fc2ブログ

♦♦♦♦♦♦北條不可思​​​"Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅠ・愚螺牛雑感記♦♢♦

"Song & BowzuMan”since 1981 & ENBAN YAHIJIRIMONOGATARI  🔷♦🔶“縁絆・野聖物語” message concert endlesstour since 1996🔷♦🔶{道化の涙は彌陀の慈悲・物語の終わりに夜明けの詩を歌う}🔷♦🔶🔷♦🔶🔷♦🔶

♦"Song & BowzuMan”★2024 April#Ⅱ♦💎『​​野聖物語​​』​《1987年作》Remix & Remaster 2022​【原題:野の聖:nono-hijiri】 親鸞聖人『Shinran-Shonin of my mind』💎​唯信◆2024(令和6)年 4月号 :九坊院より言の葉だより&和讃の時間【南無阿弥陀仏をとなふれば  四天大王もろともに  よるひるつねにまもりつつ  よろづの悪鬼をちかづけず -浄土和讃/現世利益讃-】{}◇竊かにささやく愚螺の牛◇「新しい領解文(浄土真宗のみ教え)」の幻影~{御影向の眼差し}#2{}{}2024年オリジナル最新作品{} Documentation Series#12『Freedom and Equality:自由と平等』 official Web version:2月15日WEB発表作品💎

🔷Welcome🔷
Blog like an anthill
{道化の涙は彌陀の慈悲・物語の終わりに夜明けの詩を歌う}


北條不可思:ほうじょうふかし

法名/釋難思(しゃくなんし)
広島県出身【三次生まれ呉育ち】
1961
1014日生
浄土真宗本願寺派 僧侶・シンガー・ソングライター

浄土真宗本願寺派

(本山・西本願寺 東京首都圏・築地本願寺)

得度:19811015

(法名・釋難思/シャク ナンシ)



1981(昭和56年)得度を機縁に


親鸞聖人が表現し体現された非僧非俗{愚禿}の精神と風格を仰ぎ

無位無官在野の僧侶としての活動【生活】を基本とし

あえて
"Song & 
owzuMan=歌うお坊さん" Message Performing Artistとして
真実の『縁』と『絆』『命の尊厳』と『心の平安』をキーワードに国内外で
国境・人種・文化・信教・・・・をも越えたメッセージパフォーマンス
(コンサート、音楽講演)と作品制作(CD・BOOK・etc)を中心に
独自の音楽表現活動(ライスワークでもライフワ-クでもない
を展開。

布施によって生かされている者としての、分限・分際の自覚・ブディズムに根ざした
眞實の「縁」「絆」「命の尊厳」等を表現メッセージする方法手段から
商業音楽・非商業音楽 商業芸術・非商業芸術 商業講演・非商業講演
商業出版・非商業出版 政治活動・社会運動 非政治活動・非社会運動等々とは
一定の距離を保ち深く関心を持ち、敬意をはらいつつ
日本国内外のさまざまな人々から立場を越えて
様々な形の支援と協賛を得て、そのメッセージ活動を続けている。


20107月♢

心原性・小脳と脳幹の梗塞となるが、九死に一生を得る。


{}現在唯今{}

様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

けして穏やかな日々とは参りませぬが、
この生活おかげさまでありがとうの中から
不可思議光如来の 深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ
ひそかにひそかにひっそりと

詩い歌い続けている。阿・・・我が業です。


{道化の涙は彌陀の慈悲・物語の終わりに夜明けの詩を歌う}


{}Activity history/活動略歴 {}


❖♦△○🔷◆♦♦♦♦♦🔶🔶🔶


April 2024 #Ⅱ



画像


野聖​​​物語​​​​​​​​

【原題:野の聖】

親鸞聖人

-野聖物語-

ShinranShonin of my mind

1987年作》

 

「我が心の親鸞聖人」

 

人の心を喰い物にして

こだわりあがく群れの中で

直面しているのは鏡の前の己だと

唯ひたすらに 足元見つめ

歩き続けているのは

心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから

人の痛みが沁みるから

「偽れない」と心が叫ぶから

どうすることも出来ない、名利に沈む己だと

唯ひたすらに 瞳を閉じて

歩き続けているのは

心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから

「全ては夢さ」と片付けても

心が痛む時

それでも野をゆく聖の後姿は

わたしにささやき続け

「直面しているのは鏡の前の己だ」と

唯ひたすらに 足元見つめ

歩き続けているのは

心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから

それでも野をゆく聖の後姿は

わたしにささやき続け

「直面しているのは鏡の前の己だ」と

唯ひたすらに 足元見つめ

歩き続けているのは

心及ばぬ流れの中に 身を委ねてるから

 

『白き道 ただひたすらに ひとすじを 歩み続ける野の聖』 不可思

 

南无阿彌陀佛

namowamidabuchi

Copyright © 1987 by Special JION Music

Fantasia Records de JION Music Factory





唯信◆2024(令和6)年 4月号 

唯信◆2024(令和6)年4月号

謹みて 有縁の皆様におかれましてはお念仏ご相続の事と拝察申し上げます。新年度を迎え、新生活を始めた方も大勢いらっしゃる事と存じます。一方、昨日と今日に特段の変わりがない方もおられるでしょう。

だが、誰もが〝変わらない瞬間〟を我が身に留めおく事は叶わず、儚い諸行無常のただ中に有限の命を生きていますが、ご本願をお聴聞するご仏縁に遇わせて頂けば、無量寿無量光という限りのない〝永遠の今〟を阿弥陀さまに活かされ生きていると知らされます。 

いかなる人生であろうとも、「この私」が阿弥陀さまの救済の目当てであることをどんな時でも心に据えておきたいと存じます。一切の条件なく、『我が願いを信じ我が名を呼んで下さい。必ずすくいます』と誓われた阿弥陀さまに佛恩報謝のお念仏を申し上げるばかりです。

     *

南無阿弥陀仏をとなふれば   (なもあみだぶつをとなふれば)

四天大王もろともに      (してんだいおうもろともに)

よるひるつねにまもりつつ   (よるひるつねにまもりつつ)

 よろづの悪鬼をちかづけず  (よろづのあくきをちかづけず)

【意訳】南無阿弥陀仏を称える身になると、四天王はみなともに、昼夜を問わず常に護ってあらゆる邪悪な鬼を近づけない。

四天王…須弥山(しゅみせん)の中腹に住し、帝釈天に仕えて仏法を守護する神々。すなわち東方の持国天(じこくてん)、南方の増長天(ぞうじょうてん)、西方の広目天(こうもくてん)、北方の多聞天(たもんてん[毘沙門天/びしゃもんてん])をいう。 (出典『三帖和讃』浄土真宗本願寺派編)

     *

 親鸞聖人さまは、四天王とあがめられる神々が、阿弥陀如来さまの智慧と慈悲のはたらきが尊く、真に完成されたさとりの道がゆるぎない理(ことわり)だと得心されて、阿弥陀仏に自主的に忠誠と守護を誓い、真実信心を護られている事を讃えて詠まれました。本願念佛に生きる「私」を、四天王は皆ともに、いつでもどこでも夜も昼もなく護ってくださっているとお示しされた和讃です。尊い神々は古来より人々を魅了して、各地の仏閣で大切にご安置されていますから、姿かたちに親しみを覚えますが、「冥衆(みょうしゅ)」と称され、私たちには、その実相を見ることは出来ません。

 悪鬼は、仏道を害する夜叉や羅刹などを指しますが、本当の悪は我が心のうちに巣喰うている疑いやおごりたかぶりや邪(よこしま)な、決して滅することの出来ないうごめく感情です。まさに、無明煩悩の闇です。

しかしながら、親鸞さまは「煩悩具足、地獄一定の私」こそが阿弥陀如来さまの救いの目当てだと教えて下さいます。「私」がご本願を信じ、お念仏を申させて頂くことこそ阿弥陀如来さまの大慈大悲そのものです。 

私の身をもって称えている『ナモアミダブツ』ですが、称えせしめられている不思議です。本当に阿弥陀さまのひとりばたらきは不思議です。

 この不可思議な阿弥陀さまのお慈悲が「私」をお念仏喜ぶ身にお育て下さるのです。お念仏と共にある暮らしは『当たり前』ではないと深く知れば、おのずと四天王のご加護までもが「おかげさま」と知らされます。

誠に有難く、真に尊き如来大悲の生死(しょうじ)出ずるべき〝おかげさま〟を賜って〝ありがとう〟のお念仏を共々に申させて頂く日暮しを送らせて頂きましょう。                                 


                                合掌称佛

住職  北條不可思


 



唯信:九坊院より言の葉だより

このメッセージレターは、北條不可思が住職をつとめる

浄土真宗本願寺派眞信山 蓮向寺

【相模原市当麻・九坊院】 有縁の方々にお送りいたしました通信です。

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖



ENBAN CONCERT IN OSAKA 野聖物語2019



❖ 北條不可思 "Song & BowzuMan”『歌うお坊さん』ブログⅡ・愚螺牛雑記 ❖




On The White Road

~いつの日か帰る場所へと続く白き道~

On the white road

いつの日か帰る場所へと続く白き道

(2001年)






北條不可思

Monk

{Buddhism: Jodo Shinshu Hongwanji‐Ha  singer-songwriter}

 浄土真宗本願寺派 僧侶/1981年得度シンガーソングライター

💎💎💎

Song & BowzuMan

since 1981

&

ENBAN YAHIJIRIMONOGATARI

縁絆・野聖物語”

message concert endlesstour 

since 1996



ENBAN:縁絆 “彌陀の本願を縁じ、念佛を絆ず”
この逆謗の穢愚身、唯今ここに帰命尽十方無碍光如来~
南无阿彌陀佛
NAMOWAMIDABUCHI

画像


💎プロフィール&リンク:note💎


【Activity history/活動略歴;1961~2010​​​#2​​

【Activity history/活動略歴;2010~2023​​​#3


🔶


facebook
https://www.facebook.com/fukashi.hojo/


twitter
https://twitter.com/fukashihojo


Instagram
https://www.instagram.com/fukashihojo/


YouTube
https://www.youtube.com/user/amitahouse/featured


flickr
https://www.flickr.com/photos/68100967@N04/


NOTE

https://note.com/dabuchi39180428

 





画像

CD作品制作一覧

Song Collection Album

1994

​​​​https://note.com/dabuchi39180428/n/n643fa70cf8bb

 

画像

SONGS

「詩曲作品集」

1980

https://note.com/dabuchi39180428/n/n6637b25cfd8a


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

2024オリジナル音楽作品

 Documentation Series#12

『Freedom and Equality:自由と平等』

 official Web version

全7曲

{2024年作品}

FUKASHI HOJO:北條不可思

2月15日WEB発表





Documentation Series#12 

Web version

{2024年作品}

『Freedom and Equality:自由と平等』 FUKASHI HOJO 北條不可思 ❝Song & BowzuMan:歌うお坊さん❞ Documentation Series通算27作目 RELEASE LIST 🎼 1. 💎『夜明け前♦シャッフルダンス』(2023作)

🎼 2. 💎『悲しい雨,愚かな傘』 (2008年作)

🎼 3. 💎和国に生まれて』(1993作)#2 at KIZANsan

🎼 4. 💎『西へ』~西方指南の慈悲の舶~(2003作)

🎼 5. 💎『和国に生まれて』(1993作)#1 at MAKIsan

🎼 6. 💎『NAMOWAMIDA』(2022作)

🎼 7. 💎『されば、その先を往かん』(2022作)

LINER NOTES&CREDIT All songs written by FUKASHI HOJO

MUSICIANS

画像 FUKASHI HOJO (北條不可思)

- guitar, acoustic and electric, harmonica, vocals


SHOICHIRO ASHOW ASO (麻生祥一郎

drums-All songs


YUSUKE PIANISSIMO NAKAGAWA(中川雄介

piano, pipe&Hammond organ,accordion

- All songs

Guest MUSICIANS


(Violin)‐Chieko Maki;牧 千恵子 『和国に生まれて』(1993作)#1


画像 (Shakuhachi)- Kizan Daiyoshi;大由鬼山 『和国に生まれて』(1993作)#2 ADDITIONAL MUSICIANS e/bass-DANIEL CHRONICLES Upright bass-KEY WEST MATADOR strings-SUN ASHOW & CHARLES ORCHESTRA  cello-TAMNI SHOU PRODUCED BY: GURAGYU(愚螺牛

画像

ENGINEERED AND MIXED

 [Sound Director]

BY SUNCHESS WHITE ASH

ASSISTANT CHARLIE U

FRONT COVER (Drawing)CASSIE

Album design  Odetta M

Special support JION

Recorded and mixedAmitahouse Main Temple Studios

(當麻九坊院 眞信山 蓮向寺)

Copyright © 1993-2023by Special JION Music

Fantasia Records de JION Music Factory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

Copyright © 1981-2024 by Special JION Music.

Fantasia Records de JION Music.Factory

OfficeAmitahouse

VOW BREATH PRODUCTIONS

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖



❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

画像


竊かにささやく愚螺の牛ささやく愚螺の牛


画像

{}​​​​御影向の眼差し{}


弥陀の本願信ずべし

本願信ずるひとはみな

摂取不捨の利益にて

無上覚をばさとるなり

正像末浄土和讃

夢告讃


無明長夜の灯炬なり

智眼くらしとかなしむな

生死大海の船筏なり

罪障おもしとなげかざれ

正像末和讃


願力無窮にましませば

罪業深重もおもからず

仏智無辺にましませば

散乱放逸もすてられず

正像末和讃


「本願を信じ念仏を申さば仏になる」

歎異抄第12章より


聖人(親鸞聖人)のつねの仰せには、

「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、

ひとへに親鸞一人がためなりけり。

されば、それほどの業をもちける身にてありけるを、

たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」

歎異抄第18章より​​​​​​​​​





『弥陀の仏の白き道』

2009年作2016年再録

Official recording track

作詩・作曲・歌 北條不可思

《法名釋難思》

WRITTENBY :FUKASHI HOJO

はじめに誰が名付けたか

人には心の命があり

心の闇を破るには

智慧の灯を迎えよう

明日はないと思えども

さぁぁ この今を如何せん

さぁぁ この今を さぁぁ 如何せん

弥陀の仏と歩く道

闇夜にフツと現れる

弥陀の願いの白き道

共に歩くは あぁ弥陀の道

おわりに誰が名付けたか

人には心の命があり

心の闇を破るには

明日はないと思えども

さぁぁ この今を如何せん

さぁぁ この今を さぁぁ 如何せん

弥陀の仏と歩く道

闇夜にフツと現れる

弥陀の願いの白き道

共に歩くは あぁ弥陀の道

Copyright©2009 renewed 2016 by Special JION Music


琵琶演奏 中村久美氏《女優》

2017年収録)


{}​​​第45回ヨコハマ映画祭助演女優賞受賞​​{}

2023年)

{}🔷おおさかシネマフェスティバル助演女優賞🔷{}
2024年)






オリジナル音楽作品

Documentation Series #13『悲嘆と歓喜』

2,024年~2025年発表予定

制作中

収録予定作品


👇👇👇👇👇



『悲嘆と歓喜』

HITAN TO KANGI

2023年作)

Basic recording track

詩・曲 北條不可思

献歌呈上:長倉洋海氏(写真家)


見上げた 空が深すぎて 涙(悲嘆と喜歓)の叫びが止まらない

広大無辺の慈悲の杓 円に命を掬い取る

路地の片隅に樹つ  ねじれた木の影ひとつ

踏ん張って 吹く風に葉の帆を張って

恒河に沈む砂の数 儚きうつつの夢の数

嘆くとも 限りなく  果てしなき 歓びの詩


未来の 地図に目もくれず 暦の数をかき混ぜる

瞬きひとつで旅をする 時空を 包む月の影

路地の片隅に樹つ ねじれた木の影ひとつ

踏ん張って 吹く風に葉の帆を張って

恒河に沈む砂の数 儚きうつつの夢の数

嘆くとも 限りなく   果てしなき  歓びの詩


路地の片隅に樹つ ねじれた木の影ひとつ

踏ん張って 吹く風に葉の帆を張って

恒河に沈む砂の数 儚きうつつの夢の数

嘆くとも 限りなく  果てしなき  歓びの詩

嘆くとも 限りなく 果てしなき  歓びの詩


Copyright © 2023 by Special JION Music

Fantasia Records de JION Music Factory

画像

🔶映画『鉛筆と銃 長倉洋海の眸(め)』🔶

不可思議にして深き縁:ENISHIをいただいております

写真家長倉洋海氏の素晴らしいフォトドキュメンタリー映画完成。

20239月発表}


長倉洋海氏公式ホームページ


◇映画『鉛筆と銃 長倉洋海の眸(め)』fromシネマトゥデイ


🔶♦♦♦🔶♦♦♦🔶




​​💎IMAGINE Blowin’in the Wind With JION's bell★by Fukashi Hojo 2020-2022#2💎
"Song & BowzuMan”
~平和を我等に~

[10分35秒]
I​MAGINE&Blowin​​​’in the​​​​Wind​​​​With JION's bell★by Fukashi Hojo​
『イマジン』ジョンレノン&『風に吹かれて』ボブディラン​​
そして尊厳の鐘(北條慈音)


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖


 PhotographyCopyright C YURIKO OCHIAI 2010 JAPAN

 撮影 落合 由利子


ENBAN:縁絆 “彌陀の本願を縁じ、念佛を絆ず”
この逆謗の穢愚身、唯今ここに帰命尽十方無碍光如来~
南无阿彌陀佛
NAMOWAMIDABUCHI
NAMOAMDABUTSU
『心に慈慧の響きと平安を』
北條不可思

​​​​​​​​​​​​画像62

画像
♦♦♦♦

{御影向の眼差し}





 

 


「真実」…親鸞聖人​​

智慧の光明はかりなし

有量の諸相ことごとく

光暁かぶらぬものはなし

真実明に帰命せよ


真実

真というはいつわりへつらわぬを真という。

実というは必ずもののみとなるをいうなり。

讃阿弥陀仏偈和讃

<国宝本:左訓>

・・・

自余の行もはげみて仏に成るべかりける身が、

念仏を申して地獄にもおちて候はばこそ、

すかされたてまつりてといふ後悔も候はめ。

いづれの行もおよびがたき身なれば、

とても地獄は一定すみかぞかし。

{歎異抄/親鸞聖人語録集:第二条より}

 

 


​​

♦The Dhammapada♦

​​

「実にこの世においては、

怨みに報いるに怨みを以てしたならば、

ついに怨みの息むことがない。怨みをすててこそ息む。

これは永遠の真理である」

【ブッダの真理のことば・感興のことば】
(中村元訳・岩波文庫)より

🔶

『ダンマパダ』『法句経』


 

 

『航海の果てに/ On the white road

 1994年作

NEW YORK version

LYRICSMUSIC  WRITTEN BY :FUKASHI HOJO

(1994年10月 軽井澤・万平ホテルにて作す)
https​://plaza.rakuten.co.jp/fukashihojo/diary/200602100000/​


 

『航海の果てに/ On the white road

1994年作

NEW YORK version

LYRICSMUSIC  WRITTEN BY :FUKASHI HOJO

作詩・作曲・歌 北條不可思

 

歴史を超えて​​​​​​​​​​​見つけようよ ​​​​​

茨の道で愛(阿弥陀如来様の智慧と慈悲)を見つけよう

子守唄を忘れた親鳥と

空を恐れて怯える小鳥たち

幻を追いかける 愚かさが身にしみるけれど

戦う事に別れを告げ 共に今を歩こう

君と僕の間に 国境なんてないさ

+++++

瞳の奥の眼を開いて 心 さらして自分になろう

行く先に彷徨う 愚かさが身にしみるけど

争う事に別れを告げ 共に今を生きよう

君と僕の間に 国境なんてないさ

願いに生きることに目覚め

共に今を生きよう

君と僕の間に 国境なんてないさ

(智慧慈悲)を語り

誇り(真実信心)を持って 共に今を歩こう

君と僕の間に 国境なんてないさ

*

すべての命よ 心からありがとう

すべての命が 輝きますように

Dear FriendsLet's Be REAL FRIENDS.

心から ありがとう

*

すべての命よ 心からありがとう

すべての命が 輝きますように

Dear FriendsLet's Be REAL FRIENDS.

心から ありがとう

*

すべての命よ 心からありがとう

すべての命が 輝きますように

Dear FriendsLet's Be REAL FRIENDS.

心から ありがとう

Buddha saraa gacchāmi

(南無帰依佛)

Dhamma saraa gacchāmi

(南無帰依法)

Sagha saraa gacchāmi

(南無帰依僧)

NAMO-WAMIDABUCHI

南无阿彌陀佛

 

​​:親鸞聖人​​​​​​​(夢告讃)​​​​​​​​

Copyright © 1994 by Special Jion Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

 

 


『慈音の鐘と歎異抄そして遊牛の詩』
慈音の鐘:北條慈音(ベル)
歎異抄 第三条:三國連太郎(朗読)
遊牛の詩:北條不可思法名:釋難思(歌)

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖







 

・・・聖人(親鸞聖人様:筆者)のつねの仰せには、「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。されば、それほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」と御述懐候ひしことを、いままた案ずるに、善導の「自身はこれ現に罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、つねにしづみ、つねに流転して、出離の縁あることなき身としれ」(散善義)といふ金言に、すこしもたがはせおはしまさず。 さればかたじけなく、わが御身にひきかけて、われらが身の罪悪のふかきほどをもしらず、如来の御恩のたかきことをもしらずして迷へるを、おもひしらせんがためにて候ひけり。まことに如来の御恩といふことをば沙汰なくして、われもひとも、よしあしといふことをのみ申しあへり。・・・

{歎異抄:後序より}


画像


◇竊かにささやく愚螺の牛ささやく愚螺の牛◇


『愛』について

林 水月和上・梯實圓和上

時空を超えた西方指南


写真

Please click





写真

Please click


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖



曇り硝子の四行詩』


(2021年作)

作詩・作曲 北條不可思

WRITTEN BY: FUKASHI HOJO


-親鸞聖人の御和讃を念ふ-
親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年(2023年)を機縁に。
 真実は常に新しい、新しいものが常に真実とは限らない
『愈々深く我が肝におさめて』
愚螺牛


馬鹿なMONK(僧侶)の絵空事 語りつくせぬ独り言

言の葉,紡ぐ老詩人【その実(unvoiced)】 空を見つめてうわの空

人の心の奥の底 曇り硝子の四行詩,

詩人が韻を踏む~ だから 音符は宇宙を舞う

夢と悪夢の空遠く 幸い住むと鷽(うそ)が啼く

今も昔も 未来まで 幸い住むと鷽(うそ)が啼く

人の心の奥の底 曇り硝子の四行詩,

詩人が韻(因:真実信心)を踏む~

だから 音符は宇宙を舞う


表拍子と裏拍子 凍()てつく瞼)の変拍子

朝な夕なの念佛は 閻魔が阿弥陀に還る音

人の心の奥の底 曇り硝子の四行詩,

詩人が韻(信心正因:真実信心)を踏む~

だから 音符は宇宙を舞う(​​​称名報恩)


譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

正信念仏偈より


Music&lyrics FUKASHI HOJO

Copyright © 2021 by Special JION Music



{Eagle caster}

KellyGuitars custom

CASSIE*s-GUITAR collection

💎Eagle caster 2016-2017💎

Kelly Guitars custom/Mr. Bob Dylan, the select edition
 (Rick KellyCarmine Street Guitars)



*Photography&TextCopyright © 1981-Special JION Music

Fantasia Records de JION MusicFactory

in association with ENBAN FUKASHI-NO-KAI

OfficeAmitahouseVOW BREATH PRODUCTIONS



『和国に生まれて』♯1

1993年作)

202212月19日 BASIC RECORDING


和国という名の  片州に生まれ

乳離るるころにゃ 弥陀佛(midabu)と語る


※人が泣いとる 声押し殺し

銭と病に 震えとる


※啼けよなこうや わしらは自由

わしらの自由が  弥陀佛(midabu)の願いじゃけん


※縁があるんなら ちょいと一緒に歩こうか

往くも行かんも 貴方(anata)しだいよのー


※船を出そうや 日の落つるとこ(西方浄土)へ

乗るも乗らんも

真心(まごころ)(眞實信心)ひとつよのー


※果てなく際きわ無なき 時空じくうの果ては

平(taira)で等(hitoshi)き  阿弥陀:WAMIDAの命よのー


『和国に生まれて』♯1

1993年作)

202212月19日 BASIC RECORDING


ÐS12 通算27作目『Freedom and Equality:自由に平等』収録曲

2024年2月15日発表

Music&lyrics FUKASHI HOJO

Copyright © 2022 by Special JION Music