄土真宗本願寺派・教師拝受)

1986 年
浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市開教専従員・任命拝受

2004年
浄土真宗本願寺派
宗学院(京都・浄土真宗本願寺派勧学寮内)別科受講修了

浄土真宗本願寺派・東京首都圏都市開教専従員(1986~2005)

浄土真宗本願寺派・眞信山蓮向寺住職、同寺宗教法人代表役員(1991~)

★★★★★★★★

1974年
ボブ・ディラン「風に吹かれて」、
ジョン・レノン「アクロス・ザ・ユニバース」に触れ、
作詩.曲を始める。

1981年★★★ 
僧侶の身でありながら、音楽表現活動を行うにあたり、
悩みぬいた末、(特に、歌詩に「愛」を使うことが、重大な問題であった)
原爆投下翌日を取材するなどの経歴を持つ、ジャーナリスト(中国新聞・広島/論説委員)であり、同郷でもあった、恩師・林 水月和上(西本願寺勧学/東京仏教学院講師)に相談。
その際、「親鸞聖人のご本意(本願他力の意趣)を心底に据え、真実信心をしっかりと聴聞して精一杯に表現なさい」との明解な師の助言を得る。
これを機縁に、宗門内外、国の内外の境を越え、
自作の詩曲を通じた独自のメッセージ活動を開始。
間もなく「今日の日は永遠の今」(1981年)を作詩作曲。
その後、地元テレビ神奈川『おしゃべりトマト』コーナーレギュラー出演、
浄土真宗本願寺派
・本山西本願寺,築地別院(築地本願寺)、同門寺院の記念行事、
他宗派、他宗教の特別講演、会社法人、特殊法人、各種団体の記念行事、
ロータリークラブ、青年会議所、中、高、大の学校記行事の音楽講演など、様々な場で歌い語る。★★★

1994年
CDアルバム『道化師の涙』(CRCP-20096)を発表(所属事務所、タイアップ無し)
縁あって[日本クラウン/パナムレーベルからメジャーデビュー]

僧侶としては
1993年秋、開教活動の機熟し、
土ひと握り、板一枚ない中、有縁者と共に蓮向寺(AmitaHouseBuddhistChurch)
本堂建立。 (眞信山蓮向寺/神奈川県相模原市当麻九坊院)


1995年

[一大転機]

当時1歳の一人息子・慈音(ジオン)が重度の脳性麻痺との診断を得る。

思案の末に、音楽表現によるメッセージ活動断念。

・・・子育てをする生活の中・・・

改めて思い知る『命の尊厳』の証(命の尊厳とは、人間の尊厳といった限定されたものではない)を信じ、『縁』と『絆』をキーワードに1996年6月「第一回・縁絆コンサート エンドレスツアー」を東京・築地本願寺講堂に於いて開催。その2ヵ月後、
世界的に知られる、親鸞聖人語録「歎異抄」第三章の言の葉の放つ響きと、
重度障害を持つ、息子・慈音との生活の中から、インスパイアされ生まれ出でた詩曲「遊牛の詩」を書き上げる。Song&BowzuMan/北條不可思の代表作となる。


これを機に音楽・美術展等を通じたメッセージ活動を再始動。
このカムバックに際し、妻の助言がこの上ない勇気を齎している。


遊牛の詩


詩/曲 北條 不可思

08.20.1996


*善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


+++++++


自由だ平和だ人権だと騒ぐ前に我々は何をしてる


Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

**毎日何かの命を喰らって生きてるくせに

 
人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる

ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい


悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい


Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


+++++++


明日ありと思う心の浅はかな愚かな己の精神よ

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


福祉だ教育だ環境だと騒ぐ前に我々は何をしてる

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


毎日何かの命を喰らって生きてるくせに 


人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる


ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい


悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい



Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


*善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい


善人なおもて往生す ましていわんや悪人はなおさらだ

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

inspired “TANNISHO”

Copyright © 1996 Special JION Music

FUKASHI HOJO songs on YouTube




1998年
独立事務所 〔会社法人〕

< オフィスアミタハウス/北條不可思事務所>
インディペンデント プライベート レコ-ドレ-ベル
<ジオンレコ-ズ/JION MUSIC FACTRY>を設立。


【現在】

日本仏教を代表する伝統宗派のひとつである、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺/京都、首都圏別院・東京 築地本願寺★宗祖 親鸞聖人は2012年(平成24年)に没後750年を迎える)に僧籍を頂き、無位無官・在野の僧侶としての活動を基としつつ、
1981年から
"Song & BowzuMan=歌うお坊さん"として、『縁』と『絆』****『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で、国境・人種・文化・信教・・・をも越えたメッセージパフォーマンス(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に独自の音楽表現活動を展開。
布施によって生かされている者としての分限・分際の自覚から、商業音楽・商業講演・出版業界,政治・社会運動等とは、深く関心を持ち敬意をはらいつつ、一定の距離を保ち、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、その活動を続けている。

~私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。
日本経済新聞/署名原稿2004年(平成16年)5月10日(文化欄/全国版)~

~僧侶と音楽家。「『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
 音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。
(文 田中夕介)産経新聞/2004年(平成16年)6月10日(全国版)~

浄土真宗本願寺派・東京首都圏都市開教専従員(1986~2005)

浄土真宗本願寺派・眞信山蓮向寺住職(1991~)


-----------------------------------------------------------------------------

【おもなメディアでの署名原稿、インタビュ-、活動紹介】

 「NHKニュ-ス短編特集」<横浜放送局制作>
「毎日新聞・ひと欄」「産経新聞・特集欄」/「朝日新聞・京都版」/「読売新聞・相模版」/『Jドキュメント・詩う生草坊主』60分(スカイパーフェクトTV)、『スーパーモーニング』(テレビ朝日)/『Live Five』(KBS京都)『WINGSPAN』(全日空機内誌国際線版)、『週刊女性』(主婦と生活社)、『女性自身』(光文社)、『総特集ジョン・レノン』(河出書房新社)/『中国新聞(広島)・特集欄』/RCC中国放送(広島)ニュ-ス特集/日本経済新聞・文化面署名原稿寄稿(全国版) 他で
活動紹介されている。


-----------------------------------------------------------------------------

【おもな発表作品】

著作
●『遊牛の詩』(京都・百華苑刊)[1997年]
“Song & BowzuMan”に至る日々を綴った詩文集。

CDアルバム
●『道化師の涙』[1994年]
日本クラウン/パナムレーベルからメジャーリリース(絶版)。
『on the white road』[2000]、
『眞信讃歌』[2000年]『Seriousness & Dignity』[2001]
『AliveTheLive』(ライブ盤)[2005]
『VowSongs/眞信讃歌』2006/6/24発表
『Beyond the Line/境界線(死線)の向こう側』2008/1/5発表
『Watch And Thinking/見聞録』2009年5月16日発表
『Song&BouzuMan・野聖物語』2009年5月16日発表 

 FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE(オフィシャルホームページ)

Produced&Edited by Office Amitahouse


*現在
CDアルバム
『GOOD TIME and HARD TIMES/良き時と厳しき時代』(2009年年末発表予定)
『FUKASHI HOJO Past days song 1993-2001/北條不可思・昔日歌』(発表日未定)
『SMILE and INDIGNATION 微笑と憤り』(2010年9月11日発表予定)  
3作をAmitahouse Main Temple Studioに於いて制作中。
Official STORE/(CD作品)(Ady International)
-----------------------------------------------------------------------------


【おもな活動歴】

◎ 『縁絆“ENBAN”concert-endless tour』を主催し展開中。

『縁絆コンサート』は、“縁絆”ENBAN Support association「不可思の会」を中心に、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。

東京(1996年~)築地本願寺・講堂他。
大阪(1999年~)トリイホール(道頓堀)他。
ニューヨーク(1999年~)ニューヨークブッディストチャーチ
長野(2001年)白馬シャガール美術館

広島公演(2002年8月~)・原爆資料館メモリアルホ-ル。
京都特別公演(2006年3月、2005年6月)
龍谷大学大宮学舎・本館講堂(重要文化財)。

Hometown(1996年~グリーンホール相模大野)

国立療養所長島愛生園(2006年10月21日・特別公演)

◎1991年春、
日本を代表する国際的彫刻家・安田 侃氏の個展「彫刻の道」ミラノ(イタリア)「アートと建築展:都市環境への提案」のオープニングに訪問の際、氏の代表作の一つ「妙夢」を背景に、呈上曲「SATNDARD DREAM」(CDアルバム『道化師の涙』に収録)を歌う。

◎ 2000年夏、
アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティで開催された浄土真宗本願寺派・北米教区仏教者大会に招聘。

◎ 1996年7月~2000年9月まで
地元FM局『ジャスト・ライク・ア・ローリングストーン』の、パーソナリティを担当。

◎ 1997年~1999年12月8日、
軽井沢・万平ホテルにて催す
『ジョンの日曜日』(故ジョン・レノンのメモリアルコンサート)へ参加。

◎2004年5月21日、
国連本部(ニューヨーク)にて「日本文化を伝える交流展示会」のオープニングで「しゃぼん玉」他2曲を歌う。

◎2004年5月22日
ニューヨークで催された「ヴェサック/お釈迦様を讃える記念行事」にニューヨーク本願寺・中垣顕實師の要請で参加。オリジナル作品「航海の果てに」に三帰依文(パーリ語)を加えて歌う。

◎2004年11月3日
「西本願寺公開講座こころのオアシス@六本木ヒルズ」でメッセージライブで参加。
http://hongwanjishutoken.net/report/post-22/#extended

◎ 【2004年3月、2006年6月】
龍谷大学大宮学舎・本館講堂(重要文化財)1879(明治12)落成以来、講義・儀式以外での使用許可を特別に賜り、「縁絆“ENBAN”コンサート」を開催。
今後、龍谷大学大宮学舎・本館講堂での開催予定は無い。朝日新聞/2004年(京都版)http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200701020000/


◎ 【2007年12月15日】
第一回「東京ボーズコレクション」に参加。(特別友情出演・俳優/金田賢一)
タイトルは、 "Blues For Buddha"Song&Reading Message live Performance -大悲の詩- 歌と朗読のメッセージライブパフォーマンス。

◎ 【2009年5月16日】
構想11年
野聖物語 SHINRAN SHONIN OF MY MIND 「我が心の親鸞聖人」
東京・築地本願寺ブディストホールにおいて開催。
(特別講演・淺田恵真和上 /本願寺派勧学、特別友情出演/俳優・金田賢一氏)

(オフィシャルホームページ)
FUKASHIHOJO.COM 

*****************************************
推薦文
わが宗門より仏様のおこころを
歌にのせて一人一人のいのちへ語りかける青年僧侶が登場しました。
仏様の限りない呼び声に老若男女を問わず誰もが
いのちの尊厳に聞き入ることであります。
どうぞ一人でも多くの方へお伝え下さい。
浄土真宗本願寺派
総長 松村了昌 
1994年 平成6年4月6日

*****************************************

現代和讃を謡う吟遊詩人へ

メッセ-ジ フロム 三國 連太郎 1994


北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。
これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい。
ところで、文化というと古めかしいものと思われがちだが、現在の古典が誕生した時には、すこぶる新鮮でセンセ-ショナルなものだったのではないか。
それがいつの間にか形骸化して、真意が全然伝わってこないと感じてしまう。
とするなら、北條さんの歌、否、存在そのものが、
いまだかつてなかった稀有なものではなかろうか。
きっと<北條不可思>は、常に待たれていた存在だった。
だが、待っている側が待っている対象を明確に出来ないから、結局自ら名乗りを挙げるしかなかったわけだ。

俳優の僕は、演じる役を鏡に人間の、
しいては自分の愚かさや可愛さを見つめることを楽しんでいる。己に忠実であるために降板するのはそのためだ。
北條さんは、そこを徹底したノンフィクションでやりこなす強靭な人でもある。
だから、伝統教団の中にあって、迎合せず異端にならず自分の言葉で語るなんていう困難極まりないことができるのだ。
だいたいどんな組織でも、体制の中でラクに生きることばかり考えているのだろうから。


北條さんの存在は、言葉が言葉として魂を持っていることの、命の通う言葉の存在の証のように思えてならない。
私の大好きな渡辺えり子さん(作家、女優)は、
40を過ぎても6歳のごとき濾布を持っている。
まるで、生まれっぱなしの純粋さで社会の出来事を濾過させているようだ。
北條さんにも、今の濾布を持ち続けてほしい。
そうやっていかれたら素敵な宗教者になられるという期待がある。
まずは、吟遊詩人のように弾き語り、声をからして頂くのが一番ではなかろうか。

                        三國 連太郎
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

メッセ-ジ フロム 新井 満 1994

小説を書く医師や教師がいる。絵を描く主婦もいれば、陶芸をする映画監督もいる。同時に様々な形で自己表現をしようとする芸術衝動を、決しておさえこんではいけない。なんとなれば自己表現とは生きることに外ならないからである。

僧侶・北條不可思の歌を聴いた。

人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた。

                                新井 満
----------------------------------------
このメッセ-ジは1994年6月CD「TEARS OF CLOWN・道化師の涙」(CRCP-20096)
(日本クラウン/パナムレ-ベル)メジャーリリース
(絶版につき現在入手不可)に際し、ライナーノーツとして
俳優・三國連太郎氏、作家・新井 満氏に寄稿して頂きました文章。
 

namo-amidabutsu




★ メッセージコンサートの他、 学校、企業、各種団体等に招かれ、
ギターの弾き語り&トークスタイルの音楽講演を行っている。
************
◎ 年2回程度『縁絆通信』発行。
◎『縁絆 E-mail Communication』を常時配信。

★“縁絆”ENBAN Support association「不可思の会」。
***************************** 
252-0336
神奈川県相模原市南区当麻九坊院863-30

address
OfficeAmitahouse/FUKASHI HOJO
863-30 KUBOUIN TAIMA MINAMI-KU SAGAMIHARA-SHI
KANAGAWA-KEN JAPAN 2520336
(FAX)042-777-3013
(Contact e-mail )
amitahouse@jcom.home.ne.jp
  1. 2007/09/23(日) 00:15:17|
  2. 未分類

《脳死は人の死*臓器移植・・・ことに心臓の移植について》





facebook.com/fukashi.hojo

《脳死は人の死*臓器移植・・・ことに心臓の移植について》

20世紀を代表する俳優・チャップリンが語ったとされる言の葉

「人を一人殺せば大罪人、500人殺せば国は勲章をおくる」

何が正しくて、何が不正なのか、

そのときと場面で変わってしまう。

人は、勝手都合で根源的事実をごまかしてしまう。

・・・と言いたかったのだろうか。

確かなことは、愚生には解らない。

人間の作る法律(正義や道徳、常識)の限界なのだろう。

言論と思想・信条・信教の自由をうたう日本国。

「心臓が欲しい」という人、「必要なし」という人、

背後でうごめく、医学者と為政者。

その思いと思惑は、事実であり自由だ。

唯、愚生に限ってのことではあるが、

忘れないでおきたいのは、不思議にも両親を縁に、

母の子宮に生まれた我が命は、

既に母の口を通った他の命によって、

我が命を生かしてくれている事実を。

命の長さや、状態で人に生まれた幸せの尺度とするには、

あまりにも悲しい。

生きるだけなら、他の生物も同様。

人に生まれた事実はその状態に関わらず、

尊厳あるものと信ずる。

生かされていることに目覚めて活きることの出来る

チャンス=縁をよろこび、命の尊厳と心の平安を大切にしたい

                  北條不可思

≪命の尊厳とは、人間の尊厳といった限定されたものではない≫

追記

仏教徒としては、仏典「盂蘭盆経」の目連尊者の母君が何故

餓鬼の世界に落ちなければならなかったかという説話を、

我が身に引き寄せて

深く聞いていかねばならないと確信している。

餓鬼 - Wikipedia

 人間の価値 (C)北條不可思(2001)

FUKASHIHOJO.COM OFFICIAL SITE 

FUKASHI HOJO SONGS

↑↑↑

【北條不可思の詩曲が聴けます】

 

 

PRESS/MAGAZINE scrap

 【新聞・雑誌掲載記事】

 

 

Brief history

 【活動略歴】

 

 

Song&BowzuMan Watch&Thinking

 

九坊院物語

ANOTHER SIDE

愚螺牛・言の葉

 

をクリックして頂くと、以下の詩曲を聴く事ができます。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

遊牛の詩Copyright ©  Special JION Music

航海の果てに Copyright ©  Special JION Music 

 Produced&Edited by OfficeAmitaHouse

  1. 2007/09/22(土) 00:11:24|
  2. 未分類

北條不可思;“歌うお坊さんへの質問”/Question to FUKASHI HOJO;Song&BouzuMan

 

北條不可思;“歌うお坊さん”への質問
Question to FUKASHI HOJO;Song&BouzuMan


1477_452105854989946_3198976302690999955_n-2-2.jpg

 
Copyright (C) RUDI VAN STARREX  AUSTRALIA  ( ANA All Nippon Airways Magazine) 
(全日空機内誌/国際線版)September2000 No.375 
PhotographyCopyright © Rudi van Starrex Sydney,Australia 
http://www.vanstarrex.com/ 

【Brief history/活動略歴】#2
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

 「自作品で好きな歌は?」

HOJO’s Answer

「影の影」【Shadow on Shadow】
《official version》namo-amidabutsu ©FukashiHojo;Japon
2007 

MUSICIAN

Vocals ,Harmonica& Guitar(acoustic&electric)
Fukashi Hojo(
北條不可思)

CANO BAND

Bass(wood:Upright&electric)
Yoichi Mr.bassball Fujisaki
(藤崎羊一)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html

Drums(percussion&Bell)
Shoichiro ashow Aso (麻生祥一郎)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html

Keyboard (piano&organ)
Yusuke pianissimo Nakagawa
(中川雄介)
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html

 

recorded and mixed by Sun Ashow

Produced by GURAGYU

Song & BowzuMan since 1981
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

ENBAN&YAHIJIRI concert endlesstour since 1996
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-193.html

CANO BAND since 2006
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html


Pohtography,Text,Poetry,Lyrics Copyright © 1981-

Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS

 
「影の影」は、愚生 深化の表現。 
 
*ことに、愚生の詩曲にふれていただけることによって
浄土真宗の衣・袈裟を着けておられる先師、法兄の
心に灯る阿弥陀如来の無縁の大悲の響きと輝きが
浮き上がり、ますますわきおこる機縁になって くだされば、
歓びこの上ありません。*
 
北條不可思 華思依 愚螺牛/釋難思

FUKASHI HOJO cassie gragyu SahkuNanshi


******

?何故、歌うお坊さんと坊主に「お・さん」を付けるのですか?

『くそ坊主や生臭坊主などいろいろ揶揄する言葉がありますが
「お・さん」は、けして、自分に付けているのではありません。
愚生は、くそ坊主であり、生草坊主の愚かな僧侶です。
しかし
人に何と言われても、日本語になっておらんと言われても
仏陀世尊:お釈迦様をはじめ
世界中のブッディストに唾を吐くようなものです。
だから、「お・さん」を付けます。

知識と智慧の違いです』。

namo-amidabutsu http://www.youtube.com/watch?v=MJE87diRJyU

Song&BowzuMan

Copyright(C) Hideki Ishihara Tokyo JAPAN 


北條不可思への質問

Question to FUKASHI HOJO

【北條不可思/活動略歴】
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html

-愚螺牛・徒然雑感記-
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-206.html


☆FUKASHI HOJO SONGS☆ 
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-180.html


響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】: (C)北條不可思/2010
http://www.youtube.com/watch?v=CrWPTWLW9rU



★★★★★★★★★★★
 
  野聖物語:眞信讃歌

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-311.html



 
Song&BowzuMan 
PhotographyCopyright © YASUAKI HATAYA; OSAKA JAPAN

PROLOGUE
 



眞信山蓮向寺公式ホームページrenkoji.org/


北條不可思公式ホームページ
fukashihojo.com/



「 不可思(ふかし) という名は本名ですか?」

HOJO’s Answer

「本名です。浄土真宗宗祖 親鸞聖人の主著教行信証

「行巻」末尾の偈文 正信念仏偈冒頭の2行目(総讃)

「帰命無量寿如来 南無不可思議光」から両親が頂き、名付けてくれました。

法名は「釋難思:しゃくなんし」。

この名も浄土真宗宗祖 親鸞聖人の主著「教行信証」の

「教行信証・総序」の 

『竊かに以みれば、難思の弘誓(なんじのぐぜい)は難度海を度する大船、

無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり。・・・』より、

得度の際(20歳)、申請許可を賜りました。

この名のほかに、愚生は、十二支で言う丑年生まれ(1961年)のご縁からか
「愚螺牛:ぐらぎゅう」「華思依:かしい」という雅号をもっております。
占い呪いに頼ることはありませんが、牛は好きです。
「愚螺牛」は、CD,コンサートなどの、総指揮,プロデューサー名で使用しております。
「華思依」は、絵画などに使用している名です。

ちなみに

僧侶になりたいと思ったのは3歳のころです。

実父は、小寺の住職をつとめておりましたが、

本願寺派布教使として各地の寺院などで、

仏陀釋尊出世の本意:弥陀の本願をお説教させて頂いておりました。

実は、一年の2/3以上は自坊を留守にしておりました。住職としては不本意です…。

ただ、息子の愚生にとっては、cool でした。単純に憧れたったのでしょう。

偶然ですが、10代に人生が一変する程に影響を受けた、BOB DYLAN のかもしだす

空気がよく似ていると…最近特に感じます。ちなみに最初に買ってもらったギターは

12弦でした。それをチューニングし弾いて見せてくれたのは、我が父でした。

はからいを超えたものがらが、はたらいているとしか思えません。

-------

ちかごろは、「不可思議・・・」というテレビ番組があるそうです。

時代の流れに何かがあるのですかね・・・?


HIROSHIMA 1964年

さてさて

『不可思議』の真意は

世間とは大いに異なる意味なのですが・・・。

『自由』『正義』などが代表的ですが

言の葉の真意を、自分勝手に持ちかえると危険です。
 
また

東洋的、西洋的・・・と決め付けるのも偏見です。

・・・

ただ、無責任な人は言います 。

それこそ、自由だと!

悲しいですが
・・・

そんなものです。


 「尊厳と誇り』(2010年作)BasicRecording testtrack Rough Mix :©北條不可思;Japon

:::::::

Question#1 

「誰に歌っているのですか?」

HOJO’s Answer「愚生自身を含む、無限の不特定個人です 。
不特定多数ではありません。
無縁の大慈悲《弥陀の本願》を信じ念仏申す者の
自覚と責務;報恩と使命です。」  
  
 慈悲 from Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%88%E6%82%B2

自信教人信wikidharma.org/

Question#2 

「どのような音楽ですか?」

HOJO’s Answer「ある意味、伝承音楽(詩曲)です。

願わくば

伝灯の音楽でもあればとも思っております。

また、ものごとのROOT:根源もしくは本質を表現する詩曲でありたいと

気をつけて

歌を書きうたっております。

究極

親鸞聖人独特の「応知」の心を心底に据え
 
詩を書き、歌い語りたいと心がけております。」

Question#3 

「お酒は飲みますか?」

HOJO’s Answer「お酒は否定はしませんが、嗜みません。

ちなみに、全世界的に嫌われている

煙草、葉巻は大好きでした」 

2010年7月9日小脳の梗塞で緊急入院

喫煙はドクターストップ

結果的に禁煙成功のようです。 

・・・

ご縁です。

ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(北條不可思:緊急報告)#7 
 http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/201008230000/

“洗心・洗脳”
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200811210001/

Question#4 

「あなたにとって音楽とは?」

HOJO’s Answer「娯楽以上であり、それ以外のものでもあります」

Question#5 

「あなたにとって僧侶とは?」

HOJO’s Answer

「愚生においては、行じ修し難く、成し証しがたい
 
尊く厳しい、聖道門の自力持戒の僧侶の道ではなく

正信念仏:本願他力を信じ仰ぐ 

無戒名字・無位無冠・在野の僧侶の生活ですので、

阿弥陀如来様の智慧と慈悲(本願他力)の大徳ををいただき、

親鸞聖人の"非僧非俗の精神"に身をおき、

その風格を仰ぎ 心身をかけ、

聞き信ずるところを慶び、

  体現し表現する者と受け止めています

僧侶と音楽家-愚螺牛・徒然雑感記- 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200910080002/

袈裟衣/-愚螺牛・徒然雑感記- 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200911250004/

【野聖物語・YahijiriMonogatari について】 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200906040004/

Question#6

 「あなたにとって縁とは?」

HOJO’s Answer「真実(弥陀如来の大慈悲)に出遇うチャンスです。
表現をかえれば、、本当の自分を発見することです。
もうひとひねりすれば、
身の程を知る(『おかげさまこそありがとう』と知る)、
大チャンスでもあります。」

真実・・・親鸞聖人 【VOW VERSE PIC UP】 -愚螺牛・徒然雑感記-http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200910050002/

『詩を漁る』 堀口大學 作   
http://blog.goo.ne.jp/fukajion/e/6a2c155700a8de014f9911b03b202d1c

Question#7 

 「あなたにとって絆とは?」

HOJO’s Answer「深く刻まれたおかげさま》の恩徳を、

             ありがとう 深謝し憶念する心」

“おかげさまは、ありがとうの生みの親”  
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200809110002/

Question#8

 「自作以外の歌を歌いますか?」

HOJO’s Answer「歌います。よく歌うの詩歌は、

No More Auction Block 』/ODETTA  (オデッタ)

Blowin' In The Wind BOB DYLAN (ボブ・ディラン)

come together NYC,MSG version(ジョン・レノン )

IMAGINE JOHN LENNON  (ジョン・レノン )
This Land Is Your LandWoody Guthrie (ウディ・ガスリー )

かなりや《童謡》 作詩:西条八十

シャボン玉《唱歌》 作詩:野口雨情

夕焼けこやけ《童謡》作詩:中村雨紅

 などです」

Question#7

 「活動を通じて、感じることは?」

HOJO’s Answer

「愚生の歌を聴いていただくことによって

なんとか自殺をせずに生き抜いておられる方や

毎朝、出勤や通学前に聴いてくださっている方

また、就寝前に必ず聞いてくださる方が

国内外に いらっしゃる事実が、耳に届いた時

何ものにも代え難い有り難さと

かたじけなさを痛感します。  

 
あり得ないことですが

愚生の詩歌が世に流行すること・・・を

はるかにしのぐ、大いなる慶びです。

境界と価値観の異なるよろこびです。

 


RECORDING MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals
Fukashi Hojo
fukashihojo.com 

Harmonica-Shaku Nanshi

(CANO BAND)
Bass(wood:acousticUpright&electric)
Yoichi Fujisaki ;藤崎羊一
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-198.html
Drums(percussion&Bell)
Shoichiro Aso ;麻生祥一郎
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-197.html
Keyboards (piano&organ)
Yusuke Nakagawa ;中川雄介
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-196.html


Produced by GURAGYU

Copyright © 2009
Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with 
ENBAN FUKASHI-NO-KAI
Amitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

FUKASHI HOJO&CanoBand/北條不可思とカノバンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-221.html

レコーディング:制作近況
 http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-248.html

北條不可思のレコーディングスタイル 
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-219.html

※※※

1981年から「歌うお坊さん:Song&BowzuMan」として、

仏教精神を基に

「不可思議な縁」「真の絆」

「命の尊厳」「心の平安」

といったものがらをテーマに自作の詩曲を中心に

メッセージ活動を続けています。

近年「絆」という言葉がよく目に入るようになりました。

嬉しい思いにはなりますが、

反面 『真の』という言葉をつけているものとしては、

もう一歩踏み込んで見つめて頂けたらと願います。

ブディストからみる「絆」という言葉は

非常に取扱注意の言葉でもあるからです。

イメージや観念だけで使っていると

虚しく怪しい、人を惑わす言葉ともなりますから。

現在のテーマは、己の意思とビジョン

「真の誇り:驕りなき誇り」http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/201003280002/です。

「尊厳と誇り』(2010年作)BasicRecording testtracks Rough Mix :©北條不可思;Japon

http://www.youtube.com/watch?v=A8KXMD9KnVQ



表現を変えれば、真の人間の価値です。

地続きの大陸の精神文化とも違いますが、

島国である日本の風土には

馴染まない視点かもしれません。

この言葉も取扱注意です。
 
*2012年秋から、「真の誇り:驕りなき誇り」
をすすめて「Chaos:混沌~深き淵」


2016年には、「深」という文字の意味をテーマにしています。
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-381.html


《古今東西、為政者や流行者の言動に振り回されていますが、

人の一生は一度です。真の意味で大切大事にしたいものです》

人間の価値(2001)(C)FUKASHI HOJO/2010
http://blog50.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=206 


***

愚生の歌を聴く環境としての

独りで車に乗りドライブ中に聴くのが良いそうです。

でなければ、ヘッドフォンで聴くのがよいみたいです。

いずれにしても、万人受けする

恋愛歌や人生哲学、人間応援歌、

ましてや気分(人気)を酔わせ、

惑わせる洗脳宗教歌ではないので、

無理ないとは思います。

(洗心は厳しく、尊く、ありがたい)

愚生の歌で、一般的な感動や

癒しを味わえる方は、それこそ稀有な人です。

恐らく、その主な要因は、独特のメタファーで

作詩和讃された本願念仏の大詩人:親鸞聖人に深い影響を受け、

ボブ・ディラン、ジョン・レノンの表現法を

愚生なりのスタイルで行っているからでしょう。


東京大学の教授・学者で、愚生が勤めさせている
寺院の有縁のご門徒さんが、
あるとき、「宗教者になれないから、宗教学者になるんですよ」
と語られたことがあります。
その教授のご専門は仏教、東洋哲学等とは違います。
愚生は学・徳兼備の学僧和上のご縁を幾人か頂いております。

そのむかし、恩師の和上のお一人は、

仏教:浄土真宗の学は
「学佛大悲心」の学です。・・・とお話しされました。

深いメッセージと心身に刻んでおります。

ものは試しに、人生を終えられる前に一度

「北條不可思の詩歌」を聴いてみるのも

奇妙な時代ですから、良いのではないでしょうか」


☆彡YouTube http://www.youtube.com/user/amitahouse

愚生乃文」《大悲の聲は慈慧の響き》西本願寺・宗学院別科研究報告論文
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200602140000/


Blowin in the Wind(BOB DYLAN)~涙の河を超えて~(日本語詩・北條不可思
http://www.youtube.com/watch?v=r6KM310RyjI

Blowin in the Wind(Bob Dylan)北條不可思 東京・築地本願寺ブディストホール
http://www.youtube.com/watch?v=KDneXAeCJKk

・・・

Question “ending”

 「自作品で好きな歌は?」

HOJO’s Answer

 「影の影」 
http://www.youtube.com/watch?v=rXQCvArZ1nI

「不可思議なるスタジオで収録した
空間の息吹を聴いて頂きたい」


******

FIN



現代和讃を謡う吟遊詩人へ
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200602250001/

北條不可思:FUKASHI HOJO/youtube amitahouse
 http://www.youtube.com/user/amitahouse

北條不可思は、2010年7月小脳梗塞となり九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

この生活の中から、阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い続けている。

ENBAN e-mail COMMUNICATION&NEWS(北條不可思:緊急報告)


 ENBAN・縁絆 緊急報告《北條慈音(ほうじょうじおん)満16歳 緊急入院》





響流和讃:こうるわさん【恩徳讃歌】:
響流和讃:こうるわさん
【親鸞聖人750大遠忌記念】
(C)北條不可思/2010



【Brief history-活動略歴】
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-240.html



フォトドキュメント 親鸞聖人大谷本廟750回大遠忌記念献歌コンサート
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-194.html

北條不可思:縁絆コンサート エンドレスツアー

http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200911140002/

-愚螺牛・徒然雑感記-

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-255.html

 

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★  

 

photo by(C)JION HOJO 2009 July/TokyoJAPAN

E-MAIL amitahouse@jcom.home.ne.jp

 Produced&Edited by OfficeAmitaHouse
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-227.html



 

 

 「自作品で好きな歌は?」

HOJO’s Answer

 「影の影」
http://www.youtube.com/watch?v=rXQCvArZ1nI

 

影の影は深化の表現です。

******


Namo-AmidaButsu


 
  1. 2007/09/21(金) 00:34:24|
  2. 未分類
次のページ

プロフィール

Song&BowzuMan

Author:Song&BowzuMan
“Song & BowzuMan”
 since 1981


ENBAN&YAHIJIRI concert endlesstour
 since 1996
 

CANO BAND
 since 2006


*

北條不可思【愚螺牛・華思依】
ほうじょうふかし
【ぐらぎゅう・かしい】
法名/釋難思(しゃくなんし)

広島県出身
1961年10月14日生まれ


浄土真宗本願寺派・僧侶
シンガー・ソングライター
1981年
浄土真宗本願寺派
(本山・西本願寺)
http://www.hongwanji.or.jp/
得度
(法名・釋難思/シャク ナンシ)

浄土真宗本願寺派
東京首都圏都市
開教専従員(1986~2005)
(築地本願寺内)
http://tsukijihongwanji.jp/

浄土真宗本願寺派・
眞信山蓮向寺住職(1991~)
http://renkoji.org/

****************

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)

*

【Born】
October 14, 1961
(1961-10-14)
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-modern times

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer
(A priest and a musician)  
Priest(Shin-Buddhism,
Pure Land Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL(2012)



★日本仏教;浄土門を代表する
伝統宗派の ひとつである
浄土真宗本願寺派

本山・龍谷山本願寺(西本願寺)○京都市下京区堀川通花屋町下る
宗祖廟所・大谷本廟(西大谷)○京都市東山区五条(東山五条)
東京首都圏・築地本願寺 東京都中央区築地


★2012年/平成24年に
宗祖親鸞聖人没後750年を迎えた
浄土真宗本願寺派に僧籍を頂く。
2009年大谷本廟における
親鸞聖人750回大遠忌記念
「恩徳讃歌献歌コンサート」を参加開催。
大谷本廟(西大谷)
http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/
******

親鸞聖人が表現し体現された
非僧非俗の精神と風格を仰ぎ
無位無官、在野の僧侶としての
活動を基本とし、

1981年(昭和56年)得度を機に
"Song & BowzuMan=
  歌うお坊さん"
Message Performing Artist
として、
真実の『縁』と『絆』
『命の尊厳』と『心の平安』を
キーワードに国内外で、
国境・人種・文化・信教・・・・
をも越えた
メッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と
作品制作
(CD・BOOK・etc)を中心に
現在のテーマを
「真の誇り:驕りなき誇り」と定め
2017年のフックワード{転}とし
独自の音楽表現活動を展開。

★「愚生が帰属している
浄土真宗本願寺派の現在
(2015年:平成27年)
の中心メッセージに
『縁』『絆』がフックとして使用されている事に
この上ない深い報恩・慶びと謝徳の念いが
心の底から身心に沁み渡るようである」。
 namo-amidabutsu -f.hojo-

★ 布施によって生かされている者としての分限・分際の
自覚(ブディズムに根ざした真実の「縁」「絆」「命の尊厳」等を
表現メッセージする方法手段)から、
商業音楽・商業芸術・商業講演・
商業出版、,政治・社会運動等とは、一定の距離を保ち
深く関心を持ち、敬意をはらいつつ、
日本国内外のさまざまな人々から
その立場を越えて、
様々な形の支援と協賛を得て
そのメッセージ活動を続けている。

★★★★★★★★★★★★★★★★

特に、重度障害を持つ、
息子慈音との
生活の中から始まった
「ENBAN・縁絆コンサート 
    エンドレスツアー」は、

*東京(1996年~)築地本願寺


*大阪(1999年~)トリイホール


*ニューヨーク(1999年~)
ニューヨーク本願寺


*ニュージャージー(2000年)
アトランティックシティ
シェラトンホテル
コンベンションホール
浄土真宗本願寺派
北米教区仏教者大会に招聘


*長野(2001年)
白馬シャガール美術館


*広島公演(2002年8月~)
原爆資料館メモリアルホ-ル


*京都公演
(2006年3月、2005年6月)
龍谷大学大宮学舎
本館講堂(重要文化財)


*Hometown/相模原
(1996年~
グリーンホール相模大野)


*国立療養所長島愛生園
(2006年10月21日・特別公演)
など、国内外で開催され、
   現在も続けている。




《今後の公演予定》

【国内】
北條不可思 縁絆コンサート2016
ENBAN "縁絆" concert endlesstour 201
日程

*******
《コンサート メッセージ テーマ》
『KEEP ON WALKING 』
( 混沌と真実:Chaos & ship )

【海外】
パリ  フランス 日程未定企画中
ローマ イタリア 日程未定企画中


毎年「ENBAN:縁絆コンサート エンドレスツアー」
縁絆・野聖メッセージコンサートとして、春・秋開に開催。


2016年以降で、国内、
海外(パリ:フランス ローマ:イタリア)を計画中です。

なお、CD作品の制作は2010年11月より
北條不可思50歳記念 Wアルバム
通算12作目「PRIDE&PROUDLY  誇りと驕り」
『FUKASHI HOJO Past days song 1993-2001/
北條不可思・昔日歌』(発表日2012年3月9日)
2011年4通算13作目「Keep On Walkin' 真実一路」
2011年通算14作目『flower&rain』《NotForSale#Ⅱ》
2012年通算15作目『REAL FANNTASIA;本当の幻想曲』
2013年通算16作目『混沌と真実;Chaos and ship』の制作。
2014年通算17作目『listen and hear/無為の鐘』

2016年
Documentation Series No. 1 2010~2015
ドキュメンテーションシリーズ No.1 2010年-2015年 
5作品紙ジャケット特別詩歌集、発表。
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-4.html

2016年-2017年通算18作目『ROCKA BULUES & ROLL;転依』
2017年通算19作目『Buddson&Sons;慈慧と詩歌』
Amitahouse Main Temple Studioに於いて制作中。

RECORDING 2008-
/レコーディング:作品製作
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-248.html


OfficeAmitaHouse

VOW BREATH PRODUCTIONS


「ENBAN:縁絆コンサート

エンドレスツアー」
(2010年から「ENBAN Massage Act Collection」のひとつになる)
は、日本国内外のさまざまな人々から、その立場を越えて、様々な形の支援と協賛を得て、スタートから一貫して入場無料・全席自由のスタイルで開催が継続されている。






      ★★★★★★★★★★★★★★★★


【私は、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ソング・アンド・ボウズマン(歌うお坊さん)として独自の音楽活動をしている。俗に「二足のわらじ」というが、自分自身では使い分けている意識はなく、ベースは同じ表現者であると思っている。】
日本経済新聞(署名原稿)
2004年5月10日配信(文化欄)

      *********


【僧侶と音楽家。
『二足のわらじ』という人もいるが、私は呼吸と思っている。息を吸っているときは仏教の心を吸収し、息を吐くときは歌となって出ていく」
音楽で表現するもの。仏教で表現するもの。それはいずれも「和の精神」であり、「命の尊厳」だ。】
(文 田中夕介)
産経新聞
2004年6月10日配信(全国版)

        *********


『北條さんの声と歌に、言葉よりも音楽の方が心に浸透する力が大きいことを実感させられてしまった。これは、現代の和讃ではないか。
つまり、今の言葉で、今の音楽で綴られた仏教讃歌だと感じたのだ。
新しい文化の誕生と言ってもいい』。
(メッセ-ジ フロム 
三國 連太郎 1994年)

      *********


『僧侶・北條不可思の歌を聴いた。
人生の謎と美と真実に一歩でも近づこうとして疾走する、一人の男の歌を聴いた』。
(メッセ-ジ フロム 
新井 満 1994年)

      *********


推薦文
わが宗門より仏様のおこころを
歌にのせて一人一人のいのちへ語りかける青年僧侶が登場しました。
仏様の限りない呼び声に老若男女を問わず誰もが
いのちの尊厳に聞き入ることであります。
どうぞ一人でも多くの方へお伝え下さい。
浄土真宗本願寺派
総長 松村了昌 
1994年 平成6年4月6日

 *********************
     
★ 女性自身 光文社 
平成13年3月20日号
お経ではなく歌でメッセージを伝えるボブ・ディラン坊主こと
蓮向寺住職北條不可思さん。
脳性マヒの長男慈音くんと奏でる"命の讃歌"----。 
《本誌リードより》

*********************

メッセージコンサート、音楽講演、CD作品等の、商業的派手な宣伝、告知、広告、などは行っておりませんので、ホームページ等でご確認頂き、ご来場、ご購入いただければ有難く存じます。
*********************

(Contact Us/ 連絡・問合せ )


E-MAIL 
amitahouse@jcom.home.ne.jp




*********************
 
北條不可思 代表作の1曲

遊牛の詩/ゆうぎゅうのうた ↓ ↓ ↓
作詩・作曲・歌 北條不可思
演奏・北條不可思とカノ・バンド
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


:作詩作曲 北條不可思
(http://fukashihojo.com/)
 
1996年作 1998年発表 2006年再発表 2009年再々発表 
from Jion Music Factory:Office AmitaHouse;
Produced by GURAGYU(愚螺牛)


(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/
fukashi.hojo

『遊牛の詩』は、
Song&BowzuMan
"歌うお坊さん"北條不可思の代表作の一曲。

― 善人なほもつて往生をとぐ、

   いはんや悪人をや。―

世界的に知られる
親鸞聖人語録「歎異抄」
第三条の言の葉の放つ響きと
重度障害を持つ、息子・慈音との
生活の中からインスパイアされ
生まれ出でた詩曲。
北條不可思にとっての
Like A Rolling Stone(BOB DYLAN)であり
恩徳讃歌でる。
もはや、歌とは言えないのかもしれない。


遊牛の詩 (以下歌詩掲載)

『遊牛の詩』
詩/曲 北條 不可思
浄土真宗本願寺派:西本願寺
僧侶:シンガー・ソングライター

08.20.1996

*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++
自由だ平和だ人権だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

**毎日何かの命を喰らって生きてるくせに
 人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる
ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
+++++++

明日ありと思う心の浅はかな愚かな己の精神よ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
福祉だ教育だ環境だと騒ぐ前に我々は何をしてる
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
毎日何かの命を喰らって生きてるくせに 
人間だけが一番エライと講釈、講釈たれる

ねずみに勝利を渡す牛になりたい 
ねずみに勝利を渡す牛になりたい
悠々と歩む牛になりたい 
悠々と歩む牛になりたい

Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
*善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい
善人なおもて往生す 
ましていわんや悪人はなおさらだ
Oh My Son このメッセ-ジが聞こえるかい

MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals-Fukashi Hojo 
Harmonica-Shaku Nanshi

:FUKASHI HOJO&CanoBand:
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-221.html


Produced by GURAGYU:愚螺牛

Copyright © 1996,
renewed 2009
Special JION Music

Amitahouse&GURAGYU PRODUCTIONS


inspired TANNISHO
http://plaza.rakuten.co.jp/
fukashihojo/diary/200605030000/
Tannishō
【From Wikipedia;English」】
http://en.wikipedia.org/wiki/
Tannish%C5%8D
Copyright © 1996 Special JION Music

北條不可思 縁絆コンサート:フォトドキュメントリスト
ENBAN "縁絆" concert endlesstour PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-193.html
野聖物語:眞信讃歌2009~http://
fukashi.blog50.fc2.com/blog-entry-311.html
Produced by GURAGYU
*
MUSICIAN

Guitar(acoustic&electric) 
Vocals
Fukashi Hojo 

Harmonica-Shaku Nanshi

(CANO BAND)
Bass(wood&electric)
Yoichi Fujisaki
Drums(percussion&Bell)
Shoichiro Aso
Keyboards (piano&organ)
Yusuke Nakagawa


Produced by GURAGYU

Copyright © 2007
Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

FUKASHIHOJO SONGS
http://fukashi.blog50.fc2.com/
blog-entry-180.html

in association with 
ENBAN FUKASHI-NO-KAI
OfficeAmitahouse&VOW BREATH PRODUCTIONS

リンク

このブログをリンクに追加する